スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GM Cadillac CTS 0'32"

トップページGM CADILLACカテゴリーGM Cadillac CTS TrickleDownPerformanceCadillacCTSCTSVTVSpot.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
CTS(シーティーエス、Cadillac CTS)は、アメリカの自動車メーカーゼネラルモーターズ社が生産し、同社がキャディラックブランドで販売しているミドルサイズラグジュアリーセダンである。CTSはCatera Touring Sedan(カテラツーリングセダン)の略称であり、カテラの後継車種である。

キャディラックは長年にわたりフロントエンジン・フロントドライブ(FF)にこだわり続けていたが、このCTSはシグマ・アーキテクチャと呼ばれる新設計のプラットフォームを採用し、フロントエンジン・リアドライブ(FR)レイアウトとしている。生産はテネシー州に新設された専用工場で行われる。

従来、キャディラックは北米市場のみに注力してきたため、その他の地域では「キャデラック車はあまりに大きすぎる」と評価されており、ヨーロッパやアジアなどの市場では販売がふるわない状態が続いていた。また、CTSデビュー当時の米国でのキャディラックオーナーの平均年齢はおよそ60歳であり、本国では「リタイヤした老人が乗るクルマ」というイメージが強かったため、より若い消費者に受け入れられる車の開発が急務であった。こういった経緯から、これまでのキャディラックよりコンパクトでスポーティなCTSが誕生した。CTSの開発にあたっては、全く新しいFRプラットフォームの設計はもちろんのこと、ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットでの3年にわたりテストを繰り返し走行性能を磨くなど、メルセデス・ベンツやBMWなどに代表される欧州製セダンを強く意識している。

日本仕様は右ハンドルも設定し、またオプションでカーナビゲーションを用意するなどしているが、販売は芳しくない。一方、中国では一時期、ノックダウン生産 (北米設計のキャディラックでは初めての海外生産)を行ったこともあるが、ノックダウン生産の関税の問題で米国からの輸入に切り替わった。

初代(2003年-2008年)
2001年に発表され、2003年に発売された。市販車としては、キャディラックが「アート&サイエンス」と呼ぶデザイン哲学に則った外観を持つ最初のモデルである。

エンジンは前期型では2.6リッターもしくは3.6リッター、後期型では2.8リッターもしくは3.6リッターのV型6気筒。2004年にはシボレー・コルベットと同じ5.7リッターV型8気筒を搭載した(2006年からは6.0リッター)高性能版のCTS-Vもラインナップに追加された。用意されるトランスミッションは5速AT、5速もしくは6速のMT。

2代目(2008年- )
日本では2007年10月22日に発表され、2008年1月より発売開始する。

現時点では右ハンドル車の設定はされていない。

スポンサーサイト
[ 2008/01/11 16:34 ] CADILLAC  | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。