スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Top Gear Changes Lada into Sportcar 7'27"

トップページTOP GEARカテゴリーTop Gear Changes Lada into Sportcar Top_gear_changes_Lada_into_Sportcar.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
旧ソ連で販売されたいたラーダ。この車をロータス専門のチューンドショップにもって行き、どこまで早い車に仕上げられるか?というのが今回の企画。完成度はかなり高いぞ!この車だったら欲しくなるかも・・・

ラーダ(LADA;ロシア語:ЛАДАラーダ)は、ロシアの自動車メーカーのアフトヴァーズ(ヴォルガ自動車製作所、AvtoVAZ)社が生産している自動車の国外向けブランドである。国内向けには「ジグリー」ブランドで展開している。

1977年に発売されたクロスカントリータイプの「ニーヴァ」は、1980年代から日本にも輸入されていたことがあり、根強いファンがいる。

AVTOVAZは2001年にGMとの合弁会社GM-AvtoVAZを設立した。そして、GMとの共同開発により2003年にニーヴァが全面改良されて「シボレー・ニーヴァ」として発売された(なお、旧型のニーヴァも引き続きラーダブランドで販売されている)。GM-AVTOVAZではこのほかに「シボレー・ヴィヴァ(Chevrolet Viva)」(一世代古い「アストラ」)も製造している。

また、2004年にはBセグメントの小型車「ラーダ・カリーナ (Lada Kalina)」が発売され、2006年に西欧への輸出が計画されている。ソ連時代から生産されていたが、現在は韓国のGM大宇と合同で開発を行っている。合同開発以降品質と安全性は向上し、2007年に発売された「サマーラ」の後継車種である「プリオラ」はほぼ欧州の安全及び環境レベルに達し、総合性能でも韓国車に勝るとも劣らない性能を持っている。

新型のラーダは西欧の乗用車に見劣りしないデザインとなっているが、旧ソ連圏では旧ソ連製品への嫌悪から、相変わらず「悪い車」の代名詞になってしまっている。しかしながら、価格の安さと整備性(構造が単純なため、壊れてもすぐ直せる)によって、現在も非常に多くの新・旧ラーダが旧ソ連圏や東欧で使用されている。また、旧型車も依然として生産されている。

LADA RIVA
ラダ・リヴァ(LADA RIVA)は1980年に導入されて、 サロンと ステーションワゴン用紙の ラダブランドの下で販売された ロシアのメーカー AvtoVAZからの中型のファミリーカーです。それはいくつかの(すべてでない) 欧州諸国の ラダNovaとして カナダの ラダ1500と ラダSignetとして売り出されました。 ブラジルで、 ラダライカ犬としてそれを販売しました。

1980年に導入しますが、リヴァの起源は、より古いです: それは Fiatの124ベースの ラダType VAZ-2101/"Zhiguli" サロンのモデルチェンジされたバージョンです。(それは、1970年に導入されました)。リヴァ自身がVAZ-2105(ベースサロン)、VAZ-2104(地所)、およびVAZ-2107として公式に任命される、デラックスである、サロン、 BA3-2105(VAZ-2105)、BA3-2107(VAZ-2107)、'Pyatyorka'('Five')または Semyorka('Seven')として時々知られている( 東欧圏国で)大きいクロム格子で。ロシアでは、VAZ-2105、VAZ-2104、およびVAZ-2107が異形よりむしろ異なった車であると考えられます。それにもかかわらず、それらのすべてがVAZ-2101'Kopeika'などの、より年取ったモデルに伴う単独の'Klassika'('古典的')の家族に非公式に含まれています。

機械的に、第一世代VAZ-2101モデルには、車は実際には同じです、後輪の上のFiatによって派生させられたエンジン、トランスミッション、すべてが一周させる コイルバネのサスペンション、およびアルミニウムドラムブレーキを特徴として。 主要な機械的な変化はただ一つのポイント 燃焼室への燃料噴射と 触媒コンバーターが放出法律について行く試みで指定された1990年代に来ました。

安全と放出法律をきびしくするのは1997年までにほとんどの西洋のヨーロッパの市場から引き下がるリヴァに通じました、それがまだ生産ロシアのAvtoVAZ工場で中ですが。 2005年に、地所モデルの生産は Izhによって引き継がれました、 Bogdan Groupの LuAZプラントにアセンブリを移す前に。 2107年のモデルがAutoVAZにあるだけではなく、まだ生産、 ウクライナの ZAZ工場、および エジプトの 鈴木の工場にもあります。

イギリスでは、ラダ・リヴァが販売で最もポピュラーな予算提供のひとりでした。 spartan内部、時代遅れのスタイルの、そして、時代遅れの版下台紙は実際に フォードSierraなどのマーケットリーダーの同様サイズの製品の買い手を決して対象にしなかったことを意味しました。, ボクソール騎士と オースチンモンテゴ。 それは シュコダのような造からの仲間 東ヨーロッパの、そして、 極東の車のための競争相手でした。, Yugo, FSOと ヒュンダイ。売り上げは初めは非常に強かったです、ラダが1987年に初めてイギリスの車の売上表で2万マークを通過していて。競争の残りが、より現代のデザインを思いついていた時の変化の不足はリヴァの財産に不利となりました、そして、リヴァは1990年代前半にまだよく売れていましたが、販売は下がりました。より厳しい放出規則に車を適合させる必要性に結合されています、1997年にイギリス(ラダ範囲の残りに伴う)から引き下がって、これはそれに通じました。

モデル異形はリヴァSignet、リヴァ1200、リヴァ1300、リヴァ1500、およびリヴァ1600を含んでいました、きちんとしたレベル「E」と「L」で。 Turboは、モデルラダ2107Turboが フィンランドで販売されたと宣言しました。

エジプトでは、オモールForeign Trade社とラダの親会社AvtoVAZが2000年に 北部のアフリカの市場にラダスを集まらせる合弁事業協定に調印しました。 しかしながら、彼らにそれら自身の工場がなかったとき、スペースは カイロの地方の 鈴木プラントで2107年の リヴァのバージョンを組み立てるのがわかりました。 2006年の時点で、生産は 鈴木で生産されるのに 2110、追加モデル、続きました。 プランは、別々の工場が今年ラダの生産のためにエジプトにオープンするように進行中です。

スポンサーサイト
[ 2008/06/23 10:41 ] TOP GEAR | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。