スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Isuzu in Joe Germany 0'29"

トップページISUZUカテゴリーIsuzu in Joe Germany Joe_Isuzu_in_Germany.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ジェミニ (Gemini) は、1974年から2000年までいすゞ自動車で製造(3代目まで)・販売されていた乗用車である。1993年からは、OEM供給による販売となっていた。

概要
初代「PF型」は、提携先のゼネラルモーターズ (GM) の「ワールドカー構想」に基づく世界戦略車のひとつ、「Tカー」であった。オペル・カデットをはじめとして各国で姉妹車が生産されていた。

2代目「JT0型」と3代目「JT1型」は、GMの「Rカー」としてOEM生産(相手先ブランド供給)を視野に入れ自主開発されたモデル。特に2代目は、いすゞの乗用車史上最大の販売台数を記録。しかし、3代目へのモデルチェンジでは一転して販売台数が低迷した。

業績悪化により4代目以降は自社開発を断念、ホンダのOEM供給を受けることとなり、供給モデルの絶版に伴い5代目で販売を打ち切った。

2代目(JT150・190・600)
2代目は1985年5月、発売された。型式名は1985年に登場した1500ccガソリン車がJT150型、1988年に登場した1600ccDOHCガソリン車がJT190型。そして1500ccディーゼルと1500ccディーゼルターボ車はJT600型。

GMの世界戦略車構想の「Rカー」として、「クオリティ・コンパクト」というコンセプトで、いすゞが単独開発した(Rカーは1984年11月よりGM向けに供給を開始)。駆動方式は前輪駆動を採用。当初は初代(PF60型)の「ZZ」が併売されていた関係で、「FFジェミニ」と称していた。ボディサイズは小型車クラスから大衆車クラスへとサイズダウンされた。

117クーペ以来17年ぶりのいすゞオリジナル設計の乗用車で、モデルチェンジにあたり、アスカとの競合を避け、なおかつ米国市場をも意識して初代より一回り小型のクラス(現在のBセグメント)をターゲットとし、居住性と取り回しの良さを得るためにFF化、パワーステアリングやサーボブレーキなど特に操縦性を重視した設計とされた。このコンセプト内容は、かつて次期ベレット構想時にも検討されていた。

ボディデザインは有名デザイナーのジウジアーロが手がけた。ボディタイプは4ドアセダンと、先代の2ドアクーペに代わって3ドアハッチバックが設定された。

1987年2月に1回目のマイナーチェンジ。特に大きな変更を受けたのはフロントマスクで、サイドマーカーをサイドに回りこませた、通称「つり目」といわれるフォグランプ一体の異型ヘッドライトを採用、同時にグリル形状も変更された。室内も見直しが行われ、インパネやクラスタースイッチの形状変更などが行なわれた。

また、これと同時に先代ジェミニ(PF60型)の製造が終了。差別化の為に付いていた「FF」と言う冠が取れ、「ジェミニ」になった。

1986年には専用の電子制御式ターボ付き1500ccガソリンエンジン「4XC1-T型」を搭載し、足回りを旧・西ドイツのイルムシャー社がチューニングした「イルムシャー」仕様が登場。

1988年 には、1600ccの4バルブDOHCエンジン「4XE1型)を搭載し、足回りを英国のロータス社がチューニングしてBBSホイールをオプション設定(ZZ-SEのみ標準装備)した「ZZハンドリング・バイ・ロータス」仕様が追加された。のちに同じエンジンを搭載した1600cc「イルムシャー」も追加される。

「イルムシャー」は高い走行性能を有するヨーロピアン・スポーツ車として、「ZZハンドリング・バイ・ロータス」は高性能ながらも落ち着いた操縦性を有するラグジュアリ・アダルトスポーツ車としての性格付けがなされていた。また、いずれも前席にレカロ社製のセミバケットシートを標準装備していた。

そして1989年2月に2回目のマイナーチェンジ。サイドマーカーの位置がフェンダー部分に変更され、セダンのみ後ろ周りのデザイン変更が行われ、ナンバープレートの位置が、トランクリッド部分からバンパー中央部分に移動されている。

2代目はトヨタ・カローラや日産・サニーなど、強力な競合車種が存在する大衆車クラスに変更された関係で、当初は販売面が憂慮された。しかし、「街の遊撃手」というキャッチコピーそのままに、ジェミニがパリの街並みを踊るように駆け抜けていくテレビCMが評判を呼び(当時の世界最高レベルのカースタント技術が使われていた)、カラーバリエーションも豊富で、一時は月間販売台数でカローラを抜くほどの販売台数を記録した。

2代目の総生産台数は 748,216台(いすゞHPより)。

グレード
グレード展開は当初「C/C」を基本グレードとして、実用仕様の4ドア「T/T」と3ドア「D/D」の実質2種類だった。その後、スポーツモデルの「イルムシャー」、「ZZハンドリング・バイ・ロータス」が追加。また、1988年には「C/C」の上級モデルの「G/G」が追加された。

他にも「パティオ」、屋根がキャンバストップになった「C/Cユーロルーフ」、レカロシート装備のターボディーゼル「S/S」、特殊架装のピックアップモデルである「ドゥエドゥ」、ガソリン・ディーゼル共にNAVi5モデルなどが設定されていた。

機構
駆動方式は前輪駆動を採用している。

搭載されたエンジンは1500ccSOHCの4XC1型および同ターボ付の4XC1-T型、1600ccDOHCの4XE1型、1500ccディーゼルの4EC1型および同ターボ付の4EC1-T型。

