FC2ブログ

Stanza 1988 0'29"

トップページNISSANカテゴリーStanza 1988 1988_NISSAN_STANZA_Ad
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
スタンザ(STANZA)は、1977年から1990年まで日産自動車で生産されていた乗用車で、バイオレットとオースターの姉妹車である。

バイオレットとオースターの姉妹車で、サニー店(後のレッドステージ店)で販売されていた。姉妹車たちよりも、内外共に「豪華」に設えられており「ミニ・セドリック」もしくは、「ミニ・グロリア」的な「小さな高級車」という性格付けがなされていた。位置付け的にはサニーの上級版にある。ボディは、4ドアセダンと5ドアハッチバック(初代、2代目前期)である。なお、2代目の後期には5ドアに替わって3ドアハッチバックが設定されていた。

3代目 T12型(1986年-1990年)
* 1986年6月 - 3代目登場。またサブネームの「FX」が取れ正式車名が「スタンザ」に戻った。ボディは4ドアセダンのみとなり、U11型ブルーバードと基本設計が共通化された。同じ共通設計の兄弟車である3代目オースターとの相違点はフロントノーズの造形が逆スラント形状、リアデッキの造形が非スポイラー形状となっており、トランクリッドの開口部がバンパーレベルからでなく、アッパーレベルからになっている。エンジンは、1600ccSOHC(CA16S・「1.6スプレモ」)と1800ccがあり、後者にはSOHC(CA18i・「1.8スプレモ」)、SOHCターボ(CA18ET・「1.8スプレモ・ターボ」)、DOHC16バルブターボ(CA18DET・「1.8スプレモ・ツインカムターボ」)が設定された。SOHCエンジン全車にツインプラグを採用する。キャッチコピーは「クラッシー・スタンザ」。

* 1987年2月 - 10周年記念特別仕様車「エクストラサルーン」を発売。
* 1988年1 月 - マイナーチェンジ。同時期にマイナーチェンジを実施したT12型オースターと同じ形状の前後バンパーを用いる。そのためか全長はマイナーチェンジ後の T12型オースターと全く同じ数値(マイナーチェンジ後の全長は4,460mm)となっている。CA18ET型SOHCターボエンジンが廃止された代わりにノンターボDOHC16バルブのCA18DE型エンジンが加わる。グレード名は「1.8スプレモ・ツインカム」。キャッチコピーは「URBAN DRY(アーバン・ドライ)」。

* 1990年5月 - 販売終了。

スポンサーサイト



[ 2008/09/29 07:05 ] NISSAN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