スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Subaru Rex CM 0'30"

トップページSUBARUカテゴリーSubaru Rex CM _________CM


blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
レックス (Rex) は、富士重工業で生産されていたスバル360、R-2に続く軽自動車である。

外観は凡庸
レックスは、その前任者であるスバル360や R-2、あるいは後継のヴィヴィオに比べて、よく言えば落ち着いた、悪く言えば凡庸なデザインのクルマであった。初代こそ若干のアクがあり、スバルらしさを残していたと言えるが、2代目、3代目はアルトやミラといった強力なライバルと対抗するため、基本コンポーネントの部分で大きな冒険は出来なくなっていた。この2代目、3代目は、スズキやダイハツには及ばなかったものの、オーソドックスな構成が商品としての競争力を向上させ、一定のシェアを確保し続けるなど、スバルの経営に貢献した、優等生的存在であった。

タフネス・スバル
デザイン面では個性の少なくなった2代目レックスだったが、機能面でのマーケットの評価は低くはない。レックスでは、サスペンションにコイルスプリングが採用され、トーションバースプリングは補助的な役割に後退したものの、なお四輪独立懸架を貫き、依然ロードホールディングに優れていた。エンジンは他社が3気筒へと移行する中、2気筒を堅持し、騒音と振動では不利であったが、トランスミッションとともに十分な耐久性を持ち、扱い易いものであった(ただし初期のECVTは電磁クラッチの動作不良が多発した)。

4気筒は災い転じて福となる
レックスの打ちたてたエポックの中に、550ccへの規格変更以降では初となる、直列4気筒、SOHC、4ストロークエンジンの採用(EN05型)がある(360cc時代には、マツダ・キャロルのアルミ製4気筒エンジンの採用例がある)。当初このエンジンは2気筒のEK23をベースに4気筒化したもので、ボディの設計を大幅に変更することなくエンジンルームに納められるようになっていた。ところが、直後に運輸省(現・国土交通省)から軽新規格(660cc旧)が発表された。スバルの技術陣には寝耳に水の事態であった。車体も多少大きくなるものの、他社の直列3気筒エンジンとは異なり、ボア(シリンダー径)アップのみではエンジンルームの容積を超えてしまう。苦肉の策として、上下方向への拡大、すなわちストローク(ピストンの最上時と最下時の位置差)アップでこれに対応した。

ところが、これは結果的に吉とでた。通常、マルチシリンダー化(気筒数を増やすこと)を行うと、トルク特性は広い回転域で均一化され、扱いやすくなる反面、低回転時のスロットルレスポンスが悪くなり、回転の上昇も鈍くなる。一方、ロングストローク化すると、トルクの最大値が増加し、低速域の回転上昇が速くなる傾向にある。その為、スバルの660cc4気筒エンジン「EN07」は、4気筒の静粛性と、他社3気筒並みのトルクを兼ね備えたエンジンへと成長する事が出来た。

後に、他社も軽4気筒を開発するが、3気筒を凌ぐ出力を発揮できても、いずれもフリクションの増大から燃費が悪化する傾向にあった。また、各社とも 3気筒と変わらない、スバルの2/3程度のショートストロークを採用した為、トルク不足が深刻になった。これらの理由で、主力商品となることなく、消えていった。スズキはいわゆる「660cc新」の規格に移行した際、オールアルミの3気筒エンジンに統一し、4気筒を廃止した。ダイハツは乗用車ではしばらく3気筒との併売であったが、トルク不足からターボチャージャー車[1]のみの設定へと移行して行った。三菱はWRCでのスバルとのライバル関係もあり、地道に改良を続け2007年12月現在では唯一、パジェロミニに搭載している[2]。三菱製は4気筒ながら、静粛性では他社に劣る。また、「エンジン屋」ともいえるホンダにいたっては、ユーザーにメリットなしとして、端から4気筒エンジンの商品化には無関心であった。

