スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GM Chevrolet 1'00"

トップページGM CHEVRORETカテゴリーGM Chevrolet ChevetteGMChevroletCommercialTV.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
シボレー(Chevrolet、略称シェビー、Chevy)はゼネラルモーターズ(GM)の乗用車のブランドであり、アメリカ合衆国では大衆車とSUV、ミニバン。日本ではスポーティカーやSUVのブランドとして知られる。略称がついた由来は「シボレー」が英語圏の人には発音し難いためであるという。

創業者はスイス出身のレーシングドライバー、ルイ・シボレーとGM設立に大きく関わったウィリアム・デュラントで、1911年に設立した。シボレーのエンブレムはそのデザインからボウタイ(蝶ネクタイ)とも呼ばれる。

1920年代、フォード・モデルTがベストセラーとなると、高級車に似せたより近代的なデザインと、豊富なカラーバリエーション(モデルTは黒1色)展開等で対抗し、実用本位だが旧態化したライバルを圧倒し、以来GMは規模面で常にフォードを凌駕する世界最大の自動車メーカーとなった。

その後第二次世界大戦や1950年代の黄金期を経て、長らくGMのブランド階層の最底辺に位置しながら、ごく真っ当な基本設計と時流を的確に捉えたスタイル戦略でアメリカNo.1ブランドの地位を保っていた。1970年代に入ると、石油ショックの影響を受けて小型、軽量化を余儀なくされ、以後、ドイツのオペルや日本のいすゞやスズキ、さらにはトヨタと連携して行く。

アメリカ合衆国以外の国では主にオペル(中南米など)やGM大宇(ヨーロッパ、アジアなど)のリバッジ車が売られている。

日本ではかつて、1927年に日本ゼネラル・モータースが設立され、大阪に組立工場が建設されたことがあった(1941年に操業中止)。 また1995年から2000年までトヨタ自動車がシボレー・キャバリエのOEM供給を受けてトヨタ・キャバリエとして販売していた。

2000年に、シボレー車の輸入権は日本ゼネラルモーターズ(GMJ)の所有となった。ただし、近年はGMとスズキが販売提携を結んでいたため、スズキが2000年からMWのOEM供給を、2001年からはGMとの共同開発車クルーズの生産をそれぞれ開始し、2003年からはコルベットを除くシボレー車の輸入権をGMJから取得してトレイルブレイザー、アストロ、オプトラの取扱を行った。 しかし、2006年3月にGMがスズキの株式の大半を売却したのを機にスズキは事業の見直しを行い、スズキが保有するシボレー車の輸入権については2006年11月にゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパン(GMAPJ)へと移管すると発表した。アライアンスパートナーとしてのGMとスズキの両社間における戦略的業務提携関係は今後も継続されるため、スズキが生産・販売しているクルーズ、MWは2008年まで生産・販売が続けられる予定。

日本には正規輸入していない車種
  • アヴェオ - GM大宇製
  • セルタ - GMブラジルにて製造・販売
  • プリズマ - GMブラジルにて製造・販売
  • コバルト(「キャバリエ」の後継車)
  • SSR
  • エキノックス
  • キャプティバ - GM大宇製
  • エピカ - GM大宇製
  • マリブ
  • インパラ
  • サバーバン
  • クラシック
  • コロラド
  • モンツァ - GMブラジルにて製造・販売
  • シェベル
  • エルカミーノ
  • ノマド
  • ベル・エアー
スポンサーサイト
[ 2008/01/09 16:55 ] CHEVROLET | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。