スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

180SX (RS13) CM 0'28"

トップページNISSANカテゴリー180SX (RS13) CM nissan_180sx_ad.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
180SXは、もともとはS13型シルビアの日本国外輸出型である北米向けの240SXがベースとなっており、スポーツ・スペシャリティであるZX、SX、NXの日産クーペラインナップの中核を成すモデルであった。これを日本仕様として仕立て直し、発売したモデルが180SXである。

ヘッドランプに角型2灯式のリトラクタブルヘッドライトを採用、ボディスタイルはハッチバックを持つファーストバッククーペとなっている。リトラクタブルヘッドライトの採用はデザインのためだけではなく、北米の法規上、S13型シルビアのヘッドランプの高さでは認証が取れないため、S12型シルビア/ガゼール同様リトラクタブルヘッドライトを採用したという背景があった。

同型番車種であるS13型シルビアは日本国内専用のモデルであり、ヘッドランプを固定とし、同時期発売していたR32型スカイライン同様の日本人好みのCピラー形状を持つノッチバック・クーペのみとするなど、180SXとの差別化が図られていた。

日本国内へはS13型シルビアより1年遅れで投入されているが、これには競合車であるトヨタ・セリカに比べて販売数が伸びなかったノッチバック・クーペのテコ入れ策として、営業側からS12型シルビア/ガゼールに存在していたハッチバック・クーペ投入の強い要請を受けたことが背景にあり、国内販売されるに至った。なお、輸出仕様の240SXおよび200SXには、180SXと同様のハッチバック・クーペ以外に、S13型シルビアと同様(ただしリトラクタブルヘッドライト装着)のノッチバック・クーペボディも存在している。

エンジンやトランスミッション、サスペンションなどの車としての基本構造は、全てS13型シルビアと共通である。その他、車体周りでは、ステアリングホイールのデザインを除くインテリアと、ドアパネル、フロント ウインドシールドなども共通となっている。

そのスタイリッシュな外観は販売当時、投入された各国で絶賛され、現在でもそのスタイリングは現行車種と比べても見劣りする事はない。シルビアがS14型にフルモデルチェンジした後も、180SXはモデルチェンジを受けことなく、一世代古いS13型のまま販売され続けた。それにも関わらず、S14型シルビアのメーカー側の想定外の販売低迷もあって、S15型にバトンタッチするまでの間、高い人気を維持していた。しかし、クーペ市場の崩壊(それまで市場を支えていた、地方での軽とミニバンへの移行が原因)による販売台数の低下は避けられず、生産工場も九州工場から高田工業、そして日産の関連会社である日産車体へと順次移管されており、最後期はZ32コンバーティブルと同様、ラインに乗せられずほぼ手作りで生産されていた。

180SXが販売されていた期間はおよそ10年間であるが、その間に数度の小規模・大規模なマイナーチェンジは受けたものの、前述の通りフルモデルチェンジをすることはなく、基本的なスタイル・性能はほとんど変化しなかった。これは、販売期間中に日産自身が販売不振等により「火の車」となってしまい、スポーツ・クーペモデルへの人材と開発費の投入縮小が避けられなくなってしまったのが1つの要因と言われている。

軽量コンパクトな5ナンバーボディで後輪駆動方式(FR)をとる近年では希少な車でもある。車重などのバランスも比較的良く、若者向けのスポーツカーとして生産が終了した現在もなお人気は高く、ポピュラーな存在となっている。

初期型(RS13型、1989年-1991年)
日本では1989年に2000ccエンジン搭載車が廃止されたフェアレディZのラインアップ上の穴を埋める形で日産プリンス、チェリー系列で販売が開始された。ただし、それに先立ち米国では2400ccのKA24E型SOHCエンジンを搭載し、「240SX」(トゥー・フォーティー・エスエックス)として販売されていた。また欧州では、日本仕様と同じ1800ccのCA18DET型DOHCターボエンジン(175ps)を搭載し、「200SX」(トゥー・ハンドレット・エスエックス)として販売されていた。S12ガゼールの後継車種との説もあるが、ガゼールを販売していた日産モーターは後継としてS13シルビアを扱うようになった。

初期型の特徴としては、日産の翼形グリルをイメージしたダミーのグリルがフロントバンパーにあること、前席シートがヘッドレスト一体型なことである。グレードは「TYPE I」と「TYPE II」で、「TYPE I」はスピーカーや電動ドアガラスが付かないなど競技用のベース車用途を対象にしていた。なお、HICAS-IIと呼ばれる四輪操舵システムをメーカーオプションで用意していた。タイヤサイズは、前後とも195/60R15となっている。エンジンは全グレード同じである。

1990年には台数限定の特別仕様車「TYPE II レザーセレクション」を発売。シートが全て革張りで、本革ステアリング、シフトノブ、エアロパーツ、フッ素コーティング塗装、スカイラインやローレルなどで使われているアルミホイールが標準で装備された

スポンサーサイト
[ 2007/11/20 16:16 ] NISSAN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。