スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Celsior F20 CM 1'00"

トップページTOYOTAカテゴリーCelsior F20 CM Celsior UCF21 CM

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
トヨタ・セルシオ(CELSIOR)は、トヨタ自動車が製造・販売していた大型の最高級セダンである。

日本ではトヨタブランドのセルシオとして販売された一方、北米などではトヨタの高級車専門販売チャネル、レクサスブランドのフラグシップカーとして初代からレクサス・LSの名称で販売された。

2005年からトヨタは日本でもレクサスブランドを展開を開始し、2006年9月にはセルシオの後継車種となる新型LSを発売。取扱店もレクサス店に移行することとなった。それ以前の取扱店はトヨタ店とトヨペット店であった。

1989年、米国にて立ち上げられたトヨタの高級車専門販売チャネル「LEXUS(レクサス)」に「ES250」(日本名;カムリ・プロミネント)とともに、そして同チャネルのフラッグシップとして「LS400」は発売された。それまではメルセデス・ベンツやBMWといった世界に名立たる高級車ブランドの間に、安い車のイメージの強かった日本のメーカーが割って入る余地は無いと目されていた。しかし、トヨタは米国市場を中心に1980年代初頭から徹底したマーケティングを行った結果、新規参入するには日本特有の「もてなしの心」が重要であると判断。仮想敵である上記ドイツ車群や他メーカーにはない圧倒的な静粛性と快適性、そして日本車特有の繊細さを前面に出すことで、登場するや否や米国人の心を捉え引く手数多の人気となり、レクサスブランドの礎を築くきっかけとなった。この車の出現はクルマ業界全体を震撼させたことはもちろん、メルセデス・ベンツ・BMWなど同クラスの高級セダンの車作りの概念をも変えてしまったと言われるほどだった。同時期に日産が北米市場にて高級車チャネル「INFINITI(インフィニティ)」を設立するも、たしかにコストを掛けた高級車であるが遥かに先行するベンツやBMWの後追い感が否めない車種ばかりで半ば失速状態での運営スタートとなったのとは対照的である。また、トヨタ=レクサスの成功により、後にフォルクスワーゲンなどの大衆車メーカーが高級車市場へ参入するきっかけともなった。

そして同年10月、日本国内でも「セルシオ(CELSIOR)」の名で販売を開始。本来ならトヨタ伝統の車種クラウンがあるために日米における趣向性の差異を考慮して日本導入は見送られるはずだったが、既存の国産セダン車のイメージを覆した日産のシーマが爆発的なヒットを記録したことを受け、日本車の枠に留まるクラウンクラスでは満足出来なくなった顧客層の要望に応えるためにクラウンとセンチュリーの間に位置する新しい車種として発表された。そのデビュー時、新聞では2面広告が打たれ、セルシオを擁して「新しいトヨタ」を大々的に宣伝した(それにあわせるようにセルシオの登場を機に現在のトヨタCIマークの使用を開始)。ショーファードリブン(オーナー自身は運転しない)が前提のセンチュリーを除くと当時の日本車の中では最高級車に位置付けられていた。

