スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

370Z Commercial - Nothing Else Feels Like a Z 0'57"

トップページNISSANカテゴリー370Z Commercial - Nothing Else Feels Like a Z 370Z_Commercial_-_Nothing_Else_Feels_Like_a_Z.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
フェアレディZ(FAIRLADY Z)は、日産自動車が製造するスポーツタイプの乗用車。通称「Z」。いずれのモデルも「フェアレディ」の通称名を冠するのは国内のみで、輸出向けは「DATSUN」または「NISSAN」と呼称。現在北米市場では「NISSAN 370Z」として販売されている。アメリカ合衆国での通称は「Z-car」など。

6代目 Z34型(2008年-)
2008年12月1日、復活後初めてのフルモデルチェンジを行い、6代目、Z34型に。安全性能を高めながら、エンジンフード、ドアパネル、バックドアのアルミ化や車体構造の最適化により軽量化され、先代のZ33型とほぼ同じ車体重量となった。また、プラットフォームにV36型スカイラインクーペに採用されるEプラットフォームをベースにショートホイールベース化がされたものが採用されたことにより、ホイールベースがZ33型より100mm短縮され、きびきびとしたハンドリングと運転性能を実現。エンジンはVVEL(バルブ作動角・リフト量連動可変システム)を採用したVQ37VHRを搭載。また、MT車はシフトチェンジの際、エンジンの回転数を最適な回転数に制御する世界初のシンクロレブコントロール付6速MTを採用。AT車はMTのようなダイレクト感を持ち、マニュアルモード時で世界トップクラスの変速レスポンスを体感できるマニュアルモード付7速ATとなった。サイドターンランプは"Z"のエンブレムが浮かび上がるエンブレム一体型となり、ラゲッジスペース中央にあったタワーバーは前方に移動させた。ラゲッジにはゴルフバック2個が収納でき、出し入れしやすいように改良された。新技術としてソフトフィールシボが採用された。(アームレストのドアノブの内側を、柔らかい素材を使わずに柔らかく感じる様にした。)

なお、ロードスターは現時点では用意されず2人乗りクーペのみの設定で、標準グレードのほか、Version T(7速ATのみ設定)、Version S(6速MTのみ設定)、Version STの4グレードがラインアップされる。なお、ロードスターについては2009年中に投入される予定である。

2009年1月3日、北米市場でZ34型を発売。名称も370Zに変更した。なお、北米市場では350Zロードスター(Z33型ロードスター)が併売される。

車名の由来
「FAIRLADY」は貴婦人、アルファベットの最後の文字である「Z」は究極を意味する。また、初代開発スタッフに、当時のアメリカ日産の社長片山豊がZ旗を贈ったエピソードもある。ブロードウェイミュージカルの『マイ・フェア・レディ』に感銘を受けた川又社長が、クルマにも洗練されてゆく美しさを求めた名前といわれる。

スポンサーサイト
[ 2008/12/10 20:47 ] NISSAN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。