スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Mazda Luce 1988 0'30"

トップページMAZDAカテゴリーMazda Luce 1988 MAZDA______1988.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
マツダ・ルーチェ (LUCE) は、マツダから製造・発売された乗用車。マツダのプレステージセダンとして発売。

3代目後期型と5代目は「メルセデス・ベンツに似ている」という意見も聞かれたため、「広島(産)ベンツ」と呼ばれた事もあった(5代目については実際、広報資料では当時のベンツ・ミディアムクラスとツーショットで「日本のベンツです。」と謳っていた)。

5代目 HC系(1986年-1995年)
* 1986年9月 フルモデルチェンジでクラウンクラスにサイズアップされる。兄弟車のコスモとは分離され、メルセデス・ベンツ風の再び独自のデザインを採用。マツダのフラッグシップに相応しく車体サイズが大きくなり、居住スペースでクラウン/セドリックに追従し、装備品は後席用もかなり充実がなされた。

* プラットフォームにマツダ・HCプラットフォームを採用。ボディタイプは従来通りプレスドアを持つ4ドアセダンとセンターピラーを持つ4ドアハードトップの2種類。

* エンジンは廉価版にFE型2000cc直4キャブ(ガソリン仕様82馬力とLPG仕様64馬力)、マツダ初のV6レシプロエンジンであり販売の主流となるJF型でV62000EGI・110馬力、V62000EGI-TURBO・145馬力、ロータリー愛好家向けの654cc×2ロータリーターボ・180馬力)。ルーチェ及びマツダのセダンのRE車では最後の設定車となった。

* V6車とロータリー車のリアサスペンションは、新開発のE型マルチリンク式が採用された。

* 4ドアセダンにはタクシー仕様も設定され、エンジンはFE型4気筒LPGを継承。自家用セダンとの違いとしてリヤサスは耐久性と荷重を考慮した5リンク式となる。また6人乗り仕様の計器盤はタコグラフ設置を考慮したタクシー専用でメーターパネルはBD型ファミリア後期の180km/hスケールのメーターを流用した。

* 韓国では起亜自動車でセダンのみポテンシャという名称で生産・販売していた。

* 1987年8月 ライバル車同様のオーバー2Lに対応するための2000ccJF型を排気量アップしたV6・3000SOHCのJE型追加。160馬力を発揮。アメリカ輸出用のマツダ・929と同じ大型バンパーを装着。

* 1988年9月 マイナーチェンジ。V6・3000はDOHC化され、200馬力にパワーアップ。

* 1990年2月 HTにV6・3000リミテッド・グランツーリスモが追加される。欧州仕様と同じスポーツサスペンションとメッシュタイプフロントグリルを持ち、鍛造アルミホイールを装備していた。

* 1991年5月 自家用向けモデル生産終了。ルーチェのフルモデルチェンジという形でセンティアが後継車となるが、そのセンティアも2000年3月に生産を打ち切った。

* ただしセダン(タクシー・教習車仕様)はマツダがタクシー車市場から撤退する1995年12月まで、カスタムキャブとともに生産が続けられた。

車名の由来
イタリア語で「光」「輝き」

スポンサーサイト
[ 2008/11/29 05:50 ] MAZDA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。