スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Daihatsu Charade 1988 0'30"

トップページDAIHATSUカテゴリーDaihatsu Charade 1988 Japanese_Commercial_-_Daihatsu_Charade_88
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
シャレード (Charade) は、かつてダイハツ工業から発売された乗用車である。前輪駆動の「リッターカー」だった。

3代目(G100系、1987-1993年)
1987年1月、フルモデルチェンジが行われた。このモデルの開発にあたって、ダイハツは従来の地方に加え、都市部の若年層の取り込みを図るために、これまでのオーソドックスなスタイルから一転、ラテン風の洒落たスタイルのボディを採用した。その独特のスタイルは、これまでのコンパクトカーでは類をみない斬新なものであるとして高く評価された。その影響か否か、そのスタイルは海外にも波及し、この4年後に登場したルノー・クリオ(日本名:ルーテシア)のスタイルにも影響を与えたとされる。初期のキャッチコピーは「さ、ツーサム」だった。2シーター感覚で使うことを志向して、リアシートの居住性よりも荷室としての使いやすさの機能に重点が置かれていた。CMソングは久保田利伸の「GODDESS -新しい女神-」だった。後期はイメージキャラクターとしてミッキー・ロークや田原俊彦を起用した。

ボディは当初、3ドア、5ドアでスタート(先代に設定されていた商用モデルは廃止)。後にリアのオーバーハングを伸ばしトランクを設けた、4ドアのソシアルも追加される。当時、先代も含め、オーソドックスでありながらどちらかというとコンサバティブなスタイルが大半を占めていたリッタカークラスのなかで、ドラスティックにも都会的なラテン風に変貌したスタイルは一部賛否両論を誘ったものの、独特のフォーマルなムードを持つスタイルはとても魅力的なもので、それは後に登場した4ドアのソシアルにも引き継がれた。しかし、その反面、先代よりも大きく重く立派になったボディは、これまでのシャレードの美点をスポイルする結果につながり、特にその美点を支えていた3気筒エンジンでは大きなハンディとなったのは否めず、後に追加された1300ccモデルが登場してからは、かつてのようなリッターカーとしての色あいは薄れていった。また、この3代目より、ホイールのPCDがこれまでの110.0mmから全て100.0mmに変更されている。

搭載エンジンは、初代以来の伝統の1000cc3気筒CB型のSOHC6バルブ・シングルキャブレターとSOHC6バルブターボ(ただし燃料供給はキャブレターを用いていた)、DOHC12バルブインタークーラーターボ(もちろん、1リッターあたり100馬力以上に達していた)、NA及びターボディーゼルでスタートしたが、後に新開発のHC型1300cc4気筒SOHC16バルブEFIが追加される。また、同時期にフルタイム4WD車も追加された。小さくても広く実用的で、1000ccでもキビキビ走れる美点がかつてのシャレードの魅力であったものの、ボディが肥大化した(1000ccDOHCターボ車および1300cc車は除く)ため、その魅力は薄れていった。その予兆は不幸にもこの後の新しいモデルにも引き継がれることとなり、リッターカーの開拓者として、長くクラスをリードしてきたシャレードのブランド力は下降線の一途を辿っていくこととなる。

また、このモデルは北米にも輸出されていた。1000cc3気筒と1300cc4気筒の2種類、ボディーは3ドアと4ドアセダンの2種類で3ドアは1000ccとマニュアルのみの設定だった。1988年から1992年まで販売されていたが、もともと北米でのダイハツの知名度の低さとエアコンなどの快適装備も設定されていなかった為、販売台数は振るわず1992年に北米市場から撤退している。

ちなみに、モータースポーツにも積極的に参加しており、特筆するべき活躍として1993年のWRC(世界ラリー選手権)サファリ・ラリーでは、2000ccのターボ4WDカーのセリカ勢に続く総合5,6位の成績を残している。

* 1988年2月 1300cc及び4WDの追加。これに伴い1000ccガソリンSOHCターボは廃止。1000ccDOHCターボ車のグレード名をGTtiからGT- XXに変更、更にリヤシートの形状を変更して乗車定員を4人から5人へ変更(ツーサム・コンセプトの廃止)。

* 1989年2月 マイナーチェンジ。バンパー大型化(除くGT-XX)。

* 1989年4月 シャルマン以来の久々の4ドアセダンモデル。「シャレード・ソシアル」追加。エンジンは1300ccの電子制御シングルキャブ仕様。前輪駆動のみの設定。

* 1991年1月 マイナーチェンジ。1300ccは全車EFIに換装。ディーゼルの自然吸気エンジン搭載車は、ビジネスモデルのみの設定となった。

車両型式
* G100S CBエンジン搭載車
* G101S CLエンジン搭載車
* G102S HCエンジン搭載車、FF車
* G112S HCエンジン搭載車、4WD車

スポンサーサイト
[ 2008/08/07 08:30 ] DAIHATSU | TB(0) | CM(1)
初心者が気軽に稼ぐアフィリエイト
初めまして nobusa と言います。
ランキングより伺いました。

ブログ応援活動中です^^
また伺います!

応援済!
[ 2008/08/07 11:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。