スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Subaru Alcyone SVX Ad 1991 1'00"

トップページSUBARUカテゴリーSubaru Alcyone SVX Ad 1991 1991_SUBARU_ALCYONE_SVX_Ad.


blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
スバル・アルシオーネSVX(Alcyone SVX)は、富士重工業が1991年9月に発売を開始した5人乗り2ドアクーペタイプの乗用車である。

日本国内向きにはアルシオーネの2代目にあたるが、海外では単にSVXという別モデル扱いをされる。国際性のあるグラントゥーリズモと位置づけ、開発のポイントとして、先代の高い空力性能は引継ぎつつ、悪天候下における安全性を兼ねそろえることが目標とされ、240psを発揮するEG33型3300cc水平対向6気筒エンジン(レガシィ ブライトン220用EJ22型水平対向4気筒SOHC16バルブ2200ccをベースに2気筒追加し、ヘッドを狭角DOHC化したもの)と、トルク配分式4WDシステムを搭載した。尚、総排気量が3300ccとされたのは、3000ccターボエンジンと比較して、「GTには自然吸気のフィーリングのほうが相応しい」という理由から、3000ccに1割増しの余裕が与えられたためである。尚、スポーツカーさながらのスタイルを持っているものの、スペシャルティカーという設定とされた為、マニュアルトランスミッションは設定されなかった。

また、先代モデルのデザインセンスを叩かれたことからジョルジェット・ジウジアーロにエクステリアデザインを依頼した。また、グラスtoグラスのキャノピーは、ドアガラスがルーフ面にまで回り込む形状のデザインでサイドウィンドウ全体を開閉できないため、その一部だけが切り欠くように開閉するという斬新なミッドフレームウインドーを日本で初めて採用した。

意欲的なコンセプトとメカニズムを持った同車であったが、スバルというブランド自体が当時の高級GT市場の顧客と結びつかず、販売面では苦戦を強いられた。高年次車は販売台数が伸びなかったため、販売価格と内容をともに落とすモデルとなった。国内販売台数は生産終了までの期間で僅か5,884台、海外輸出分を含めた総生産台数は2万3,750台ほどに留まった。

1996年12月、バブル崩壊による高級車(特に2ドアクーペなどのスペシャリティモデル)市場の冷え込みと、レガシィの大ヒットにより、スバルのイメージリーダーカーとしてのアルシオーネは役割を果たしたとし、生産ラインをフォレスターに譲り生産終了となる。

車名の由来
SVXとは、「Subaru Vehicle X」の略。スバルが提唱した「グランドツアラー」を象徴した呼び名である。

グレード・輸出仕様と日本仕様の相違など・・・
* Version L =型式CXD 生産台数1905台 1991年9月~1992年9月 舵角センサー感知による電動4WS

* Version E, S3, S4など=型式CXW

外観では内装以外に区別できないが、操舵系が大きく異なり、全く別の車といえる。

最も台数が少ない仕様はCXD SRS(サンルーフ付)レッドマイカ色で僅か 45台のみ生産された。CXD全体の生産台数が少ない事もありレッドマイカは115台に留まり生産月は通算6ヶ月のみであった。

* 最後期グレードであるS4のオートマチックトランスミッションはレガシィ用をベースとしていたが、それ以外はレオーネ用をベースにしていたため、耐久性に問題があった。パーツリストによると細かな内部部品については度々変更されているが、S4を境にトランスミッション・アッセンブリーとコントロールユニットが変更されている。

* 輸出専用バージョンが多く製造された。ファイナル比が異なり最高速度が若干違うが200km/h以上で巡航が可能。アメリカ仕様の4WDは、日本仕様で採用されていたVTD-4WDではなく、旧アルシオーネに搭載されていた直進性に優れたACT-4が採用された。また最廉価版である2WDバージョンも存在した。

o 主な輸出国:アメリカ、イギリス、ドイツ、オランダ、ルクセンブルグ、ベルギー、スイス、フランス、スペイン、オーストリア、オーストラリア、ブラジル、イスラエル、タイ。4WDシステムは各国の道路事情でACT-4またはVTDが採用されている。

* 自動溶接38%、手溶接62%、溶接打点5000ポイント以上(更に増打ち工程がありプラスαがあった)他車>4000程度。現代の車作りで二度とこのような事は行われない。骨格部分のみ精度の向上の為一括自動溶接している。

* 当時世界最高厚の厚め付け亜鉛メッキ鋼板が使われた。

* 艤装精度は他の車種の50%増し ガラスとボディーのピンとの穴はわずか0.2mmの誤差しか許容されていない。

* 90%がオリジナル部品で互換性が他の車種とない。一般的な規格ねじ類を除くとほぼ100%、オーディオのコネクターまですべてオリジナルで、他のスバル車との共通性はない。ショックアブソーバーの径はどの国産車とも異なり10%程太くアフターパーツも存在しない。(日本車(エアサスを除く)の円筒の径は基本的に同じ)

* 耐寒、耐熱、高速試験に世界中で延べ100万kmにわたる実走試験を行っている。

* この時代のスバル車にしては珍しく、ホイールのPCDは100ではなく日産の同クラスと同じ114.3となっている。


スポンサーサイト
[ 2008/07/13 14:39 ] SUBARU | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。