法人需要も多かったが、VIPカーと呼ばれるドレスアップ改造車を好む者の間でもベース車として人気を博している。そのため中古市場で人気が高い車種である。

UZ形式のエンジンを搭載し、車両形式名がXFであり、トヨタの型式ではZ+X=Cとなることから、UCFから始まるものとなる。

型式はUCF10/11・20/21・30/31が存在し、'0'で終わるものはコイルサスペンション装備、'1'で終わるものはエアサスペンション装備の車両である。

2代目(20系:1994年-2000年)
1994年10月に登場。キャッチコピーは「変化を求めず、深化をめざす」。

バブル崩壊後の円高の加熱から、メインマーケットたる北米でセルシオ(LS)は価格上昇を余儀なくされ競争力を失いつつあった。そこで発表から5年でフルモデルチェンジに踏み切った。外観は初代のスタイリングを踏襲し、素人の目には新旧の違いはわかりにくいものであったが、車体の基本的骨格であるプラットフォームの改良を行い、オーバーハングを切り詰めた結果、最小回転半径を縮小し、またホイールベースを延長し後席居住性も改善された。初代で不満の多かったブレーキ性能も、フロントにアルミ製対向4ポッドキャリパーを装備するなど、内容の変更は大きいものであった。エンジンは引き続き、V8・4000ccの1UZ-FE型を使用、パーツの見直し等による5psの出力向上と最大110kgの大幅な車両軽量化を達成し、動力性能を向上させた。販売グレードもA・B・C仕様のパッケージが受け継がれた。しかしながら、助手席肩口のパワーシートスイッチや、マイコンプリセットドライビングシステムの設定がなくなるなど、バブル崩壊の影響を少なからず感じさせるモデルでもある。

1996年8月の小変更では助手席肩口のパワーシートスイッチやマイコンプリセットドライビングシステムが再設定された。安全性も向上し、衝突安全ボディー「GOA」を採用したほか、運転席・助手席のサイドエアバッグを標準装備した。また、A仕様とB仕様に欧州仕様のユーロチューンド・サスペンションを採用したeRバージョンが追加された。

1997年7月 マイナーチェンジを行う。キャッチコピーは「その世界的価値」。

内容はフルモデルチェンジに近いと言ってもよく、フロントグリルとヘッドライトを独立させたことで、全体的に従来型よりも精悍で堂々としたスタイリングとなる。ヘッドライトは従来のハロゲンヘッドランプに代わって、オートレベライザー付ディスチャージヘッドランプが設定された。エンジンもVVT-i(連続可変バルブタイミング機構)の採用によりMC前の265psから280psとなり、ATも4段から5段へと変更、動力性能と環境性能を同時に向上させた。特筆すべきは安全装備の充実で、6つのエアバッグはもとより、車体の横滑りを防止するVSC、緊急ブレーキのアシストをするブレーキアシスト、プリテンショナー&フォースリミッター付きシートベルトを全車に装備した。クラウンと共に助手席シートベルト非着用警告灯を初採用。 また、高速道路などでの使い勝手を向上したレーダークルーズコントロールがオプション設定、多発する盗難対策としてエンジンイモビライザーが標準装備された。

1999年4月 セルシオは発売10周年を迎え、初の特別仕様車として「10thアニバーサリー」が発売された。C仕様およびB仕様eRバージョンをベースに従来のトーニングカラーに加え、専用のモノトーンカラーが用意された。おそらく次期モデル(30系)へ採用するかどうかの判断材料的な意味合いも兼ねていたと思われる。その他にはBBS製アルミホイールや専用色の木目パネルが装備された。

CELSIOR ラテン語で「至上、最高」の意味を表す「CELSUS(セルサス)」をもとに名づけられた造成語。

初代から静粛性・快適性と共に衝突安全性も世界随一の性能を誇る。開発段階でクラッシュ・テストだけのために当時世界最高峰の安全神話を持つメルセデス・ベンツを十何台も購入した逸話があるほど。歌手の小田和正が高速道路で車両が大破する事故を起こしたが、セルシオであったため一命を取り留めることが出来たといわれている。また、身体が資本のプロスポーツ選手の愛車としても好まれている。高級輸入車を愛車とすることが多いプロ野球選手の間でもセルシオは別格の人気があった。特に左利きの投手には好評で、国産であるから必然的に右ハンドル車であるセルシオの場合、運転席に座ると左腕がドア側ではなく、室内中央に位置するするため、もし万が一のことがあっても安全の上に安全であるから。車に無頓着な井川慶は阪神タイガース時代、そのことを理由に購入したと言われている。また、古田敦也は社会人野球時代にトヨタ自動車に所属していたことからその縁で愛車としている。

スポンサーサイト
[ 2008/08/29 13:14 ] TOYOTA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。