初代(1972年~1981年)
* 1972年7月 - 初代登場。1971年に追加された水冷R-2をベースとした。駆動方式はRRを採用し、当初は2ドアセダンのみの展開。このため、R-2は空冷セダンとバンを残して併売された。エンジンは2サイクルで、キャブレターの仕様により3種が設定されていた。デザインはR-2の反省を踏まえ、前年発売のレオーネに似た、ウェッジシェイプを強調したもので、当時の若者層に受け入れられるデザインにしたようなのであったが、好き嫌いの分かれるものとなっていた。後発のバン・ワゴンを含む2ドアモデルのアウタードアハンドルは独特のグリップ形状をしている。グレード展開は、シングルキャブ32馬力仕様が上からカスタム L、スーパーL、ラグジュアリー、デラックス、スタンダード。シングルキャブ35馬力仕様がTS、ツインキャブ37馬力仕様がGSRであった。カスタムL とスーパーLには、アイドリング時のパラパラ音を減少させるスバルISVを装着。

* 1973年3月 - 4ドアセダンを追加。ディビジョンバーのないリヤドアウインドウが特徴であった。グレード展開はカスタムL、スーパーL、ラグジュアリーの3種。同時に、シングルキャブ32馬力仕様全車にスバルISVを拡大設定。

* 1973年10月 - マイナーチェンジ。公害対策のため、エンジンを2ストロークから4ストロークに変更。このときスポーティーグレードはカタログ落ち。最上級グレードであるカスタムLにフロントディスクブレーキと4輪ディスクホイールを採用。

* 1974年2月 - カスタムLに5速MTを装着したカスタム5と、2人乗りバンを追加。カスタム5は、5速化による静粛性と低燃費を謳っていたものの、クロースなギアレシオ設定で、4速車に比べキビキビした走りが可能であった。バンは乗用車のシルエットそのままのモデルで、2ドアセダンを大改造せざるを得ない富士重工の苦しい台所事情が伺える。また、RRというエンジン搭載方法はそのままだったため、荷室高が足りないという欠点を補うべく、フロントのトランクが残された。荷室高の小ささは、後にハイルーフとすることでやや改善されたが、他車と比べれば不足気味であった。

* 1974年9月 - マイナーチェンジでワゴンを追加。ベースモデルはバンスーパーL。バン発売時から4人乗り仕様の要望が高かったが、後席のヘッドクリアランスを稼ぐため背もたれを寝かせた結果、荷室長が減少、乗用登録のワゴンとなった。同時にナンバープレートの大型化に対応。軽自動車初のブレーキモニターをセダンカスタム L・カスタム5・スーパーL・ワゴン・バンスーパーLに装着。

* 1975年4月 - バン4人乗りを追加。荷室高[3]の拡大を狙ってハイルーフを採用。くしくもボンネットタイプのモデル(乗用・商用ともに)でハイルーフをカタログ上で謳ったのはレックスが国産初であった。バン4人乗りの発売に伴い、バン2人乗りを廃止。

* 1975年12月 - 既存の360cc4サイクルエンジンで51年排出ガス規制適合(SEEC-T)。同時にラインナップを一新し、3ドアワゴンを廃止。

* 1976年5月 - 軽自動車の規格改定に伴い、500ccに排気量をアップするとともにボディを拡幅。

* 1977年5月 - 53年排出ガス規制に適合、同時にフルスケールの550ccになった。

* 1978年3月 - 2ドアセダンにリヤガラスハッチを装備した「スイングバック」を追加。

* 1979年10月 - スズキ・アルトのライバルとして、47万円に値下げしたバンに「ファミリーレックス」を追加。ベーシックな多目的車として先駆的存在だったため当初は善戦したものの、1980年にダイハツ・ミラ(デビュー当時は「ミラ・クオーレ」)が発売されるに及んで基本設計の古さが目立ったため販売台数は頭打ちとなり、翌年に駆動方式を180°転換したFFの2代目にスイッチされる。

* 1980年3月 - 電磁粉体クラッチを用いたクラッチペダルレスの「オートクラッチ」を追加。

車名の由来
「Rex」はラテン語で王様の意味。


スポンサーサイト
[ 2008/07/15 15:30 ] SUBARU | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。