スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

MR2 CM 1984 0'30"

トップページTOYOTAカテゴリーMR2 CM 1984 Toyota_MR2_commercial 1984.jpg

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
初代 W10系(1984年-1989年)
1983年の東京モーターショーで発表されたSV-3の市販車で、日本車初のミッドシップエンジン車である。ショーモデルであるSV-3からリアスポイラーの形状変更、デジタルメーター、Tバールーフの非装備など若干の仕様を変更して1984年6月に販売が開始された(タカラのチョロQはSV-3当時の意匠が再現されている)。製造はセントラル自動車。1984年度の日本カーオブザイヤー受賞車である。

安価で量産性を高めるため、足回りとエンジン、ミッションは既存の前輪駆動車(E80系カローラ)を流用し生産された。同様な成り立ちのイタリア・フィアット社のX1/9(こちらのベースモデルはFIAT社初の前輪駆動モデルである128〈X1/1〉)やアメリカ・ゼネラルモーターズ社のポンティアック・フィエロを参考にして作られたという逸話もある。運転席及び助手席の後ろにエンジンがあるということから『かちかち山』と呼んでいた人もいた。

また、開発時期が英国ロータス社と技術提携していた時期であり、一部ではロータス社が設計した車両をトヨタが生産性を考慮して再設計したもの、と噂された(当時のロータス社でのコードネームはM90/X100とのこと)。

確かに当時、ロータス社が4A-GE型エンジンを搭載した車両を発表する予定はあったが、実際計画されていたのはロータス・エラン後継車種でフロントエンジン・リアドライブであったとされる。

1986年にはマイナーチェンジを行い、スーパーチャージャーやTバールーフの装備車が設定された。

当然といえばそれまでだが、AW型は全車パワーステアリングの設定がない。据え切りこそ重いと感じるが(そもそも据え切りを行うか、というのは別問題)、走り出してしまえばノンパワステである事は感じさせず、路面状態を忠実にドライバーに伝えてくる。ただし、高速度領域ではそのフロント周りの軽さから恐怖を感じることもある。

またWRCのグループSの車両として3S-GTEを積み(初期は横置きだが後期では縦置き)4WD化された車両も計画されていたが、参戦前にグループS自体が無くなってしまったため、参戦することは無かった。

MR-Sの登場と前後して、再度注目を集めることとなったが、元々の台数の少なさ故に人気が爆発ということはなく、中古車価格は一定の相場で推移している。トヨタからの部品供給も(加工や流用などで対応できる部品を除いて)現時点では問題なく行われている。

グレード構成
S
G
G-Ltd
Sは3A-U型1500ccエンジン、G、G-Ltdは4A-GE型1600ccエンジンをそれぞれ搭載。Sのみ型式名がAW10、GとG-LtdはAW11。GおよびG-Ltdには、Tバールーフ装着車及びスーパーチャージャー装着車(4A-GZE型1600ccエンジン搭載)を設定。

マイナーチェンジによる差異
前期
標準車のバンパー・スポイラーがブラックアウトされている。
車重は1トン以下であり、自動車重量税が安い。

後期
フロントスタビライザー径の拡大。
リアサスペンションの容量が拡大され、乗り味が洗練される。
G系のブレーキディスク径の拡大(キャリパーは前後期とも共通)。
オーディオが2DIN対応となり、灰皿の場所やドアトリムなど、内装の意匠が変更される。
S/Gグレードのサイドステップを除くエアロ類がカラード化。
テールランプ内の反射板が円から四角になる。
右サイドエアインテークの形状変更。
リアサスペンション小変更(容量アップ)。
ドア内装デザイン変更。
側面衝突安全基準の問題でサイドドアインパクトビームが内蔵され、Sグレード以外は車重が1トン超となる。

発売された特別仕様車
1985年1月~ ホワイトランナー
ボディ色 スーパーホワイトII
デカールによるシルバーの二本ライン
バンパー、リップスポイラー、ドアミラー、マッドガードをボディーと同色化
シートを黒と赤のツートンカラーへ変更
パワーウインドウ及び電磁ドアロック、フロントブロンズガラスを装備。
1986年1月~ ブラックリミテッド
ブラックメタリックの専用ボディ色
フロントとリアスポイラー、マッドガードボディーと同色化
専用のプロテクションモール
ライトグレーの専用シート表皮
専用のステアリング、シフトノブ
1988年1月~ スーパーエディション
ホワイトとベージュメタリックのツートンの専用ボディ色
ドアノブをボディ同色に
カラードリヤマッドガード
カラードアルミホイール
フロントブロンズティンテッドガラス
一部が本革のシート、本革巻きシフトノブとパーキングレバー
MOMOの本革巻ステアリングを装備
1989年1月~ スーパーエディションII
ブラキッシュブルーマイカの専用ボディ色
カラードリヤマッドガード
レカロシート
MOMO製の本革巻ステアリング
本革巻シフトノブ、本革巻パーキングレバー
専用ドアトリム、フィン付きフロントワイパーを装備
注釈
1. ただしターマックは勿論、雪上やダートトライアル等の競技においても一定以上の成績を残しており、許容範囲か否かは議論が分かれると言える。
2. このモデル以降採用された3S-GTEエンジンのシリンダーブロックはとても頑丈で、最高出力600psに達するような改造車両でもそのまま使用されていた。

車名の由来
「Midship Runabout 2seater」ミッドシップ・ランアバウト(ラナバウト)・2シーター(ツーシーター)の頭文字から創作された造語。エムアールツーと読む。

初代の登場以降、MR-2などと常に誤った解釈をする人間が後を絶たない事でも知られる。正しくはMR2であり、ハイフンは入らない。ただし、後年販売の後継車のMR-Sには車名にハイフンが含まれ、幅広い層から混同および誤認を招く原因となっている。

型式の一覧
AW10 3A-Uエンジン搭載車(国内仕様・右ハンドル)
AW11 4A-G系エンジン搭載車(共通仕様・左右ハンドル)
SW20 3S-G系エンジン搭載車(国内仕様・右ハンドル)
SW20 3S-GEエンジン搭載車(2.0L自然吸気エンジン搭載・輸出仕様・左右ハンドル)
SW21 5S-FEエンジン搭載車(2.2L自然吸気エンジン搭載・北米輸出仕様・左ハンドル)
SW22 3S-GTEエンジン搭載車(2.0Lターボエンジン搭載・北米輸出仕様・左ハンドル)

スポンサーサイト
[ 2008/05/02 07:26 ] TOYOTA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。