スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Violet 1977 1'09"

トップページNISSANカテゴリーNissan Violet 1977 ad NISSAN VIOLET 1977.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
「バイオレット」 (VIOLET) は、日産自動車が生産していた小型乗用車。車名の「バイオレット」は英語で「すみれ」の意味である。

1971年、ブルーバードが車格や価格面で上級クラスへ移行した610型「ブルーバードU」が発売され、先代の510型ブルーバードは、「幸せの1400」のCMキャッチコピーで、1400ccと1600ccの4ドアセダンと2ドアセダンのみに車種整理されて併売されていたが、その後継車種として、バイオレットは1973年、サニーとブルーバードUの中間クラスに投入された。

2代目 A10/11型(1977年-1981年)
1977年5月20日、モデルチェンジでA10型が登場。ブルーバードから独立し独自の形式名が与えられた。

デビュー時のボディタイプは4ドアセダンと、「オープンバック」と称するハッチバッククーペ、そしてライトバンの3種類。その後1980年には姉妹車のスタンザ・リゾートに準じた5ドアハッチバックを追加している。サスペンションは、前輪は先代モデルと同じマックファーソンストラットコイル後輪は、全車種4リンクコイルのリジットであった。セダンは先代710型のボディデザインの不評を受け、510型ブルーバードのようなボクシーで機能的なスタイルに戻っている。

2代目バイオレット登場と同時に、スポーティ志向で若者向けの「オースター」が、その3ヵ月後の8月には、ラグジュアリー志向で「ミニ・セドリック」と呼ばれた「スタンザ」がそれぞれ姉妹車として登場。バイオレットはよりファミリーカーとしての色合いを強めるが、910型ブルーバード登場後のモデル後半は、販売に苦戦する。

1977年5月 モデルチェンジでA10型が登場。
1978年5月 53年排出ガス規制適合でE-A11/PA11型へ移行。
1978年9月 スポーティ仕様の「1600GX/GX-EL」を追加。
1979年6月 マイナーチェンジによりヘッドライトが丸型4灯から角型4灯に変更。
1981年6月 バイオレットリベルタへのフルモデルチェンジに伴い、販売終了。

モータースポーツ
A10/A11型は日産のWRC参戦の主力マシンとなり、1979年~1982年の「サファリラリーで4大会連続総合優勝」という快挙を成し遂げた(ちなみに、1979年と1980年は2バルブヘッドエンジン搭載のグループ2マシン、1981年と1982年は4バルブヘッドエンジン搭載のグループ4マシンでの参戦)。また、この4連覇は全て元FIA評議委員長でケニア在住の故・シェカー・メッタ (Shekhar Mehta) が日産ワークス時代にドライブしたもので、WRC史上初の「同一ドライバーで同一イベント4連覇」という記録を打ち立てている。

国内ではスーパーシルエットレースに参戦するなど、強烈なスポーツイメージも兼ね備えていた。

1979年 第27回サファリラリーに参戦。総合優勝を飾る。
1979年 富士スーパーシルエットレースに海外ラリー競技用エンジンLZ20B型にターボチャージャーを装着したLZ20B/T型エンジンを搭載した「バイオレットターボ」が参戦。ドライバーは柳田春人が勤めた。
1979年3月 富士300キロスピードレース 10位
1979年5月 富士グラン250キロレース 7位
1979年9月 富士インター200マイルレース 7位
1979年10月 富士マスターズ250キロレース 優勝
1980年 5ドアハッチバック(1600ccのみ)・女性仕様1400ファンシーGL(ATのみ、セダン・オープンバック)追加。
1980年 前年に引き続き、富士スーパーシルエットレースに「バイオレットターボ」が参戦。ドライバーは柳田春人が勤めた。
1980年3月 富士300kmスピードレース GTIIクラス 優勝
1980年9月 富士インター200マイルレース GTIIクラス 優勝
1980年10月 富士マスターズ250kmレース GTIIクラス 優勝
1981年 第29回サファリラリーに参戦。総合優勝を飾る(3連覇目)。
1982年 第30回サファリラリーに参戦。総合優勝を飾る(4連覇目)。
この年は後継ラリーマシンとしてS110型シルビアベースの新型グループ4マシンが用意されていたが、信頼性などの問題を抱えていたため、サファリラリー4連覇目が掛かっていたシェカー・メッタは既に生産終了していた前年型のPA10型グループ4マシンを選択した。これを快く思わなかった日産はワークス・バックアップを拒否。このため、メッタはプライベーターとして参戦することになってしまった。

参戦したメッタのマシンは、前年までの日産トリコロールカラーではなく、白いボディにマールボロ・レッドがペイントされていた。

結果として、S110型シルビアベースの新型マシンは信頼性不足によるマシントラブルによって徐々に遅れ、最高位は3位。対するメッタのバイオレットは総合優勝し、見事4連覇を達成した。メーカーのプロモーションではなく、勝負を優先したメッタはラリー史に名を残すことになったが、この一件以降、日産とのワークス契約がかわされることは残念ながらなかった。

PA10型のサファリラリー歴代優勝マシンは現在、メッタのマールボロ・カラーマシンも含めて全てが日産の座間事業所内にある座間記念車庫に保管されている。

スポンサーサイト
[ 2008/06/02 16:22 ] NISSAN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。