スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Vista CM 1982 0'45"

トップページTOYOTAカテゴリーVista CM 1982 1982_TOYOTA_VISTA_CM

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ビスタ(Vista)は、トヨタ自動車が1982年から2003年まで生産・販売していた乗用車。「ビスタ」は国内専用の名称。

1980年4月、トヨタは第5番目の販売チャンネルとして、トヨタビスタ店を新設。専売車種となるビスタは開業当時は存在せず、それまではセリカカムリ(初代カムリ)を販売。2年遅れてカムリの姉妹車として登場する。また、ビスタ店がなかった沖縄県では、トヨタオート沖縄(のちのネッツトヨタ沖縄)で取り扱う。

初代 V10系(1982年-1986年)
* 1982年4月、カムリの姉妹車として登場。ボディーバリエーションは、当面はカムリ同様1800cc4ドアセダン5速MTのみの設定。グレードはVC/VL/VE/VXの4機種。輸出用はグリル下部のVISTAがTOYOTAとなり、「カムリ」として販売。

* 1982年8月、ファストバックセダンの5ドアリフトバック発売。前年の東京モーターショーに参考出品された「F120」の市販化モデルでもあった。[1]室内の広いセダンに比べ5ドアはルーフが低くヘッドクリアランスは小さかった。同時に既存1800に4速ATと2000EFI(2S-ELU型・120馬力)も追加される。2000EFIのAT車は電子制御式が採用された。

* 1983年8月、1800ターボディーゼル(1C-TL型・80馬力)追加

* 1984年6月、マイナーチェンジで3S-GELU型スポーツツインカムエンジンをラインナップに加える(グレードは2.0VSツインカムおよび2.0VXツインカム)。ちなみに日本車初の横置きFF、DOHC搭載車でもあった。1800ccガソリンエンジン車のエンジンが電子制御セントラルインジェクション(Ci)化される。また特別仕様車であったVLエクストラがカタログモデルに昇格。VEと特別仕様車のVEエクストラはVFに統合された。

* 1985年8月、ターボディーゼルは2000cc化される。

スポンサーサイト
[ 2008/10/05 11:40 ] TOYOTA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。