スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Daihatsu Applause Ad CM 1990 0'30"

トップページDAIHATSUカテゴリーDaihatsu Applause Ad CM 1990 1990 DAIHATSU APPLAUSE Ad CM.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
アプローズはダイハツ工業の乗用車である。

1989年のジュネーヴショーにMS-X90の名で参考出品された後発売開始。従来、登録車クラスは親会社のトヨタ自動車と競合するため、カローラの車台を流用したシャルマンでまかなわれていたが、バブル景気の最中で自動車販売が好調な時期であったことから、トヨタより独自開発の許可を得ることに成功している。

ボディは一見、4ドアセダンに見えるが、トランクとリアゲートが持ち上がる5ドアハッチバックという凝った構造(スーパーリッド)である。なお、この『スーパーリッド』のアイデアは1985年にクライスラーが発表した小型車『シャドウ』やフィアットの『クロマ』などにも見られる。

ダイハツとしては、少ない車種で多くの顧客を取り込もうとした努力の賜であるが、発売直後にトラブルが続出した事が響き、この車の人気が急激に低下。努力は、あまり報われるものではなかった。ただし、ダイハツ唯一の登録車系セダンモデルであったことから幾度となくマイナーチェンジを繰り返しつつ生産が続けられるが2000年5月アルティスの登場に伴いシャレードと共に国内での発売が中止された。

ちなみに、ベルギーでは、現地の輸入業者の手によって、ステーションワゴンに改造されたものもある。

リコール騒動
本車は登場当初、燃料タンクの空気抜きに技術的問題を抱えており、ガソリンスタンドで給油するためタンクの蓋を開けると圧力差からガソリンが噴出、これに着火してしまう事故がたびたび発生した。これにより派手な広告戦略を控えざるを得ず、新車効果を得ることができなかった。事態を重く見た自動車工業会は第28回東京モーターショー(1989年開催)への出品自粛を要請した。

性能
* エンジンはHD型1589cc直列4気筒SOHCエンジン。
o EFI仕様と電子制御キャブレター仕様があり、最高出力は前者が120馬力、後者は97馬力。
o 1997年9月のマイナーチェンジ時にデスビレス化などの改良を受ける。(最高出力は変わらず)
* 駆動方式はFFとビスカスLSD付センターデフ方式フルタイム4WDの2タイプ。
* トランスミッションは5速MTと4速ATの2タイプ。ただし4WDはAT未設定。

1989年7月
新発売。型式はFFがA101S、4WDがA111S。
1990年10月
一部改良。車名を「アプローズθ(シータ)」に変更。エンジンは全車EFI化。
1992年7月
マイナーチェンジ。フロントマスク及び前後バンパー変更。車名を元の「アプローズ」に戻す。
1994年4月
一部改良。安全装備充実化。4WDが廃止され、FFのみに。
1997年9月
5年2ヶ月ぶりのマイナーチェンジ。フロント及びリヤの外観、インテリアを変更しイメージを一新。全車ATのみの設定に。
2000年5月
生産中止。実質的後継車はアルティスである。

車名の由来
アプローズは喝采を意味する。

スポンサーサイト
[ 2008/08/12 19:17 ] DAIHATSU | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。