スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Acura RSX 0'30

トップページACURAカテゴリーAcura RSX Acura_RSX.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
アキュラ RSXの情報がない為、日本で発売されているアキュラ RSXと同車種のインテグラの情報を一緒に掲載させて頂きました。

アキュラ(ACURA、Acura) は、本田技研工業が北米を中心に展開している高級車部門・ブランドである。

概要
ホンダは、1959年に販売会社であるアメリカンホンダを設立して以来、シビックやアコードなどの成功により、北米でのシェアを徐々に拡大してきた。そこで、より富裕層へのアプローチを進めるべく1986年にアメリカ、カナダ、香港において展開を開始したのが、アキュラである。開業当初のラインナップは、レジェンド(Legend)とインテグラ(Integra)であった。1990年には、フェラーリやポルシェと競合し得るスポーツカー、NSXが発売された。

日本の自動車会社が高級車ブランドを創設した最初の事例であり、その成功の後にはトヨタ自動車のレクサス(Lexus)や、日産自動車のインフィニティ(Infiniti)などが追従した。2004年11月30日にメキシコ、2006年9月27日に中国本土でも開業した。

名称は「Accuracy(正確さ)」を連想させる造語であり、アルファベット順に並べた場合に、他のどのブランドよりも先頭にくることが考慮された結果だとも言われる。エンブレムはカリパス(ノギス)を象ったものに手を加えて「Aマーク」と見えるようにしたものである。 当初は、「アキュラ・レジェンド」、「アキュラ・ビガー」など、同型車がホンダブランドで発売される際と同一の名称が使用されていたが、現在では全車がアルファベット2文字、ないし3文字の名称に変更・統一されている。「レジェンド」「インテグラ」など、当時アメリカの消費者にも広く浸透していた名称の変更には賛否両論があった。

前輪駆動車や直列4気筒エンジン搭載のモデルなどをラインナップする(V型8気筒エンジンを持たない)など、北米で展開する高級車ブランドとしてはやや異例であるが、ホンダの持つ好評(品質・信頼性、安全、スポーティさなど)に、適度な高級感・上質感が加味した商品構成で好調な販売を維持している。北米におけるブランドイメージは、フォルクスワーゲンの高級車部門であるアウディと同等であるとされる。

2006年、アメリカ合衆国における販売台数は201,223台であった。そのうち約13万台は北米現地生産車であり、レクサスやインフィニティと比較して日本製の割合が低い。

日本国内での販売計画
2008年秋からの日本国内展開が予定されていたが、2年程度延期した2010年以降の開業とすることがホンダ社長の年央会見(2007年7月18日)で発表された。当初の計画は、スポーティーモデルを中心に4―5車種を投入し約100店舗を開設するというものであった。既存の販売会社には高級車系列としてのアキュラ店の開設が促されていたが、日本国内新車販売の長期低迷を受けての計画変更がなされたという。

有害物質の排出量をガソリン車並みに抑えた低公害型ディーゼルエンジン搭載車や、高級スポーツカーNSXの後継車種などが取り扱い予定車種として明らかにされている

現行車種2008年5月現在
アメリカ合衆国
RL(最上級セダン、日本では「ホンダ・レジェンド」の名称で販売)
TL(ミドルサイズセダン)
TSX(スモールセダン、日本と欧州で販売される「ホンダ・アコード」をベースとする)
MDX(最上級SUV)
RDX(ミドルサイズSUV)

カナダ
RL
TL
TSX
CSX(コンパクトセダン、カナダ専売、日本名:ホンダ・シビック)
MDX
RDX

メキシコ合衆国
RL
TL
MDX
RDX

中華人民共和国
RL
TL
MDX

中華人民共和国 香港
RL

廃止車種
ビガー(1995年TLへ移行)
レジェンド(1996年RLへ移行)
SLX(いすゞ・ビッグホーンOEM車両、日本名:ホンダ・ホライゾン、1999年廃止)
インテグラ(2002年RSXへ移行)
CL(Honda Accord Coupe姉妹車、2003年廃止)
EL(Honda Civic Sedan姉妹車、日本名:ホンダ・ドマーニ、カナダ専売、2005年CSXへ移行)
NSX(2005年廃止)
RSX(日本名:ホンダ・インテグラ、2007年廃止)

ホンダ・インテグラ (INTEGRA)は、本田技研工業が生産・販売していた乗用車である。通称:「インテ」。小型のFFクーペ及びハードトップで、ホンダの代表的スポーツカーとしてジムカーナやサーキットなどの場において親しまれた。

4代目(2001-2006年 DC5型)
# 2001年7月2日デビューの4代目インテグラはEU/EP型シビックと車台を共有し、このモデルと同時期に絶版となったプレリュードと統合された形になった。そのため、ボディタイプは4ドアハードトップが廃止され、3ドアクーペのみになった。エンジンはK20A型 2,000cc DOHC i-VTECである。全幅1,725mmまで拡大されたため、3ナンバーとなった。グレードは標準グレードである「is」とハイパフォーマンスモデルである「タイプR」を設定。エンジン馬力は「is」は160PS、「タイプR」は220PSである。また、トランスミッションは「is」が5速マニュアルまたは5速オートマチック、「タイプR」が6速マニュアルを使用する。アメリカではアキュラ・RSXの名で販売されている。

2004年9月16日のマイナーチェンジ時には、「is」に変わり「タイプS」が設定されたほか、通称涙目のライトの廃止や、ボディーカラーの追加変更、盗難対策としてイモビライザーが標準装備された。 2006年4月、クーペ型乗用車市場低迷の影響を受け、国内での生産中止を発表。

現在でも中古車の人気車種として、特にタイプRは新車価格とさほど変わらない価格で取引されている。しかし、そのことが災いして、2007年にホンダお膝元である埼玉県、栃木県を中心に「タイプR」ばかりを狙った連続盗難事件があったことが判明。盗まれた車は約100台。中古販売業者に売りさばかれていたが、強盗団(20代の男性7人)は2008年2月に逮捕された。また3代目タイプR(DC2)とあわせ、4代目DC5も発売当初から盗難件数が多い事から、自動車保険の車両料率クラスはNSX、GT-R、フェラーリなどの高級スポーツカーと同じ最も高額な9クラスである。

integraは「統合する、完全なものにする」を表すIntegrate(インテグレート)から作られた造語である。この車名は1982年7月発売の二輪車・ホンダ・CBX400Fインテグラで初めて採用され、その後、CB750F、CBX550F、VT250F、MBX80、VF400Fとフルフェアリング標準装備各車に採用されていた。

モータースポーツへの取り組み
従来、モータースポーツ活動は、「アキュラ・スパイスSE90CL」(NSXのエンジンを搭載し、1991年より2年間IMSAシリーズのキャメル GTP Light クラスに参戦。ドライバーズ,マニュファクチャラーズの両タイトルを2年連続で獲得)等での参戦があった程度で積極的に行われていなかったが、2007年よりアメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)のP2クラスにおいて、エンジン(V8 3,400cc NA)や車両(COURAGE LC75ベースのAcura ARX-01a)の開発及び供給を行なっている。なおオペレーションは、現在ホンダブランドでインディ・レーシング・リーグ(IRL)へのエンジン供給を行っているホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント(HPD)が担当する。

スポンサーサイト
[ 2008/05/04 19:32 ] ACURA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。