スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Honda Acty 0'30"

トップページHONDAカテゴリーHonda Acty HONDA_____CM_______.
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
アクティ (ACTY) は本田技研工業が生産する軽自動車規格のキャブオーバー、もしくはセミキャブオーバー型の商用バンおよびトラックである。

通常一般的なトラックのレイアウトでスケールダウンされた軽トラックの場合縦型エンジンをキャビン下に置き、ドライブシャフトでデフレシャルギヤにより後輪を駆動するのが一般的であるが、アクティは横置きエンジンを荷台下に置き、ミッドシップとしている点が最大の特徴である。これはホンダが縦置きの軽エンジンを持たず、一般的な軽乗用車用のFF横置きエンジンしかなかったため、それを流用するためFFのエンジンユニットをそのまま後軸駆動させるためにとられたものと考えられる。エンジンを荷台下中央に置くことにより重心位置が車体中央に近く、フロントエンジン式の他社軽トラックに比べて空荷の状態でも後輪のトラクションが不足することがない。積載状態でも重心位置の変化が少なく運転感覚があまり変化しない。また、エンジンが遠く離れているため振動、騒音は比較的少ないという長所を持つ。一方で、エンジンメンテナンスハッチは荷台上にあり、エンジンのメンテナンスを行うには荷台に乗っているものを降ろしてからでないと事実上不可能なため、常時荷物を積んだままとか、荷台になにか設営するという使い方をするユーザーは注意が必要である。

初代(1977-1988年)
* T360、TN360、TN-V、TN-7と続いてきたホンダの軽トラックの後継として、1977年7月27日、TNアクティが発売された。ちなみに、TNの名はトラックのみ。バンタイプはまだ設定されていなかった。発売時の東京地区標準現金価格は「スタンダード」で53万3000円。

* 1975年9月1日の道路運送車両法施行規則改正(省令第34号)を受け、エンジンは先代と比べスケールアップされ、545cc 直列2気筒 SOHC 水冷エンジン となる。他社の同様のモデルがアンダーフロアのFRやRRのエンジンレイアウトを採用するが、アクティはMRレイアウトを採用する。エンジンは同社の大型オートバイであるホンダ・ゴールドウイングの水平対向4気筒エンジンの片バンクを元に設計された。このエンジンは、1985年に発売された乗用車型軽自動車であるホンダ・トゥデイにも使用された。

* 1979年11月、アクティバンが追加される。

* 1981年2月1日、乗用車的な使い方を想定したバン、アクティストリートが追加される。

* 1982年6月、かなり大掛かりなマイナーチェンジを実施。AT車(ホンダマチック)追加。トラックに室内が広いビッグキャブが追加される。また、ビッグキャブにはクラス初の5速MTが設定された。 * 1983年2月、4WD車追加。発売当初は世界でも珍しいミッドシップ4WDとして話題を呼んだ。エンジンの搭載方式は二輪駆動と異なり縦置きであった。軽トラック、軽キャブバンクラス初のフロントディスクブレーキ(4WD車のみ)が標準装備される。

* 1984年、当時クラス唯一の4WDのAT車が追加される。

* 1985年マイナーチェンジ。フロントバンパーが大型化されエアコンがオプション設定される。2WD車も全車フロントディスクブレーキ(ただし10インチ)化。 

* 前期型のイメージキャラクターには、俳優の渡辺篤史が、後期型には、ホンダマチック仕様のCMにはコメディアンの植木等(ハナ肇とクレイジーキャッツ)が、4WDシリーズのCMには覆面プロレスラーのタイガーマスク(初代、佐山聡が扮した)がそれぞれ起用された。

スポンサーサイト
[ 2008/07/23 23:12 ] HONDA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。