スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Talbot Peugeut 2% Finance Advert 1980s It takes 2 0'30"

トップページTALBOTカテゴリーTalbot Peugeut 2% Finance Advert 1980s It takes 2 Talbot__Peugeut__2__Finance_Advert_1980_s__quot_It_takes_2_quot_
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
タルボ (Talbot) は、イギリスとフランスにまたがって存在した大衆車メーカー。

1903年にフランスのクレメント・バイヤードを輸入販売する企業として、タルボット卿 (w:Charles Chetwynd-Talbot, 20th Earl of Shrewsbury) の出資により設立された。1905年には、フランスから完成車を輸入して「Clément-Talbot」ブランドで販売するとともに、部品を輸入してロンドンのノースケンジントンの工場で組み立て「Talbot」ブランドで売り始めた。1906年から1910年にかけて50~60台/月の生産を行った。

第一次世界大戦中、タルボは救急車の製造を行った。フランス・メジエールの工場とロンドンの工場は別々に生産および販売を行っていたが、1919年にイギリス資本でパリに本拠を置くダラック (Darracq)によって買収され、ダラックが製造した自動車を「タルボット-ダラック」ブランドで販売した。後年、ダラックは「サンビーム-タルボット-ダラック (STD Motors) 」コングロマリットに再編された。

1916年に、スイス生まれのエンジニアGeorges Roeschが設計主任になり、1920年代前半には 14/45 hpやTalbot 105といった傑作が生み出され、1930年代にはロシュが設計したタルボは、レースで活躍した。

1935年にSTD Motorsが壊れ、ルーツ・グループがクレメント-タルボを買収した。ルーツにとっては、「技術よりも利益が重要」ということで、既存のモデルはシンプルにリバッジされた。フランスの工場はアンソニー・ラーゴ (Anthony Lago)が買い取り、「タルボ-ラーゴ Talbot-Lago」ブランドを後につけた。

イギリスでは、1938年にサンビームとタルボットを統合して、「サンビーム-タルボット」ブランドが生まれた。その生産は第二次世界大戦中は中止されたが、1946年に再開された。そして、1955年にはタルボットブランドはなくなり、サンビームだけが1967年のクライスラーによるルーツの買収まで存続する。

フランスのタルボ-ラーゴブランドは、第二次世界大戦から1960年まで存続することになるが、1958年にシムカに買収される。

1967年にクライスラーがルーツ・グループとシムカの両方を買収し統合して、クライスラー・ヨーロッパを構成する。この時代はタルボブランドは使われず、クライスラーのペンタスター(五芒星)のロゴマークとルーツグループ時代のブランドネームが1970年代にわたって使用された。

クライスラーはシムカでシムカ・ホライズン/オムニを開発、タルボ・ホライズンとしてフィンランドのウーシカウプンキ(Uusikaupunki)工場で生産した。他のクライスラーベースのタルボ・1510、タルボ・ソラーナなどもそこで作られた。最上級グレードはソラーナ VIP。

その8年後の1978年に、クライスラー・ヨーロッパは現在のPSA・プジョーシトロエンに売却されて、それまでのルーツとシムカブランドの製品にリバッジするために、タルボブランドが復活する。イギリスでは1979年8月1日にクライスラーブランドの製品に一斉にタルボブランドがつけられた。

ルーツで開発され最後まで販売された製品はクライスラー・アヴェンジャーで、1981年末まで生産された。1981年にはタルボ・サンビームの生産も終了した。 1982年にタルボのエントリーレベルを担う3ドアハッチバック「タルボ・サンバ」が登場するが、これはプジョー・104のリバッジだった。

1981年にPSAはフォード・グラナダのライバルとしてタルボ・タゴーラの生産を開始するが、イギリスでもフランスでも人気が出ず、1983年に生産を終了する。

1984年の末にアルパインハッチバックとソラーナサルーンは「ミンクス」と「レイピア」にリバッジされた。それらの名前はルーツ時代のヒルマン・ミンクスとサンビーム・レイピアから採った。これらは1986年まで生産された。

1985年末にプジョーはタルボ・ホライズンをプジョー・309にリプレースした。プジョーは初めこの車を「タルボ・アリゾナ」として売り出す計画であったが、タルボブランドをフェードアウトすることを決めた。ホライズンはスペインとフィンランドの工場で1987年まで生産された。

1986年中にすべての乗用車が生産終了になったが、パネルバンの商用車であるタルボ・エクスプレスだけは1992年まで生産され、ここでタルボブランドは終焉を迎えた。

2008年にPSAは、ルノーがダチア・ロガンを導入したような低価格市場向けのブランドネームとして、タルボブランドの復活を考えている。

スポンサーサイト
[ 2009/03/21 00:40 ] TALBOT | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。