スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Subaru Leone 1971 0'29"

トップページSUBARUカテゴリーSubaru Leone 1971
japanese_ad___Subaru_Leone_1971.jpg


blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
初代は1971年10月7日に発売され、当初はクーペモデルのみの展開(グレードはDL・GL・GS・GSR)で、スバルff-1 1300G シリーズと併売されたが、1972年4月、2/4ドアセダン(スタンダード・DL・GL・カスタム・スーパーツーリング)、1100ccモデル(DL)、商用車のエステートバン(スタンダード・DL・スバル初の4WD)が追加され、ff-1からの世代交代を完了した。当時のトレンド及び提携先の日産自動車の影響が感じられる、ロングノーズ・ショートデッキの抑揚の強いデザインを持ち、スバル1000/ff-1シリーズのシンプルな機能美が失われたことから、古くからのスバルファンや、欧州車志向の強いCAR GRAPHICなどの自動車ジャーナリズムを嘆かせた。メカニズム的にもブレーキがアウトボードになり、スポーツモデルのステアリングギア比が遅くされるなど、スバル1000/ff-1の技術至上主義的な性格は薄められた。

一方、レオーネの進歩的な部分としては、窓枠のないサッシュレスドアをバンを含む全車に採用したことが挙げられる。サッシュレスドアは富士重工業にとっては1960年の試作車「A-5」以来追求されてきたテーマで、ガラスの境目がわかりにくく体をぶつけやすい他、ウインドウのガタつきや雨漏りなど欠点も少なくないにもかかわらず、レガシィやフォレスターなどの主要小型車に今日に至るまで採用され続けている。さらに1972年12月1日には、専用ハードサスペンション、専用クロスレシオ5速マニュアルトランスミッションを装備したホットモデル・「RX」が追加された。基本的な構成は「1400GSR」と共通だが、量産車では日本初となる4輪ディスクブレーキを装備していたことが特筆される。

1973年6 月には、ピラーレスの2ドアハードトップが追加された。後席ヘッドクリアランス確保のためにリヤウィンドウ傾斜角がクーペから若干立てられ、15mm全高が高められている。4灯式フロントグリルとランドウトップ風の太いCピラーによる、元々アクの強い初代レオーネ中でも最も複雑なスタイリングを特徴とした。続いて73年10月のマイナーチェンジではセダン・クーペ・エステートバンのフロントグリルが変更され、インパネが先に発売されたハードトップと統一デザインとなった。またこの際、セダン1100は1200にスケールアップされた。

1975年1月20日には日本初の4WD乗用車となる「4WD]が、同じく日本製前輪駆動車では初のフルオートマチック車(セダン・カスタムとハードトップGFに設定)と同時に発売された。同時にマイナーチェンジが行われ、セダン1200GLの追加、ホイールカバーの変更などが行われ、セダン1400シリーズのフロントマスクはハードトップと同じ丸型4灯ライトのものに変更された。75年10月にはSEEC-T方式により(50年規制を飛び越えて一気に、ツインキャブのスポーツ系も含めて)全車51年排出ガス規制適合を果たした。パワーダウンを補うため、この時既存1200→1400cc、1400→1600ccへと排気量アップが行われた。

1977年4月には、日本初の全車53年度排気ガス規制適合を達成、今回もツインキャブのスポーツモデルは全て生き残り、スバルファンのみならず当時の車好きたちに喝采された。同時に大幅なマイナーチェンジが実施され、ボディサイズが拡幅され、リヤトレッドも50mmのサイズアップとなった。フロントマスクはどことなくアルファロメオを思わせるシンプルな造形となり、ホンダがシビックで流行させたアッパートレイ付きのダッシュボード、やリアデザインの変更により、初期型のアクの強さが軽減され、デザイン的にもかなり「クリーン」になった。同時にセダン・カスタムは新設定の最上級モデル・スーパーカスタムに取って代わられた。同77年11月にはセダン・2ドアハードトップにポンティアックの車名から拝借した「グランダム(Grandam)[3]」なる車種を追加した。同車は北米仕様と共通の大型バンパーや派手な色調のインテリアを特徴とした。

コマーシャル
  • 1971年10月~ : クーペ 「野性の響き~どこから来たのかお前と俺」 : イメージキャラクター : 尾崎紀世彦
  • 1972年2月~ : 4ドアセダン 「クーペから生まれた魅惑のセダン」 : 尾崎紀世彦
  • 1973年6月~ : ハードトップ 「心ときめく夜のハードトップ」 : 鮎淵晴子
  • 1973年12月~ : 「FF自然(じねん)流~野性の響き」
  •  
  • 1975年10月~ : レオーネSEEC-T「いいメカはシンプル~信じられるかね、明智君。」 : 怪人二十面相
  • 1975年10月~ : 「SPIRIT OF SUBARU~飛行機野郎ノ主張アル車」
  • 1978年7月~ : 西郷輝彦、太地喜和子

スポンサーサイト
[ 2007/12/13 17:55 ] SUBARU | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。