スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Leopard J Ferie 0'15"

トップページNISSANカテゴリーLeopard J Ferie CM__________J_FERIE
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
レパード(LEOPARD)とは日産自動車が1980年から1999年まで製造・販売された高級パーソナルカーである。

「日産・レパード」は、1980年、810型ブルーバード「2000 G6」シリーズの事実上の後継車種の位置付けと、スカイライン、ローレルに続く上級車ラインアップの一角を担うべく登場した。

1999年のモデル消滅までの19年間、商品企画の変転が大きく、初代はブルーバードベースの上級2ドア / 4ドアハードトップ、2代目はスカイラインをベースにし、トヨタ・ソアラを強く意識した高級2ドアクーペのみ、そして3代目と4代目はセドリック / グロリアベースの高級4ドアセダンのみという変遷であった。

一貫したコンセプトを持ち続けられなかったことから、レパード自体は確固たるブランド力を構築出来なかったが、その後の同社のインフィニティQ、M、G(それぞれ日本国内のシーマ、フーガ、スカイライン)をはじめとした高級パーソナルカーにその経験は生かされている。

3代目 Y32型(1992-1997年)
ベースとなったスカイラインクーペがR32型へ世代交代する中、レパードの開発は中止となったが、日産店のラインアップに穴が開くことに対する販社の抵抗も大きく、次期レパードは「インフィニティ J30」の国内投入で継続されることが決まった。この結果、4ドアセダンのみの設定となり、車名も「レパードJフェリー」へと改称され、車の性格が変わったことをアピールした。「Jフェリー」とはフランス語の「祝日」の意を英語風に発音した造語である。

フェラーリやマセラティにも収められているイタリア、ポルトローナ・フラウ製の本革シートをオプションで用意する(このシートの価格は70万円超)など、セドリック / グロリアと比べても、よりパーソナルな高級車としての印象が強く、またJ30に比べるとスポーツ性がかなり抑えられ、完全なラグジュアリー志向になっている。ブラック内装は用意されてない。

エンジンはF31型にも設定されたVG30DE型(200ps)とシーマ用のV型8気筒 DOHC 4130cc VH41DE型(270ps)の2種類で、それぞれに電子制御の4速フルオートマチックミッションが組み合わされる。シーマ・セドリック / グロリアとはことなり、ターボ仕様は設定されてない。 同時期のY32型セドリック / グロリアのVG30DE型搭載車に関しては、国内ユーザーの声を反映した5速ATが組み合わされているが、JフェリーではJ30型からの大きな変更は見送られ、4速ATのみとされた。

エクステリアデザインは同時期のブルーバードセダン(U13型)同様、カリフォルニアデザインセンター(NDI)の意見を大幅に取り入れた、リアエンドの下がった、いわゆる「垂れ尻」のプロポーションとなった。一部の自動車評論家からは絶賛を受け、メイン市場となる北米でも好評を得たが、日本国内では逆に、そのアクの強いスタイルと、リアドアの小ささや後席の狭さが実用上のネックとして敬遠されたモデルでもあった。しかし、後年、その個性的な存在感から、車趣味人の足グルマや、ドレスアップのベース車として再注目を浴び、Jフェリーを専門に扱う中古車業者も登場した。

日本車としては初めて、助手席エアバッグを全車に標準装備した(レスオプションも選択可)車でもある。

総生産台数は約7,000台。

leopardとは英語で「豹」(ひょう)の意味。

スポンサーサイト
[ 2008/09/24 23:37 ] NISSAN | TB(0) | CM(1)
お初です♪
共感できるブログ^□^
僕もくだらないブログかいてますが・・・
またみにきまぁす(^^)
[ 2008/09/25 08:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。