スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Honda Integra TypeR 98spec CM 0'30"

トップページHONDAカテゴリーHonda Integra TypeR 98spec CM HONDA_INTEGRA_TypeR__98spec_CM.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
初代(1995-2001年 DC2/DB8型)
1995年10月16日に、3代目インテグラの派生型として発売。モデルは3ドアクーペと4ドアハードトップである。

ベースモデルの「Si-VTEC」に対して、各部分の軽量化とモノコックフレームの強化を付すとともに、ECU、ピストン、カムシャフト、吸気系などの変更によりエンジン出力も200PS/8,000rpmとベースモデルに比べ20PSの向上(初期型はエンジンのポート研磨を手作業で行っていた)を実現した。またエンジンのカムカバーは赤の結晶塗装仕様となっている。(前期型は後に96タイプRあるいは96specと呼ばれる)

トランスミッションは、エンジンの高回転化に合わせて2-5速がローレシオ化されたクロスレシオとなった5速MTで、トラクション性能の向上のためヘリカルLSDが装着された。

外装は、専用車体色であるチャンピオンシップホワイトの設定の他、軽量アルミホイール、フロントのリップスポイラー及びリアの大型スポイラーを標準装備し、内装では、モモ社製 360mm径ステアリング(SRS非装着車)、チタン削り出しシフトノブ、フルスケール10,000rpmのタコメーターを備えたイエロー指針のメータ群およびレカロ社製バケットシートが採用された。なお、3ドア車ではバケットシートの色が赤または黒の選択ができた。

軽量化のため、標準ではエアコン、オーディオ類(アンテナ、時計等も含む)、リアワイパー、遮音材などは省かれており、フロントガラスもベースモデルよりも肉厚が薄く、バッテリーも軽自動車向けのものに換装されているが、逆にモノコックフレームの一部は鋼板の肉厚が厚くなっている。前期型では、SRSエアバッグ装備の有無でステアリングの変速比が異なった。

1998年1月29日に発売された後期型(98タイプRあるいは98specと呼ばれる)では、タイヤのワイド化(195→215)、ホイールのインチアップ(15→16inch)、ディスクロータの大径化、ステンレス製4in1等長エキゾーストマニホールド、ヘッドライトのHIDランプ化、モノコックの高剛性化、足回り、ECUのセッティング、ファイナルギヤレシオのローレシオ化などの変更が行われた。これにより前期型よりも走行安定性が高まったが、面白味では後退したと評価される場合もあった。

1999年12月16日には、専用スポーツペダル・専用カーボン調パネル・電動格納式ドアミラー・キーレス デジタルクロック・オートアンテナ・AM/FM電子チューナー&CDステレオ+6スピーカー・プライバシーガラス等を 標準装備したタイプRXが追加された。センターコンソール上に製造順を表すシリアルナンバーの刻印が導入された。 ちなみに動力性能等は98specから変更無(00specあるいは99specと呼ばれる)DC2タイプR最終型である。

スポンサーサイト
[ 2008/04/24 14:06 ] HONDA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。