スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Sunny 0'30"

トップページNISSANカテゴリーSunny _____.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
サニー (SUNNY) は、日産自動車が1966年から2004年まで製造・販売していた自動車。

1960年代の日本におけるモータリゼーションの進展に対応して開発され、以後1980年代にかけて長く日産の最小排気量クラスを担う主力車種として、高度成長期のベストセラーカーとなった。1980年代に至るまで、日本の小型大衆車の中でもトヨタ・カローラと双璧をなす存在で、その最盛期には販売台数を熾烈に争ったことで知られる。

ボディタイプは2ドアセダンからスタートし、4ドアセダン、2ドアクーペ、3ドアクーペ、ピックアップトラック、2ドアライトバン、4ドアライトバン、ステーションワゴン(カリフォルニア)、3ドアハッチバックなどのバリエーションが存在した。経済的な大衆車として市場の定評を長く保ったが、1990年代以降、日産自動車の販売施策低迷と、セダン主力の車種構成が時流に合わなかったことで人気を落とし、2004年の車名廃止に至った。

1960年代初頭、日産自動車では1000cc-1200cc級の小型乗用車「ブルーバード」の初代モデル310系が大成功を収め、続く2代目モデルの410系はスタイリングが市場の不評を買ったものの、小型車市場での地歩を確実に固めつつあった。

しかし、410系ブルーバードが1200cc以上を主力とするモデルに移行したため、日産には、ブルーバードより若干小型で軽自動車との中間クラスに当たる700cc-1000cc級のベーシックカーが存在しない状態となった。当時最大のライバルであったトヨタ自動車工業は、700cc級の「パブリカ」をエントリーモデルとして市場に送り出し一定の成果を収めつつあり、その他の中堅メーカー各社も、700cc-1000cc級の小型車で市場参入を進めていた。

日産車内ではこれを危惧して、ブルーバードより小型のモデルを開発しようとする動きがあったが、当時の日産自動車トップであったワンマン社長・川又克二は、ブルーバードと同志討ちになりかねないエントリーモデルの開発には当初消極的で「お金のない方はブルーバードの中古をお買いになればよろしい」と評する始末であった。営業陣は商用車開発などの名目で川又を説き伏せ、ようやく小型ベーシックカーの開発にこぎ着けた。サニーが大成功したことで、川又も部下たちに対し「(サニーの開発を)やっておいて良かったな」と反省の弁を残している。

こうしてサニーは、1980年代に至るまで人気シリーズとして日産の主力モデルとなった。とはいえ、若干遅れて登場した同クラスのトヨタ・カローラには、走行性能面こそ互角以上のポテンシャルを備えながら、ユーザーを惹き付けるデザインやアコモデーションなどで一歩譲るところがあり、販売面では常に後塵を拝し続けることになった。最終的には、日産全体の低迷と歩調を揃えるかのように販売実績を落とし、市場でも半ば忘れかけられた存在となって、消滅を迎えたのである。

3代目 B210型(1973年-1977年)
* 1973年5月 B210型にモデルチェンジ。ひと回り大きくなり、近代的なデザインとなるが、商業戦略上の肥大化とも言えた。ホイールベースは共通で、エクセレントはフロントオーバーハングの延長にとどまる。

o ボディタイプは2ドア/4ドアセダンとクーペ、2ドア/4ドアバンの5種類。この型からクーペは大型のハッチバックを持つ形状になった。

o 先代同様、1200ccのA12型エンジンとエクセレント用1400cc・L14型エンジンの2種の排気量を持ち、それぞれにシングルキャブ仕様とツインキャブ仕様を設定。

o エクセレントにはサーボ付ディスクブレーキが全車に標準装備された。ただし、サニー1200ではデラックス以下はドラムブレーキとなる。

* 1976年2月 マイナーチェンジ。

o エクセレント用のエンジンが1400cc・SOHCのL14型から1600cc・SOHCのL16型に変更。

o 1400ccエンジン車には、かわりにF10型チェリー用のOHV・A14型エンジンが搭載された。1200ccのA12型は引き続き搭載。

* 同年7月にはツインキャブレターを装備したスポーティな1400GXツインが登場。

* 1977年 B310型にバトンタッチし、生産終了。

取り扱いは日産レッドステージとレッド&ブルー。1999年の販売網再編以前まではサニー店(現・サティオ店)の専売車種であった。

モータースポーツ
2004年 SCCAスピードワールドチャレンジ・ツーリングカーシリーズに北米向けB15型「セントラSE-R」が参戦。

6月 第3戦 オハイオ州レキシントン ミッドオハイオ・スポーツカー・コース 3位入賞

7月 第4戦 インフィネオン・グランプリ カリフォルニア州ソノマ インフィネオン・レースウェイ 3位入賞

7月 第5戦 インフィネオン・グランプリ 24位完走

スポンサーサイト
[ 2008/09/27 09:55 ] NISSAN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。