スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Celica 1987 Ad 0'30"

トップページTOYOTAカテゴリーCelica 1987 Ad 1987_TOYOTA_CELICA_Ad.jpg

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
セリカ (Celica) は、トヨタ自動車が生産していたクーペ型スポーツカーである。トヨタカローラ店にて販売されていた。

4代目 ST160/AT160系(1985年-1989年)
1985年8月、4代目にモデルチェンジし前輪駆動への大変革となった。FFコロナ/カリーナのフロアパンをベースにしているため、型式も「T」となり、セリカにはコロナクーペとカリーナEDという姉妹車も生まれた。スタイリングは、トヨタでは流面形と呼ぶラインを採用し、その後のトヨタ車にも影響を与えた。

1986年にはトヨタ初のベベルギア式フルタイム4WDである排気量2000ccのGT-FOUR(ST165型)が満を持して登場した。

1987年8月のマイナーチェンジでは2000cc・16バルブ(3S-FE)車が追加。1600ccDOHC(4A-GE)車は廃止。同時にGT-FOURの4WDシステムがビスカスカップリング式に変更された。

1987年10月にはトランクルームを持つ専用ボディーのコンバーチブル(ST162C型)が日本でも正式にラインナップに加わり、3S-FEエンジンを搭載して発売された。コンバーチブルは米国のASC(アメリカン・サンルーフ・コーポレーション=現アメリカン・スペシャリティ・カーズ)によってオープン化改造を行っており、太平洋を往復する生産ラインが後のモデルのコンバーチブルでも継承されることになった。

1988年5月には1800cc車もDOHC化(4S-Fi)されこれでセリカ全車がDOHC化される。

WRCでは、グループBが廃止された後、1987年にトヨタチームヨーロッパ(TTE)はスープラ(前期型・7M-GTEUを搭載し最高出力410ps)にて参戦、しかし成績は芳しくなかった。TTEはグループAで勝つために、5000台の販売規定をクリアした1988年から、ST165型をベースとし、X-TRAC製6速ミッションを搭載したGT-FOURを投入した。そして1990年に、カルロス・サインツの手によって、日本車初のドライバーズタイトルを獲得することとなった。

4A-GE型エンジンを搭載した廉価版も用意されていた。

車名の由来
「天上の、空の、神々しい」という意味のスペイン語のcelicaより。

スポンサーサイト
[ 2008/05/13 20:42 ] TOYOTA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。