スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Volkswagen Golf GTI (1) 0'30"

トップページVOLKSWAGENカテゴリーVolkswagen Golf GTI (1) vwunpimpmycaradfunny.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ゴルフ( Golf )はドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲンの主力モデルであるハッチバック型の自動車。2007年時点での現行モデルは5代目。車名の由来はスポーツのゴルフではなく、「メキシコ湾流の風(ドイツ語でゴルフシュトローム Der Golfstrom 、英語のガルフストリーム the Gulf Stream に当たる)」である。VWの車名は、風の名前から取ることが多い。(ジェッタ、ヴェント、ボーラ、シロッコetc) 北米では、「ラビット(うさぎ)」の名称で販売されている。

欧州では「Cセグメント」に分類される乗用車である。トヨタ・カローラに次いで世界中で最も販売されている乗用車であり、 2007年3月には累計の生産台数が2,500万台に達した。日本にもこれまで約60万台が輸入されている[1]。1974年に発売された初代モデルは680万台が生産された。販売はモデルチェンジの度に減少し、1997年発表の4代目モデルの生産台数は430万台であった。

ジョルジェット・ジウジアーロのデザインになる初代ゴルフは、横置きエンジンによるFF(前輪駆動)方式と、効率的なパッケージングによる、コンパクトな外寸と、余裕のある室内空間を持ち、世界中でヒットとなった。空冷、リアエンジンへの固執や、NSU・アウディ方式でのFFへのトライなど、紆余曲折を繰り返し、ビートルに続く大衆車の開発は難産を極めていた。しかし、これは、ジウジアーロにスタイリングのみならず、設計をも一任することで解決を見た。その理由は、イタリアやフランスの小型車では、FF+ハッチバックは既にポピュラーとなっており、さらにエンジン、トランスミッション、デフを並列に配置する、ジアコーサレイアウトも既にフィアットが手がけており、これらの前例をジウジアーロ自身が熟知していたことが大きい。

当初は現在のルポ位の大きさであったが、モデルチェンジをするたびにサイズが大きくなっていった。ゴルフIV(4代目)は全幅が日本で言うところの「3ナンバーサイズ」となって、もはや小型車とは呼べない大きさとなり、現在の5代目はさらに大きくなっている。これに伴い、従来ゴルフが担っていたコンパクトカーとしての役割は、弟分のポロが引き継いでいる。

「GTI」と呼ばれるホットモデルが初代から用意されている。初代は1.6リッター、2代目は、1.8リッターDOHCが搭載されたモデルである。

なお、初代ゴルフの派生車種にシロッコ(Scirocco)を挙げる場合があが、ともにジウジアーロによるデザインで、開発の時期も重なってはいるもの、発売はシロッコが先行している。これは、生産台数の差から、市場への影響が少ないシロッコで初期不良の洗い出しを済ませ、ゴルフIにフィードバックする為と言われている。現在では、ゴルフと同じプラットフォームを使うアウディ A3が先行して発売され、同じ役割を担っている。

歴代カブリオ(カブリオレ)の人気が高かったが、現在のゴルフ Vにはカブリオは無く、オープンモデルはイオスと、ゴルフIVベースのニュービートル がその任を担っている。

5代目(2003年-)
先代に引き続きプラットフォームはA3と共通。本モデルからはエンジンが直噴化され、先代と同じ排気量と比較しても出力向上がみられる。燃料消費の低減を図っている。トランスミッションはこのクラスでも、ターボディーゼルのトルクにも対応した、アイシンAW製6速ATを採用した。GT TSI以上のグレードにはトルコン式ATではなく、DSGを搭載している。MTは、日本ではGTIとR32のみ設定となっている。外観は、ティアドロップ形のヘッドランプ(涙目)と、それに呼応したリアコンビランプ、ラジエターグリルからフード上に伸びる深いVラインなどをスタイリングの特徴としている。太いCピラーは歴代モデルと同様である。

フォード・フォーカスの比較対象とされ、さんざんたたかれた操安性を向上させるなどの改良と、内装を中心としたコストの見直しが開発の主眼となった。ベーシックグレードのE、コンフォート志向のGLi、スポーツ志向のGT(GT TSI)、リアルスポーツのGTI、ラグジュアリーなGTX、スポーツプレミアムのR32(この仕様のみ4モーション)と多彩なバリエーションを持つ。特にGTIは先代、先々代と他グレードと見た目にほとんど差が見られなかったが、5代目GTIは明らかに差別化された外観を持ち、多くのバックオーダーを抱えながらも全販売台数の約三分の一を占める人気グレードとなっている。尚、GTIと同じエンジン、トランスミッション(DSG)を搭載するGTXはGTIベースではなく、GTベースであり、日本専用モデルである。「ゴルフワゴン」は「ゴルフヴァリアント」と名称を変更(ドイツ本国の名称に合わせられた)して、登場した。(ワールドプレミアはジュネーブモーターショー)

製造工場はドイツ・ヴォルフスブルク、及び南アフリカ共和国・ユイテンヘーグ(Uitenhage)であり、日本市場向けのモデルは後者において製造されている。

スポンサーサイト
[ 2007/07/29 22:07 ] VOLKSWAGEN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。