スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Citroën C4 TransFormer CM 0'32"

トップページCITROEN CMカテゴリーCitroën C4 TransFormer CM Citroen_c4_Transformer_cm
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
シトロエン・C4 (Citroën C4)とは、フランスの自動車製造会社シトロエンが製造する中型ハッチバック自動車である。

シトロエン・クサラの後継車として2004年から発売され、フォルクスワーゲン・ゴルフ、ルノー・メガーヌ、プジョー・307などと同じくCセグメントに属す車。PSA・プジョーシトロエンに属するプジョーのプジョー・307とプラットフォームやエンジンなどを共有している。フロントグリルにはダブルシェブロン(歯車の名称)をデザインモチーフに使っている。(同社フラグシップカーのC6やC5も同じ)

「シトロエンらしく」他の車にはあまり見られない装備を用いている。

* センターパッドが回転しない「センターフィックスステアリング」を採用。一般的な自動車のステアリングホイールは、センターパッドとリム(外周)部分が一体になっており共に回転するが、C4では両者が分割され、センターパッドは固定されていて回転しない。その事により、センターパッド部分に配置されているクルーズコントロールやオーディオスイッチが操作しやすく、衝突時のエアバッグの適正な展開が可能。

* 上級グレード車に装備される「ディレクショナルヘッドライト」は、ステアリングに連動してヘッドライトの光軸を車が曲がる方向に向け、曲がる先の視界を確保するというもの。シトロエンのかつての上級車種DSやSMを想起させる装備ではある。

* 室内の芳香のため「フレグランスエアフレッシュナー」を標準で装備する。専用のフレグランスをセンターベンチレーターの横のに挿入すると芳香剤がほのかに香る。専用芳香剤には、「バンブー」「スイートラベンダー」「ロータス」など九種類がある。

* メーターはセンターメーターを採用しており、表示はデジタル。また、パネル自体が透けている。タコメーターもデジタル式だが、センターメーターとは分かれており、ステアリングコラムの上に設置されている。

* 本国仕様には良燃費のディーゼルエンジンが存在し、車線逸脱防止装置などの先進装備もオプションで用意されている。

スタイリング面では、先代のクサラや先々代のZXと比べればシトロエン「らしさ」を取り戻しており、また、上記のような他では見られない機能、装備を用いている部分もあるが、全体の構成としては、現代のこのクラスの乗用車としてはごくごく一般的な機構を用いており、かつてのシトロエン車に見られたような、独創的、あるいは、独善的とも言える特異さは大分影を潜めている。

サスペンションも、シトロエンの代名詞とも言えるハイドロニューマチックや、それから発展したシステムは用いられておらず、スプリングは一般的な金属ばねを用いている。

008年7月にはマイナーチェンジが発表され、実車は同年8月モスクワ・モーターショーで公開された。主な変更点は、フロント周辺デザイン刷新(このため全長が15mm延長)、メーターレイアウト変更(ステアリングホイール前の小メーター廃止)、ガソリンエンジンのプジョー・308と同じドイツ・BMW社との共同開発の新ユニットへの換装、ディーゼルエンジンの出力アップ等である。車種名称も見直され、ガソリン1600ccモデルがVTi120、同2000ccはTHP150、ディーゼルはHDi 92、HDi 110 FAP、HDi 140 FAPなどと呼ばれる。

サルーンは5ドアで、1.6Lと2.0Lのエンジンを積み、トランスミッションは4EATのみ。また、2.0Lにはディレクショナルキセノンヘッドライトや前後パークアシスタンス等を追加した上級グレード「エクスクルーシブ」が選べる。また、2008年5月には、従来限定モデルとして売られていた、1.6Lモデルにディレクショナルヘッドライトや前後パーキングアシスタンス等を追加した 1.6EXが正規バリエーションとして発売された。Cd値は0.29。

クーペは3ドアだがリアデザインがサルーンとはまったく異なる点が特記される。 1.6LVTRと2.0LVTSの種類があり、トランスミッションは1.6VTRに4EAT、2.0VTSに5MTが装備される。また、2.0LVTSはサルーン2.0の「RFJ」エンジンよりもチューナップされている、「RFK」エンジンが装着されている。Cd値は0.28。

なお、サルーン、クーペの2.0Lのみ、ASR(アンチスケーティングレギュレーション)とESPが標準装備される。(2008年5月に追加された1.6Lモデル、1.6EXにも標準装備)またパノラミックガラスルーフが全モデルにオプションで設定される。

当初は「レザーパッケージ」(シートヒーター付きレザーシートと革張のフロントセンターアームレスト、サルーンにはメモリー付パワーシート、 1.6Lには電動格納ミラーも含まれる)もオプション設定されていたが、2008年5月の1.6EX追加と共に設定廃止された。なお、遠くない将来、マイナーチェンジ版に切り替えられる見通しである。

2007年より、クサラの後継マシンとしてWRCにクーペVTSをベースにした「C4WRC」がデビューし、開幕戦のモンテカルロ・ラリーでいきなりのデビューウィンを飾った。

また、参戦を記念して「C4 by LOEB(ローブ)」が特別仕様車として販売された。(日本仕様は32台限定であった)

スポンサーサイト
[ 2008/11/08 17:23 ] CITROEN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。