スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Isuzu Gemini Ad 1982 0'30"

トップページISUZUカテゴリーIsuzu Gemini Ad 1982 1982_ISUZU_GEMINI_Ad.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
初代「PF型」は、提携先のゼネラルモーターズ (GM) の「ワールドカー構想」に基づく世界戦略車のひとつ、「Tカー」であった。オペル・カデットをはじめとして各国で姉妹車が生産されていた。

2代目「JT0型」と3代目「JT1型」は、GMの「Rカー」としてOEM生産(相手先ブランド供給)を視野に入れ自主開発されたモデル。特に2代目は、いすゞの乗用車史上最大の販売台数を記録。しかし、3代目へのモデルチェンジでは一転して販売台数が低迷した。

業績悪化により4代目以降は自社開発を断念、ホンダのOEM供給を受けることとなり、供給モデルの絶版に伴い5代目で販売を打ち切った。

初代(PF50型、PF60型、PFD60型)
1974年11月登場。形式名は1974年に登場した1600ccガソリン車がPF50型、1977年に登場した1800ccガソリン車がPF60型。そして1979年に登場した1800ccディーゼル車がPFD60型となっている。

GMがベレットの生産継続を主張したのに対し、いすゞは市場性の見地よりモデルチェンジを要望、その結果、オペル・カデットを原型とするGMの世界戦略車構想の「Tカー」をベースにする事が決まった。

ボディーサイズは、カデットをベースにした為べレットより一回り大きくなり、フローリアンとの関係が不明確となった。

「ふたご座」の英名である「ジェミニ」を名乗った。ただし、ベレットの後継車としての位置を明確とするため、1975年までは「ベレット・ジェミニ」と称していた。

「Tカー」はオペル・カデットのほかに、シボレー・シェベット、ポンティアック・1000など世界中で姉妹車が生産されていた。

ボディタイプは4ドアセダンと2ドアクーペの2種類。当初は1600ccシングルキャブのSOHCエンジンを搭載したPF50型のみのラインナップであったが、ベース車両となったオペル・カデットそのままに逆スラントノーズを採用し、直線を基調にした欧州風のボディデザインとなった。

ヘッドライトは、オリジナルは丸目2灯であったが1977年6月に角目2灯に変更。1979年にジェミニ単独のフェイスリフトが行われスラントノーズ形状に変更、ヘッドライトも丸目2灯に戻った。後に異型2灯に変更される。

1979年に大幅なボディデザインの変更を受け、ディーゼルエンジン搭載車と1800ccDOHCガソリンエンジン搭載のホットモデル「ZZ」(ダブルズィー)シリーズが追加された。また車名表記も「Gemini」から「GEMINI」と変更されている。

このディーゼルエンジンモデルは「第二次オイルショック」の時期と重なったことで、低燃費車として脚光を浴び、1982年には世界初の電子制御式ディーゼルエンジンモデルも登場した。このため、後期型の初代ジェミニは「80年代のディーゼル車」とも言われるように、ディーゼル乗用車の代表として広く認知される。

1985年に2代目の「FFジェミニ」が登場したのに伴い、同年販売終了。ただし、1800ccDOHCエンジン搭載のスポーツモデル「ZZ」シリーズのみは2代目に「イルムシャー」仕様が追加される1987年2月まで生産継続された。

機構
駆動方式は後輪駆動。エンジンは当初1600ccSOHCの「G161型」のみであったが、1977年6月より1800ccSOHCの「G180型」が追加。さらに、1979年のビッグマイナーチェンジ時に1800ccDOHCエンジンと1800ccディーゼルエンジンが追加された。

