スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Mazda Carol 600 Ad 0'29"

トップページMAZDAカテゴリーMazda Carol 600 Ad MAZDA CAROL 600 Ad.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
マツダが販売する軽自動車。もともとは、1962年に発売された、軽自動車初の4ドアセダンタイプの車で、1970年まで生産された。その後、1989年にマツダが立ち上げた軽自動車中心のオートザムブランドの中心車種として復活した。現在は、アルトの完全なOEM供給となって現在に至っている。

初代・KPDA系(1962年-1970年)
1962年製造開始。4サイクルOHV360cc直列4気筒水冷アルミシリンダーエンジンをリアに積む後輪駆動車。当初は2ドアが、翌年の1963年にデラックス仕様車の4ドアが発売され大ヒットした。

600ccのエンジンを持つキャロル(1960年代当時の軽自動車規格は総排気量は360cc以下であり、小型登録車規格扱いだった)も発売されている。全幅は 1m30cm前後と狭く、現在の感覚ではかなり窮屈な乗車姿勢を強いられる。モデル末期には1ローター仕様のロータリーエンジン搭載の計画もあったが、排気量換算上の出力のクレームが当時の運輸省ないし、他メーカーとの兼ね合いにて許可が下りず、試作もされたがエンジン振動自体が大きい、燃費等のデメリット、1ローターだと逆作用の力が加わってしまうとローターが逆回転してしまう等もあり問題は克服したが計画は実現しなかった。

後継車はREでの発売が頓挫した事から名を変えたシャンテ。独特のクリフカット屋根から取ってついた別名が「走るぜっぺき頭」。 チューンショップRE雨宮が当時のオマージュなのか12A型3ローターターボエンジンを換装したRE雨宮シャンテを製作しており、一時期話題になっていた。

スポンサーサイト
[ 2008/04/15 20:57 ] MAZDA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。