スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Pontiac Firebird Commercial 1967 1'00"

トップページGM PONTIACカテゴリーPontiac Firebird Commercial 1967 1967_Pontiac_Firebird_Commercial.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ポンティアック・ファイヤーバード(Pontiac Firebird)は、ゼネラルモーターズが製造していたポニーカー(日本で言うスペシャルティカーに相当)であり、シボレー・カマロの姉妹車である。

初代(1967-1969)
初代ファイヤーバードはコークボトル・スタイルが特徴で、姉妹車であるカマロとは異なりフロントバンパーがボディデザインの一部に組み込まれていた。ボディ形式は2ドアハードトップとコンバーチブルを用意。元来ポンティアックは独自の2シーター・スポーツカーをラインナップに追加希望していたが、GMはシボレー・コルベットと競合すると判断。人気トップのポニーカー、フォード・マスタングとの競争に打ち勝つため、F-ボディのプラットホームをカマロと共用することとなった。

ベースモデルはシングルバレル・キャブレター装備の230cui OHC6気筒エンジンを搭載、最高出力は165馬力を発生した。第2のモデル、スプリントは4バレルのキャブレター付き同型エンジン(215馬力)が標準装備されたが、実際はオプションのV8エンジン搭載で販売されることがほとんどであった。V8エンジンは326cui(5.3L)2バレル・キャブレター装備(250馬力)、同型のハイ・アウトプット(H.O)・エンジン又は4バレル・キャブレター付きで285馬力を発する400cui(6.6L)エンジンの三種類存在。

1968年、ラムエアーがオプションに追加。ボンネットスクープ、強化されたバルブスプリングと異なるカムシャフトを持つヘッドにより、従来の400H.Oパッケージより高回転型となった。230cui(3.8L)エンジンは250cui(4.1L)エンジンに変更され、出力はシングルバレルが175馬力、4バレルが215馬力。326cui(5.3L)エンジンが350cuiエンジンに変更。改良されたカムを装備した同エンジンのH.Oバージョンも登場。他のエンジンもわずかに出力増加した。

1969年、ハンドリング・パッケージとしてトランザム(Trans Am Performance And Appearance Package)がオプションで登場。トランザムの名はSCCA (Sports Car Club of America)による市販車レースであるTrans Am Seriesから取られたものだが、GMが無許可で使用したため、SCCA側は告訴も辞さないと申し入れた。結果、トランザムが一台売れるごとにGMからSCCAに5ドル支払うことで両者は合意。リアスポイラーが特徴の初代トランザムは、ハードトップが689台とコンバーチブルが8台製造された。同年ラムエアーIIIとIVが400cuiエンジン用に設定され、それぞれ335馬力と345馬力を発生。 外観上は1968年、サイド・マーカーが法規対応で追加。フロントウィンカーが大型化し、リヤ側部にV型のポンティアックエンブレムを装着。1969年には大幅にフェイスリフトされ樹脂製フロントエンドが付く。内装はインパネとステアリングホイールが変更、イグニッションがダッシュボードからステアリングコラムに移設された。2代目ファイヤーバードの登場が1970年2月まで遅れたため(ポンティアックの他車種の1970年モデルは、1969年9月に発表された)、それまで初代の生産は延長された。

スポンサーサイト
[ 2009/01/10 13:59 ] PONTIAC | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。