スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

R'nessa 0'30"

トップページNISSANカテゴリーR'nessa ______CM.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
日産・ルネッサ(R'NESSA)は日産自動車で生産されていたステーションワゴンである。

ルネッサは日産ではマルチ アメニティー ビークル(MAV) と呼んでいた。コンセプトは「人間中心」、キャッチフレーズは「パッケージ ルネッサンス 、車輪の上の自由空間。」であった。車名もルネッサンスに掛けたもの。

もともと米国カリフォルニア州向けの電気自動車である、アルトラEV (Altra EV)の副産物ともいえるクルマで、2800mmにも及ぶ長大なホイールベースや、二重構造の床なども、全て電池の搭載を考慮したものである。

二重底のため室内床面は非常に高く、室内高は不足気味で、やや寝かせた、足を投げ出す着座姿勢とすることで居住空間を捻出している。このため、乗降性は決して良いとはいえない。また、後席には57cmものロングスライドが与えられており、前席とのヒップポイント間寸法は最大で1mを超える。この前後長を生かし、一部グレードの前席は回転対座式となっている。

アルトラEVと、1998年に日本国内で販売されたルネッサEV(EVN30型)では、床下に12個のソニー製リチウムイオン電池を格納する。一回の充電時間は約5時間で、航続距離は10・15モードで230km、充放電サイクルは1000回以上、重量は360kgとなっている。モーターはトヨタ・プリウスが採用した誘導モーターでは無く、ネオジム磁石を用いた62kWの同期モーターとされ、小型で許容回転数を16000rpmと高めることで効率を改善している。充電方法は、北米のインフラに合わせたインダクティブ式を採用している。

販売的には成功しなかったが、SUVのように地上高を高めに設定してあるので、一部のユーザーから人気があった。別冊宝島の某自動車雑誌では、相当な酷評を受けた事でも知られている。

* 1997年10月 - 発売。
o ステーションワゴンとミニバンを両立させたスタイルで、後部座席が前後にスライドできるようになっている。

o 搭載するエンジンは全て直列4気筒DOHC。2.0リッターSR20DE型、2.0リッターターボ付SR20DET型、および2.4リッターKA24DE型。

* 1998年5月 - ルネッサEVを発表。
* 1998年6月 - ルネッサをベースとしたミニバン、プレサージュ(初代)を発表。
* 1999年5月 - ルネッサをベースとするメタノール改質式の燃料電池車の走行試験を開始。
* 2000年1月 - マイナーチェンジ。

o 内外装の意匠変更の他、SR20DE型エンジン搭載モデルのトランスミッションが無段変速機となった。

* 2001年7月 - 販売不振により、生産終了。総販売台数は約37,000台。

CM
* CM出演者は江川卓、内藤剛志、桑名正博の3人。
内藤と桑名は息子、江川は娘を持っているという設定だが、実際の内藤には息子はおらず、娘が一人いる。

スポンサーサイト
[ 2008/07/02 10:07 ] NISSAN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。