組み合わされるトランスミッションは当初4速MTのみでスタートするが、1975年に3速AT 、1976年に5速MTが追加された。

サスペンションは前輪がダブルウィッシュボーン式、後輪が3リンク・コイルスプリング式で、ステアリングはラック・アンド・ピニオン式を採用していた。

年表
前期(逆スラントノーズ)型
1974年5月 前年に販売終了したベレットの後継車として「ベレットジェミニ1600」(PF50型)が発表。
1974年10月 1600ccガソリン車(PF50型)登場。クーペ、セダン共に「LD」、「LT」、「LS」の3グレードを用意していた。全車4速MT車。
1975年4月 安全対策向上の為に改良実施。また、これに合わせて車名からベレットの後継車という位置付けを明確にする為に付けていた「ベレット」という冠が取れ、「ジェミニ1600」となった。
1975年12月 昭和50年排ガス規制に適合。「LD」、「LT」に3速AT車を追加。
1976年5月 「LS」に5速MT車をオプション設定化。
1976年11月 昭和51年排ガス規制に対応する為のマイナーチェンジを実施。ヒルマン・ミンクスの再来のような外観の「LTミンクス」が追加。
1977年6月 1800ccガソリン車(PF60型)登場。同時に、ヘッドライトのデザインが丸目2灯から角目2灯に変更された。
1977年11月 1600ccガソリン車が昭和53年排ガス規制に対応する為のマイナーチェンジを実施。
1978年11月 1800ccガソリン車が昭和53年排ガス規制に対応する為のマイナーチェンジを実施。
1800ccガソリン車セダンに「ミンクス」「ブラックジェミニ」を追加。同時に、1600ccガソリン車も一部改良を実施した。

後期(スラントノーズ)型
1979年6月 ビッグマイナーチェンジを受け、フロント部分は通称「逆スラ」からサイドマーカー付きのスラントノーズに変更され、ヘッドライトは銀縁の付いた角目2灯(一部のグレードは丸目2灯)に変更。リアテールレンズは大型化された。1800ccガソリン車クーペに「ミンクス」を追加。またチルト付サンルーフを国産初の試みとしてオプション設定した。
このスラントノーズを採用したデザインはホールデン・ジェミニ、セハン・メプシ(後の大宇・メプシーナ)が採用。ジェミニ系車種のベースとなった姉妹車オペル・カデットは採用しなかった。
1979年11月 1800ccガソリン車にDOHCエンジン搭載の「ZZ」を追加。1800ccディーゼル車(PFD60型)登場。
1980年3月 1800ccガソリン車にDOHCエンジン搭載の「ZZ-L」を追加。
1980年6月 LS相当のスポーティなディーゼル車の「ゴールドディーゼル」とエアコンとステレオ標準装備の1800「クリーンLT」(ガソリンとディーゼルに設定)
1980年9月 ジェミニのディーゼル車が「ディーゼル乗用車クラス」での販売台数1位になった事を記念して、「いすゞジェミニディーゼル感謝祭」を開催。合わせて特別仕様車を限定発売した。
1981年1月 1800ccディーゼル車に998000円の「LDスペシャル」を追加。
1981年4月 1800ccガソリン車にDOHCエンジン搭載の「ZZ-R」を限定発売。当時参戦していた国内ラリーを意識したモデルだった。
1981年10月 マイナーチェンジでインパネのデザインが大幅に変更される。ヘッドライトが近代的な異型2灯に変更。リアは変更なし。1800cc車に「LG」、1800ccディーゼル車に「LJ」(クリーンLTの改称)「LS」(ゴールドの改称)を追加。
1982年10月 1800ccディーゼル車に初の電子制御噴射装置を内蔵して66馬力にパワーアップした「LT-E」「LJ-E」を追加。
1982年11月 一部改良。73馬力までパワーを上げた1800ccディーゼルターボ車(PFD60型)が登場。
世界初の電子制御式のターボチャージャー搭載ディーゼルエンジンであった。
1983年10月 一部改良でドアミラーを採用。車種整理でカスタムシリーズを追加。
1984年12月 特別仕様車「エクストラシリーズ」を追加。
1985年3月 1800ccガソリン車の「ZZ」を改良。
1985年5月 2代目「FFジェミニ」が登場するが、継続生産される。
1986年6月 生産終了。同時に2代目はFFと言う冠が取れ「ジェミニ」となる。

スポンサーサイト
[ 2008/06/03 16:50 ] ISUZU | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。