スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Bluebird 1983 Ad 0'30"

トップページNISSANカテゴリーBluebird 1983 Ad NISSAN BLUEBIRD 1983 Ad.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
日産自動車が1959年から2001年まで生産・販売していた乗用車。
戦前から続く、ダットサン乗用車の系譜を引き継いでいる。日本の代表的な大衆車として、またタクシー用の車種としても親しまれた。最大の競合車種はトヨタ・コロナ。最盛期の1960年代から1970年代にかけ、コロナとブルーバードが繰り広げた熾烈な販売競争は「BC戦争」といわれた。

6代目 910型(1979年-1983年、営業車1979年-1993年)
1979年11 月、910型を発表。ブルーバード史上、最後のFR車。小型車中心の車種構成としたことにより、27ヶ月連続小型車(1600~2000ccクラス)登録台数一位を記録するなど、510型以来の大ヒットとなった。北米向けはホイールベースを100mm延長し、セダンとワゴンがラインナップされる。

国内向けガソリンエンジンは全車4気筒Z型に統一。また、この910型からディーゼルエンジン(LD20型)が登場し、後にディーゼルターボ(LD20・T型)も追加される。LPGエンジンの営業車にはZ18型のLPGを搭載。

足回りは、フロントサスペンションがFR車初めてのゼロスクラブにセッティングされた、マクファーソンストラットコイルサスペンション。リアサスペンションはSSS系にはセミトレーリング式、エレガント系と後期型ワゴンとタクシーは4リンク式、バンと前期型ワゴン・1987年10月以降のタクシー用セダンはリーフ式サスペンションとなった。

全車、前輪にベンチレーテッドディスクブレーキを装備。
1979年12月、バンとワゴンを追加発売。
1980年4月 1800EGIターボ(Z18ET型 135馬力)のターボSSS/SSS-S/SSS-X/SSS-XGとセダン2000ディーゼル(LD20型 65馬力)GL/GFを追加。
1980年10月 1800SSSターボとセダン1600GL/GFにAT車追加。
1981年1月 2000キャブ仕様(110馬力)の2000GL/GF/SSS-Lを追加。
1982年1月、マイナーチェンジ。内外装変更。同クラス初のピラーレスの4ドアハードトップモデルを追加。2ドアハードトップは1800ターボSSS/SSS-Sの2グレードに整理。
1982年10月、一部改良。自然吸気の1600/1800ccガソリンエンジンをCA16型、CA18/CA18E型に変更。
1983年10月、営業車モデルを除き販売終了。

モータースポーツ
1981年10月、オーストラリアで開催された耐久レース「バサースト1000」に参戦。
結果はオーバーヒートによりリタイア。

1982年5月、当時のグループ5規定に合わせたレーシングカー「ブルーバード・ターボ」が登場。
2ドアハードトップ(KY910型)をベースに車体の一部をパイプフレームとするノバ・エンジニアリング製のシャシーに、大型のフロントスポイラー、およびリアウイングを備えるムーンクラフト製のカウルを装着。ドライバーは、柳田春人。

エンジンは直列4気筒DOHCのLZ20B型にエアリサーチ製T05Bターボチャージャー、およびルーカス製メカニカルインジェクションシステムを組合わせたLZ20B/T型(2082cc 570ps/7,600rpm、55kgm/6,400rpm)を搭載。

【主な戦歴】
1982年 5月 「富士GCシリーズ第2戦 富士グラン250キロレース」3位入賞
1982年 5月 「RRC筑波チャンピオンレース」SSクラス 2位入賞
1982年10月 「バサースト1000」クラス優勝(総合8位)
1982年12月 「RRC筑波チャンピオンレース最終戦」SSクラス 2位入賞
1983年12月 「RRC筑波チャンピオンレース最終戦」SSクラス 優勝
1983年 「富士スーパーシルエットチャンピオンシリーズ」 チャンピオン獲得

営業車モデル
営業車モデル(タクシー用)は、FF(前輪駆動)のU11型にフルモデルチェンジ後も、FR(後輪駆動)の910型が継続生産された。その理由に、
1.FF車ではFR車よりも、最小回転半径が大きく小回り性能で不利。
2. FR車の方が車両や部品の耐久性の面で、発展途上であるFF車よりも信頼性が高い。
ことがあげられる。

1984年1月、日産創立50周年を機に一新された「NISSAN」ロゴと、U11型と同じ「BLUEBIRD」ロゴに変更、エンブレムの位置が左側から右側に変更。

1987年10月、一部変更でリアサスペンションの耐久性向上のため、リーフスプリング式への変更、ステアリングホイールの形状変更[12]、メーターパネルをタコグラフ取り付け対応に、前期型SSS系と同一デザインのフロントグリル(通称・ハニカムグリル)と後期型SSS系と同一のリア・テールランプへの変更。

1987年10月以降は、追浜工場から日産車体へ生産が移管され、1993年7月に販売終了。

CM
キャッチコピー
「ザ・スーパースター」
「ブルーバード、おまえの時代だ」

CMキャラクター
沢田研二

CMソング
「I am I」(前期型)
「素敵な気分になってくれ」(後期型)

スポンサーサイト
[ 2008/04/21 10:03 ] NISSAN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。