スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Chaser 1980 CM 0'30"

トップページTOYOTAカテゴリーChaser 1980 CM 1980_TOYOTA_CHASER_ad.jpg

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
ボディやエンジンは上記の2車と基本的に共通している。ノーマルグレード名はX60系から「アバンテ(Avante)」で、スポーツグレードはX70系~X80系までは「GT」、90系からは「ツアラー(TOURER)」である。生産は1977年から2001年(X30/40系~X100系)。のちにクレスタと統合してヴェロッサとなった。

2代目(X60系)1980年 - 1984年
1980年10月登場。ビスタ店向けに開発されたクレスタも加わりマークII3兄弟と呼ばれるようになった。

2ドアハードトップは消滅し、4ドアセダンと4ドアハードトップのみとなる。この代から最高級グレードとして、ハーダーサスペンション・ミシュランタイヤなどが奢られた「アバンテ」を設定するなど、先代からスポーティー路線を昇華させた。デザイン面でマークIIとの大きな差別化が初めて図られているが、フロント・リアのデザインが違う以外はマークIIと全く同一であった。

前期型のキャッチコピーは「いま、高級車もフットワークだ。」「洗練のスポーティーサルーン」。CM曲にはビートルズ「プリーズ・プリーズ・ミー」を弦楽演奏にアレンジしたものが使われた。ちなみにこの曲は後に同社オーリスのCMでも、また別の曲調にアレンジしたものが使われた。

TVドラマ「太陽にほえろ!」の劇中車では前期型の「セダン・SGツーリング」のワインレッドが使用された。1981年2月~10月の期間。

1982年8月 マイナーチェンジ。マークII/クレスタと共にツインカム24車を設定する。このマイナーチェンジから2年間、CMキャラクターに俳優の夏木陽介を起用し、カタログにも登場した。

車名の由来
英語で「追跡者・狩人」という意味。グリルエンブレムに弓矢の絵が入っている。 対抗車種であった日産・スカイラインを「追いかける」という意味も含まれているという説もあるが、定かではない。

スポンサーサイト
[ 2008/05/21 20:04 ] TOYOTA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。