スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

TopGear 2007 Bugatti Veyron Top Speed Test 9'30"

トップページTOP GEARカテゴリーTopGear 2007 Bugatti Veyron Top Speed Test TopGear_2007_Bugatti_Veyron_top_speed_test.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ブガッティ・ヴェイロン(Bugatti Veyron 16.4)は、ブガッティ オトモビル SASが製造・販売するスーパーカーである。 2005年、フォルクスワーゲングループによって設立された新生ブガッティブランド初の市販車であり、同グループのフラグシップともなっている。2005年に世界最高時速の407キロを記録したが、2007年にShelby Super Cars社のアルティメット・エアロに破られている。

ドイツのフォルクスワーゲンが獲得したブガッティの商標権(ブランド)および製造販売権に基づいて1998年に設立された同社の完全子会社である。

ヴェイロンの名を持つモデルが世に出たのは、1999年の東京モーターショーが最初(このときのモデル名称はEB18/4ヴェイロン)。翌2000年のモンディアル・ド・ロトモビル(パリサロン)で搭載エンジンがW18気筒からW16気筒に変更され、現在の名称が採用されると同時に、大まかな仕様(最高出力1000馬力以上、最高速400km/h以上)が発表された。2001年には量産化にゴーサインが出ていたが、高速走行時の空力特性、スタビリティーの問題や、大型エンジンの採用による排熱の問題もあり、開発は難航していた。

正式車名の「16.4」はv8気筒×2のW16気筒+4ターボチャージャーであることを表している。ミッドシップマウントされた8.0リットルの排気量を持つW型16気筒エンジンは4基のターボチャージャーにより過給され、1001馬力を発生する。このエンジンはすべて8時間のベンチテストにかけられた後、6500rpmのレッドラインで数分間回される。4輪駆動で、発進から100km/hまで2.5秒で加速し、 200km/hまでは7.5秒、300km/hまでは16.7秒で加速が可能である。(ただし最高速に達するまでには11km、そこからのブレーキングに 500mが必要なため、最高速を出すには最低11.5kmの直線が必要になる。)最高速度は407km/hに達すると発表されている。燃料タンク容量は 100リッターで407km/hのトップスピード時の燃費は0.8km/Lで、12分後にはガス欠になる。この場合の走行距離はたったの80kmである。組み合わされる変速機は7段DSG。クラッチ操作を必要としないため、日本のオートマチック限定免許でも運転できる。 フルオートマチックモードとセミオートマモードが備わる。セミオートマモードのときはステアリングホイール裏側のパドルで操作する。エンジニアリングを担当したのはイギリスのリカルド社。

ヴェイロンで実際に407km/hを出すには、一旦停車して、ブレーキを踏んだ状態で専用のキーを運転席横のサイドシルに差し込まなければならない。これにより車高が最低位置まで下がり、リアウィングの水平からの角度が最低の2度まで下げられる。(215km/hで自動展開)リヤウィングが展開した状態では370km/hまでしか出せなくなる。

また、高速走行する際に車高とリアウィングを3段階調整することが出来る。車高はノーマルが120mmなのに対し、「ハンドリングモード」に切り替えると80mmになり、さらに「トップスピードモード」に切り替えると60mmにまで低くなる。ウィングは油圧式で最大でルーフを越えるまで上昇する。

2005年の東京モーターショーで生産型が正式に発表され、2006年6月からデリバリーが始まった。300台を上限として限定生産される。

たとえ300台を超える受注があっても増産する事は無く、受注が300台に満たない場合でも生産期間を引き伸ばす事は無いと言う。このうち日本への割り当ては5%の15台である。ただ、これはあくまで予定ということで、もし日本で15台を超える受注があった場合、世界全体の受注が300台に満たない状態であれば販売していくとの事。

ブガッティ社から指名された日本の正規発売代理店(アルピナの輸入先として知られる)ニコル・レーシング・ジャパンは車両価格1億6300万円(税込)で販売開始した。これは100台単位で生産される自動車としては世界最高額であるが、日本ではこれまで3度の値上げを経て、2007年7月以降の定価は1億9900万円(税込)となっている。最大の市場であるアメリカ合衆国でのメーカー希望小売価格は125万ドルである。

実際に購入するに当たって、ブガッティ社およびその車のイメージが崩される事を避ける為の審査が行われる。(投機目的、反社会的とされる職業の人は省かれる事がある)まず日本の代理店であるニコルレーシング・ジャパンが顧客の情報を事前に確認、問題は無いと判断された上、職業、購入目的等(審査がくだんの目的の為年収審査は存在しない)の情報をブガッティ本社に送り、社の基準に則した審査が行われ最終的に選定される。これらの審査を通過した時点で購入の事前確認が完了し、約5千万円の予約金を支払うと、航空券(ファーストクラス)を伴った招待状が届き、モールスハイムのブガッティ本社へ招待される。そこで車の内外装、他オプション等を決め、シートの形状、サイズ、位置などオーナーに合わせ、ブガッティ社の用意したテストコース(サーキットや公道など)で試乗をし、納車までの間に残りの金額を支払い最終的に納車となる。本社に行かずに日本で仕様を決めることも可能である。又購入した場合、顧客にはブガッティのオーナークラブへの入会資格があり、クラブではオーナー同士が400km/hオーバーを目指すレース等のイベントが行われる。

2007年、日本で新規登録されたブガッティは3台であった。

* 2007年9月13日 - アルティメィト・エアロ TT(Ultimate Aero) - Shelby Super Cars社(本社ワシントン州)…時速414.3キロ(ギネス登録)
* 2005年 - ブガッティ・ヴェイロン…時速407キロ(非公式)
* Koenigsegg CCR - ケーニグセグ(Koenigsegg) - スウェーデン…時速395キロ

スポンサーサイト
[ 2008/07/06 00:50 ] TOP GEAR | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。