スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Ford Festiva CM 0'30"

トップページFORDカテゴリーFord Festiva CM Ford Festiva_CM
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
フォード・フェスティバはマツダと起亜自動車が生産し、フォードの販売網で日本や米国などで発売されたサブコンパクトカー(バジェットカー)である。

初代(1986年~1993年)
マツダが開発して当時のオートラマ(現フォード店)で販売されていた車種。3ドアハッチバックでブリスターフェンダーがデザイン上の特徴である。直列4気筒SOHCの 1100ccと1300ccが用意された。エンジンは後にファミリアにも採用される事になるB型エンジンでこれは新規開発されたものだった。1100ccは4速マニュアルのみ、1300ccは5速マニュアルと3速ATが用意されていた。フロントダッシュボード内にクーラーボックスを備え、リアシートスライド機能やリアシートリクライニング機能、全席フルフラットにもなる多彩なシートレイアウト構造を持っていた。 これらのシートレイアウト構造はその後に登場するマツダ・デミオにも引き継がれる事になる。

キャンバストップと呼ばれるオープンカー気分が味わえるサンルーフと、ヨーロピアンテイストのスタイルが人気を集める。

尾崎亜美の音楽とともに田中康夫がフェステイバのPVに起用され、キャンバストップを自分の言葉で語るなど、宣伝にも力が入っており、オートラマオリジナルブランドの車両として、そのイメージを牽引する役目を担っていた。

代表格のキャンバストップの他に、車内からスイッチコントロール出来る減衰可変式ダンパーを備えた「S」や、その後のマイナーチェンジで、フル革張りの内装を持つ「GHIA」、ファミリア用1.6L(B6型)エンジンをショートストローク化した、1.3L 88psのBJ型 DOHCエンジンを搭載した「GT」と「GT-X」なども追加され、幅広い層に好評を得た。

またモデル末期には「GT-X」をベースに、ドイツのスカラ社がデザインした、往年のアバルトやアルファ・ロメオの雰囲気にも通ずる、ロッソコルサ(イタリアのレーシングカーのナショナルカラーである、鮮やかな赤)の外板色に、丸型ヘッドライトのフロントフェイスを持つ「GT-A」が、300台限定で発売されている。実際のレーシングカーの識別色よろしく、鼻先のみ白に塗り分けられており、派手な外観を好まない向きには、識別色なしで赤一色のモデルも用意された。外板や前後バンパーの変更により重量がわずかに増加しており、それに伴う排出ガスの重量ランクの変更による再申請を不要とするため、メーカー出荷時にエアコンは装着されておらず、ディーラー取り付けとされた。「GT-A」の企画は、無類のエンスージアストとしても知られ、当時オートラマに在籍し、現在はモータージャーナリストとフリーアナウンサーの二足のわらじを履く、中島秀之が手がけた。

ヨーロッパではMazda121という名称で販売された。またこの車のプラットフォーム、マツダ・DAプラットフォームから2代目フェスティバ、オートザム・レビュー、マツダ・デミオ用の各プラットフォームが誕生している。

キア・プライド(第1世代)
韓国の起亜自動車ではプライド(Pride)という名称で生産・販売されていた。プライドはアメリカへ輸出されフェスティバとして販売されていた。またこのプライドには5ドアハッチバック、セダン(プライド・ベータ)、ワゴンもあり、モデル末期には日本にも5ドアとセダンが相次いで輸入され、それぞれフェスティバ5、フェスティバβとして販売された。韓国からの輸入車で、日本へは左ハンドルのまま販売された。なお、現在販売されている第2世代のプライドに関してはキア・リオを参照のこと。

スポンサーサイト
[ 2008/10/16 13:12 ] FORD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。