スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

MarkⅡ ad 1980 0'29"

トップページTOYOTAカテゴリーMarkⅡad 1980 1980_TOYOTA_MARK__ad

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
マークII (MARK II)は、トヨタ自動車が1968年から2004年まで製造・販売していたアッパーミドルクラスの乗用車。1996年発売の8代目(X100型)まではチェイサー / クレスタと共に姉妹車だった。

コロナ マークIIという車名は上級車志向のコロナオーナーを意識し、ジャガーMk-IIなどの英国車のモデルチェンジやグレード変更によく使われる方法から採用された。当時の小型セダン“コロナ”をよりスポーティに高級化した車、という開発コンセプトにより、端的にその二次的車種という意味で“コロナマークII”と命名された。

4代目 X60型(1980-1984年)
* 1980年10月、発売。

o デザインは直線基調のデザインとなり、2ドアハードトップは廃止され、センターピラーを持つサッシュレスの4ドアハードトップが加わる。

o エンジンはアルミエンジンで直列6気筒の1G-EUと直列4気筒の21R-Uの2種類があり、5M-EU搭載の2800ccのモデルも登場した。また、スポーツモデルとして、前期型に限り18R-GEU搭載の「GT」もあった。

* 1981年10月、2000cc直列6気筒ターボ(M-TEU)搭載モデル追加。

* 1982年8月、マイナーチェンジ。

o 内外装は大幅に変更。フロントワイパーアームがこれまでのむき出し式からフルコンシールド化され2000ccツインカム24(1G-GEU、160馬力(グロス値))搭載車も登場。

o 車種整理が行われ2800ccは廃止。2000ccは6気筒エンジン仕様・4輪独立懸架に統一。1800ccは13T-Uから新開発の1S-Uに変更され、ミッションも4MT、3ATから5MT、4ATになり、2400ccディーゼルターボ(2L-TE・オートマチック車のみ)も追加。

  * 1983年2月、ツインカム24に4速のECT(電子制御オートマチック)が追加。

* まだ車名には「コロナ」の名は残っていたが、ユーザーや新聞広告・CMでも「マークII」のみの名称で呼ばれるのが一般的だった。

* このモデルから、販売の主力がセダンからハードトップへ移行するようになった。モデル末期には黒の可倒式電動ドアミラーが新たに設定された。

* タクシー、教習車向けのLPG車は一貫して、クラウンと同じM型LPGが搭載されていたが、末期には1800ccをベースに(SX60改)、コロナのLPG車と同じ2Y型LPGを搭載したモデルも教習車向けに僅かながら生産された。

スポンサーサイト
[ 2008/09/07 05:59 ] TOYOTA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。