スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Plymouth Barracuda Commercial 1971 0'34"

トップページPLYMOUTHカテゴリーPlymouth Barracuda Commercial 1971 1971_Plymouth_Barracuda_Commercial
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
バラクーダ(Plymouth Barracuda)は、クライスラー社のプリムス部門で製造された乗用車。2ドアのクーペまたはコンバーチブルであり、1964年から1974年まで製造された。

3代目(1970-1974年)
1970年、バラクーダに新たなデザインが施され、ハイ・パフォーマンス仕様は「クーダ」として売り出された。この年の新デザインは、過去のものとは一新された異なるデザインであった。その大きな理由はE-ボディと呼ばれる、極端に短く、幅広でよりスポーティなバージョンとして登場したクライスラーのBプラットホームが採用されたことにある。そのため、ファストバックは廃され、2ドア・クーペとコンバーチブルが継続して売り出された。

この年、姉妹車としてダッジ・チャレンジャーが登場した。より大きなエンジン・スペースを持つE-ボディへの変更により、426立方インチ(7.0L)のヘミ・エンジンが新たに搭載され、新たな「ヘミ・クーダ」が登場した。

1971年、グリルのデザインが変更されヘッドライトが丸目4灯となり、テール・ライトのデザインも僅かに変更された。1972年には再びグリルとテール・ライトのデザインが変更された。このとき採用された丸2灯のヘッド・ライトと円形4灯のテール・ライトのデザインは、生産終了1974年まで全体的な変更は行われなかった。

しかし、他のポニーカーと同様、排気ガス規制のためにその排気量を大きく減少させた。また、新しい安全基準が施行され、1973年・1974年モデルは、前後のバンパーが大型化された。

バラクーダは1973年のオイルショックを耐え抜き、1974年まで生産された。現在、この第3世代のバラクーダは、コレクターズ・カーとなっている。

スポンサーサイト
[ 2009/03/25 09:40 ] PLYMOUTH | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。