スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Carina ED 0'30"

トップページTOYOTAカテゴリーCarina ED toyota_carina_ed_ad.

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
カリーナED(イーディー、Carina ED)は、トヨタ自動車がかつて生産していた乗用車。セリカのプラットフォームを流用した4ドアハードトップ車である。

車名は「カリーナ」(Carina) は英語で「竜骨座」から取られた。EDはExciting Dressy(エキサイティング・ドレッシィ=刺激的でしゃれている)を略したものである。

初代モデルは1985年登場。徹底的に耽美性を追求し、クーペ並みの低い全高に強く傾斜した前後ピラー、富士山型の小さなグリーンハウス(キャビン)を持つ八頭身プロポーションを特徴とする。後席居住性には難があったが、その流麗なスタイリングは熟年層向けなイメージであったコロナセダン/カリーナセダンとは違い、何色にも染まっていない新進気鋭な存在として、若年層~熟年層にかけて幅広い絶大な人気を博した。

意匠設計は木村徹(後に同社デザイン研究所長、デザイン部長、理事を経て、名古屋工業大学大学院教授)で、初代の大ヒットにより社長特別表彰された。

しかし1990年代後半以降、日本のユーザーの自動車に対する価値観が、スタイリングよりも居住性や実用性を重視する方向へと変化したことに加え、4ドアハードトップがゆえに、側面衝突時や横転時の安全性確保への技術的対応が難しいことも重なり、1998年に生産を終了した。取扱店はカリーナ同様、トヨタ店であった。

初代(ST160系・1985年 - 1989年)
* 1985年8月、A60系カリーナ3ドアクーペ(後輪駆動)の後継車として発売。他にない車高をおさえたデザインと、セリカの車台を流用した4ドアピラーレスハードトップ(トヨタ初のピラーレスハードトップであった)が話題となり、記録的なセールスで当時「トヨタの傑作」と言わしめた。発売当初は1800ccOHC(1S-iLU型)、1800ccOHC(1S- ELU型)、2000ccスポーツツインカム(3S-GELU型)の3種類のエンジンを搭載。駆動方式は前輪駆動。取扱販売店はトヨタ店。セリカ/コロナクーペと姉妹車。ナット・キング・コールの名曲「STARDUST」が流れ、海外ロケで夜の噴水の前を走るCMであった(キャッチコピーは「4ドア新気流」)。

* 1987年8月、マイナーチェンジ。フロントグリルの奥にフォグランプが内蔵され、上位グレードは「ED」のロゴがライト連動で光る「ブライトエンブレム」が採用された。1S-ELU型エンジンが廃止され、2000ccハイメカツインカムの3S-FELU型が採用される。

* 1988年5月 1S-iLU型エンジンが廃止され、1800ccハイメカツインカムの4S-FiLU型が採用される。これにより、シリーズ全車DOHC化完了。全車のリヤマフラーがデュアルパイプ化される。

初代カリーナEDが登場した当時、EDに対する自動車評論家の評価は決して芳しいものではなく、4ドア車であるにもかかわらず、後席居住性に難がある不健全なパッケージングであるとして批判の的となることが多かった。しかし、当時はハイソカーブームの真っ只中であり、EDも爆発的な人気を博したため、同様のコンセプトを持つ車種が日本国内各社から続々と登場することとなった。直接競合するライバル車種としては日産・プレセア、マツダ・ペルソナ、三菱・エメロードなどが挙げられる。またトヨタ内部からも、弟分にあたるカローラセレス/スプリンターマリノが登場した。

また、ボディサイズの割に室内が狭いハードトップ車という意味からすれば、トヨタ・マークIIや日産・ローレルなどの中級セダンにも影響を与えたと捉えることもできる。最近では、メルセデス・ベンツ CLSが同じコンセプトの商品である。

* 歴代カリーナED共通の前後期での変更点として、後期モデルのみリアガーニッシュ部のEDのロゴが光る仕様になっていて、またテールレンズ全体に黒の縁取りがされている、という特徴がある。

* タイヤ・ホイールに関して、ST16#系EDは3S-GE型搭載車の全年式および後期型の3S-FE型搭載車の内、1988年5 月以降は5穴14インチホイール、それ以外は4穴13インチホイールを採用している。また、ST18#系前期型は1800cc車は4穴13インチホイール、2000cc車は5穴14インチホイール、後期型では全車5穴14インチホイールとなっている(パーツリストより抜粋)。なお、ST160系・180 系・200系すべてにおいて、5穴・4穴共にPCDは100mm。この「PCD100の5穴」は、トヨタ前輪駆動車の場合、ときに現行車種でも当てはまる車種がある。(例:イスト(2代目)、アリオン、プレミオ、プリウス(2代目~)、ウィッシュ、アベンシス等。)ただし、最近発売の車種(例:ルミオン、オーリス、ブレイド)はPCD114.3なので注意。

スポンサーサイト
[ 2008/10/19 14:18 ] TOYOTA | TB(0) | CM(1)
比較的新しいクルマであるにもかかわらず、
最近は全くと言っていいほど見かけなくなりましたね。
それほど時代の変化と、ボデイ剛性の問題があったのですね。
[ 2008/11/03 20:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。