組み合わされるトランスミッションは当初、5速MTと3速ATでスタートしたが、1986年にコンピューター制御の5速オートマチックであるドライビングロボットこと「NAVi5」を搭載したモデル車が登場した。

サスペンションは四輪独立操架で、前輪にマクファーソンストラットコイル式、後輪にコンパウンドクランクコイルを採用。また、スポーツモデルの「イルムシャー」仕様にはメーカーオプション扱いでビスカス式LSDの装備も可能だった。

ステアリングはラック・アンド・ピニオン式。パワーステアリング仕様も選べた。また、ブレーキには全車サーボが標準装備されたのも特徴の一つである。

初期型
1985年5月 フルモデルチェンジで2代目が登場。1500ccガソリン車(JT150型)のセダンとハッチバックが登場。先代ジェミニ(PF型)の一部モデルが継続販売であった為に「FFジェミニ」と言う名称で販売が開始された。
1985年11月 1500ccディーゼルターボ車、1500ccディーゼル車(共にJT600型)のセダンとハッチバックが登場。
1985年12月 セダン及びハッチバックの「C/C」が、日本産業デザイン振興会主催の1985年度グッドデザイン賞商品に選出された。
1986年1月 特別仕様車「ホワイト・ジェミニ」を限定発売。
1986年2月 特別仕様車「ブラック・ジェミニ」を限定発売。
1986年3月 特別仕様車「ブライトスプリング・ジェミニ」を限定発売。
1986年4月 一部改良で同時に1500ガソリン車のセダン及びハッチバックに、コンピューター制御の5速オートマチック「NAVI-5」搭載モデルが追加。
1986年5月 1500ガソリン車に、インタークーラー付きターボエンジンを搭載したのセダン及びハッチバックの「イルムシャー」(JT150型)を追加。
1986年7月 「C/C」ベースの特別仕様車「サマー・ジェミニ」を限定販売。
1986年9月 特別仕様車「ホワイト・ジェミニ」を限定発売。
1986年12月 「C/C」ベースの特別仕様車「ウインター・ジェミニ」を限定販売。

中期型
1987年2月 マイナーチェンジ。ヘッドライトの形状が変更され、同時にグリル形状やテールレンズも変更。室内もインパネやクラスタースイッチの形状が変更された。
1987年3月 いすゞ自動車創立50周年特別記念車として特別仕様の「C/C」を限定発売。
1987年4月 セダンの1500ccガソリン/ディーゼル車に「パティオ」を追加。通販会社ディノスと提携した専用モデルの「ディノス」を限定発売。グレード名は「E/E」(セダン「T/T」とほぼ同仕様)。
1987年5月 1500ccガソリン車のセダン及びハッチバックに「ユーロルーフ」モデルを追加。1500ccガソリンターボ車に特別仕様車として「イルムシャーRS」を台数限定発売。
1987年6月 1500ccガソリンターボ車のセダン及びハッチバックに、競技用ベース車両で時計、オーディオ、ホイールキャップ等の装備が省略された「イルムシャーR」を追加設定。同月、いすゞ自動車創立50周年特別記念車の第2弾として特別仕様の「C/C」と「イルムシャー」を限定発売。
1987年7月 1500ccディーゼルターボ車のセダン及びハッチバックに「NAVI-5」搭載モデルが追加。
1987年8月 「C/C」ベースの特別仕様車「サマー・ジェミニ」を限定発売。
1987年9月 1500ccガソリンターボ車に特別仕様車として「イルムシャーRS」を200台の台数限定発売。
1987年11月 特別仕様車「ハイクオリティ・ジェミニ」を限定発売。
1988年2月 「NAVI-5」を一部改良。
1988年3月 1600ccのDOHCガソリンエンジン搭載車「ZZハンドリング・バイ・ロータス」(JT190型)を追加。1500ccガソリン車のセダンに「C/C」の上級グレードとして「G/G」を追加。
1988年4月 「C/Cユーロルーフ」ベースでバンパーやサイドプロテクターなどがシルバー(ベース車は素材色)に塗り分けられた2トーンカラーの特別仕様車「C/C-SE・スプリングキュート」を限定発売。
1988年5月 前年に限定発売した「ディノス」が、通販会社「ディノス」でのカタログ販売専用モデルとして追加。
1988年6月 1600ccガソリン車に「イルムシャー」と受注生産の「イルムシャーR」を追加。特別仕様車「クールサマー・ジェミニ」を限定発売。
1988年9月 特別仕様車「オータムエレガント・ジェミニ」を限定発売。

最終型
1989年2月 マイナーチェンジ。外観の変更を行う。特別仕様車「スプリングフィット・ジェミニ」を限定発売。
1989年6月 1500ccガソリン車のセダンに「G/Gリミテッド」を追加。
1989年7月 1600ccガソリン車のセダンに「ZZ-SEハンドリング・バイ・ロータス」を追加。
1989年9月 特別仕様車「オータムフィット・ジェミニ」を限定発売。
1989年11月 特別仕様車「ウインターフィット・ジェミニ」を限定発売。「イルムシャーRS」を台数限定発売。
1990年1月 C/Cベースの特別仕様車「ウインター・ジェミニ」を限定発売。
1990年3月 販売終了。3代目にバトンタッチ。

スポンサーサイト
[ 2008/06/13 15:48 ] ISUZU | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。