スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Cannonball RunⅡOpenning 4'54"

トップページMOVIEカテゴリーCannonball RunⅡOpenning
cannonball run 2.JPG
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
カウンタック(Countach)はイタリアの自動車メーカー、ランボルギーニ社が製造していた自動車である。

いわゆるスーパーカーに分類される自動車である。車名に用いられているCountachはピエモンテ州の方言で、クンタッシッという「驚き」を表す感動詞である。1971年に発表されたマルチェロ・ガンディーニによる近未来的なウェッジシェイプを体現したデザインは、文字通り世界中に驚きを与えた(当時はランチア・ストラトスのショーカーなど似たようなアプローチの車種がいくつか登場している)。販売車種では、特殊なエアインテーク機構やターボ無しで400馬力をも超えるV型 12気筒5000cc前後のモンスターエンジンを搭載していた。コンセプト、デザイン、システム全ての点において異彩を放ち、1970年代後半から 1980年代の日本におけるスーパーカーブームの火付け役となり、スーパーカーを代表する車種であった。現在でも高い人気を誇っている。

なお、日本で定着している「カウンタック」は日本国内でのみ通じる呼称であり、「クゥンタッチ(クンタッチ)」が原語にもっとも近いとされる発音である。

スーパーカーブーム時には「最高時速300km/h」という公称値が話題となり、これが人気の一端を担っていたが、実際には当時のLP400の最高速は300km/hまで届いてはいなかった(最終モデルである25thアニバーサリーでも295km/h)。また、低く設計されたデザインとは裏腹に、そのボディは空力的に問題が多い。例えば、V12エンジンを冷却するための巨大なエアスクープの問題が挙げられる。ここから導入された気流によって、後輪のトラクションが低下し、高速走行時の直進安定性が大幅に悪化してしまう。この対策として、LP400以降のモデルにはエアロパーツやリアウイング(オプション)が装備されるようになったが、このリアウイングによるリアのダウンフォースの強さのあまり高速走行時にはフロントの接地感が薄れるという欠点もあり、それを補う為のフロントウイングまでもが登場すると言う顛末であった。

開発の経緯
カウンタックは、ミウラを凌駕する次世代のミッドシップ・スーパースポーツカーとしてパオロ・スタンツァーニを中心に開発された。ミウラは横置きミッドシップのV型12気筒エンジンを導入して大成功を収めたが、極端に後寄りの重量配分に起因する高速走行時の不安定性、複雑なミッション系に起因するシフトフィールの悪さなど、横置きエンジン固有の欠点が課題として残された。

とはいえ巨大なV12エンジンを縦置きにすると、理想的な重量配分は得られるものの、ホイールベースが長くなるために旋回性能が低下してしまう。スタンツァーニはこの問題を解決すべく、革新的なアイデアを導入した。エンジンを縦置きとするものの、エンジンの前方にギアボックスを置くという、通常とは前後を反転した配置を採用したのである。エンジンから前方のギアボックスに駆動力が伝達され、更にそこから折り返されたシャフトはオイルサンプを貫通し、後輪のデファレンシャルギアに伝達される。これにより縦置きエンジンにも関わらず、ミウラよりさらに短い2450mmというホイールベースを確保した。また、コクピット下にギアボックスがあるため、ワイヤーを介さずギアボックスに直接シフトレバーを取り付けることが可能となり、良好なシフトフィールも実現した。車体はセミモノコック、サスペンションは、前後ともダブル・ウィッシュボーン式とした。これにマルチェロ・ガンディーニのデザインによるボディを組み合わせ、カウンタックLP500は誕生した。初登場は1971年のジュネーブショー。革新的なデザインは大反響を呼んだ。しかしながらエンジンの冷却効率が悪く、オーバーヒートが頻発するという問題が露呈したため、量産化には至らなかった。

LP500の改良は難航した。ランボルギーニ社が経営危機に陥ったこともあり、市販モデルのLP400が登場したのは3年後の1974年である。1971年発表の黄色いLP500はクラッシュテストの後に廃棄され現存しないものの、このモデルと市販のLP400の間に別のプロトタイプが存在し、緑色の1台はランボルギーニ博物館に展示されている。LPとはLongitudinale Posteriore(ミッドシップ縦置き)、「500」、「400」は10倍でそれぞれの排気量を示す。 LP400では、ヒート対策のためボディに多数のエアインテーク、アウトレットが設けられた。LP500のエンジンは5リッターであったが、より扱いやすい4Lに換装された。また、車体構造はテストドライブの際に剛性不足と判断されたため、セミモノコックからバードケージ(鳥かご)フレームにアルミボディを載せるデザインに変更された。これにより、剛性の向上と軽量化を同時に果たしている。マルチェロ・ガンディーニのオリジナルデザインに一番近い生産型であるLP400は、わずか150台しか生産されなかった。

