スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Nuevo twingo Bueniiiiiisimo Primicia 0'55"

トップページRENAULT CMカテゴリーNuevo twingo Bueniiiiiisimo Primicia Nuevo_twingo_Bueniiiiiisimo_Primicia.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ルノー・トゥインゴ(Renault Twingo) は、フランスの自動車製造会社、ルノーの生産する小型乗用車である。

1992年9月のモンディアル・ド・ロトモビル(パリモーターショー)にて発表され、翌1993年より欧州内で販売開始。ルノーの社内デザイナーで、現在はデザイン担当役員を務めるパトリック・ル・ケモン(Patrick le Quement)による斬新なデザインを持つ小型車として登場したが、そのデザインは、初代のホンダ・トゥデイを元にしているといわれている。初代の登場から14年を経た2007年に2代目へとフルモデルチェンジ。

初代(1992-2007年)
駆動方式は前輪駆動(FF)で、日本には1238cc/OHVのガソリンエンジンを搭載するモデルが1995年から当時のインポーターであるフランス・モーターズによって導入され、当時車両本体価格 (消費税抜き) が134万円 (セミATは139万円) という戦略的な価格で発売されたので、そこそこの人気を得た。数度のマイナーチェンジを繰り返し、エンジンをSOHCに置き換えたり、ヘッドランプやテールランプの意匠も小変更され、2001年7月24日からはeasyとはまた違ったATモード付きシーケンシャル5MTを搭載する「クイックシフト5」も導入、インポーターがルノー・ジャポンに移行したのち正規輸入は2003年前半頃をもって終了。その後は、一部の並行輸入業者が輸入・販売を行っていた。構造上右ハンドル仕様は生産されなかったので、イギリスやアイルランドなどでは販売されなかった。

トランスミッションは当初マニュアルトランスミッションとクラッチペダルがないMT(セミオートマ)の「easy(イージー)」が搭載され、後easyを改良したクリックシフト5を搭載。エンジンはガソリンエンジンのみで本国では人気の高いディーゼルエンジンの設定はなかった。

Kenzoバージョン
いくつかの国では、日本人ファッションデザイナーの高田賢三が創設した世界的に著名なファッションブランドの「Kenzo」バージョンが発売されている。

2代目(2007年-)
2007年フルモデルチェンジ。日本では2008年11月7日から待望の右ハンドル、2グレード展開で販売開始。

フィアット社がパンダの後継車として「ジンゴ (GINGO)」を発表したが、発音が「トゥインゴ」に似ていると指摘を受け、結局「パンダ」と名乗ることとなった。

スポンサーサイト
[ 2008/12/14 03:16 ] RENAULT | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。