LP400の改造車として有名なのがウォルターウルフ・カウンタック(初代)である。カナダの石油王でF1チームのオーナでもあったウォルター・ウルフは、購入したLP400の性能向上を図るため、エンジンをプロトタイプのLP500のものに換装し、最高出力447psを得た。さらに、タイヤを極太のピレリP7とし、これを収めるためにオーバーフェンダーを装着するとともに、リアウィングも装着した。

1978年には、ウォルターウルフ・カウンタックを基にした改良型のLP400Sが登場し、1982年には5リッターの市販車種であるLP500Sが登場した。1985年には、フェラーリ・テスタロッサに対抗すべく、5000クアトロバルボーレ(5000QV)が登場した。V12エンジンを4バルブ化、排気量を5200ccまで拡大し、最高出力455psをマークした。この値はテスタロッサより75ps上回るものであった。1988年にはランボルギーニ社創立25周年記念モデルである25thアニバーサリーを発売。リアバンパーの装着や細部の形状変更などの外観上の変更はなされたが、大幅な改良はされなかった。25thアニバーサリーは、カウンタックの各モデルの中で最大となる657台を生産した。本モデルがカウンタックの最終モデルとなり、1990年に生産を終了。後継車種のディアブロにフラッグシップモデルの座を譲り渡した。

最後にラインオフしたカウンタックは、当初デザイナーのガンディーニに寄贈される予定だったが、氏は「過去の(自分の)作品には興味がない」との理由でこれを辞退した。 シルバーのアニバーサリー、シャシーナンバーZA9C005AOKLA12085は現在ランボルギーニ・ミュージアムに展示されている。

Cannonboll RunⅡ (映画)
『キャノンボール2』(英題:The Cannonball Run II)は、1984年に公開された米ワーナー・ブラザーズと香港ゴールデン・ハーベストの合作によるカーアクション映画。

1981年に公開されたキャノンボールの続編である。3年が開いているものの、作品中の設定では前作の翌年という設定になっている。
米国映画業協会のMPAAレートではPG(パレンタルガイダンス:保護者の注意が必要)に設定、1984年にはゴールデンラズベリー賞に多数ノミネートされた。

アラブの王族・ファラフェル家は有史以来、その支配力の源は「スピード」だった。だが、前年にアメリカで開催されたキャノンボールに参加したシーク王子は優勝を逃す。 帰還したシーク王子に、父王は告げる。「再びアメリカに行き、キャノンボールに再挑戦して優勝しろ。それまで帰国することは許されない」。だが、キャノンボールは2年に1度の開催。シークがそのことを告げると、父王は言った。「自分で主催しろ」。シークはこの案に積極的に飛びついた。 シークは賞金100万ドルを掲げ、命知らずのキャノンポーラーたちに招待状を出す。そこにはやはり前年度の参加者、J.J.とビクター、フェンダーバームとブレイク、ジルとマーシーといった面子も含まれていた。また、胃潰瘍を煩っていたシークは、レース中に同行する医師として、やはり前年にJ.J.・ビクターチームと参加したドクター・ヘルシングを雇った。

一方、カネロニ一家は落ちぶれたアメリカマフィア。それというのも当代のドンドンが頼りにならない優柔不断の優男のため。隠居の父親は部下にドンドンのネジを巻かせようとする。ドンドンの元に駆けつけた部下は、手始めに資金元として、ドンドンが貸している借金を回収することにした。
その借金の主はフェンダーバーム。マフィア達に追い詰められた彼は、キャノンボールの主催者シークのことをしゃべってしまう。シークに目をつけたマフィア達は、シークを誘拐して身代金を要求することを考え、実行に移す。

こうして波乱含みの状況の中、賞金を目指してルール無用のレースが、今度は西海岸から東海岸へ向かうことになった。

スポンサーサイト
[ 2008/12/15 14:52 ] MOVIE | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。