スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Mitsubishi Strion CM 0'30"

トップページMITSUBISHIカテゴリーMitsubishi Strion CM STARION.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
1982年発売。ターボモデルとして名を馳せたギャランΛ(ラムダ)/エテルナΛ(ラムダ)の後継車種にあたる。当初はG63B型直列4気筒SOHC2バルブ2000ccのターボ、同自然吸気エンジンの2本立てでスタートした。縦置きのフロントエンジンで後輪を駆動するFR車。ライバル車種はポルシェ・924ターボで、発売当初雑誌にサーキットでの比較テストが掲載されていた。後に、日本車の市販車で初の空冷式インタークーラーターボを装備するモデル、可変バルブ機構式3バルブエンジン+インタークーラーターボのシリウスDASH3×2エンジンを積んだ2000GSR-V、3ナンバーサイズとなるブリスターフェンダーを採用した2000GSR-VR、そのボディにギャランΛ(ラムダ)/エテルナΛ(ラムダ)や初代デボネアに搭載されていた2600ccのG54B型にインタークーラーターボを装着した2バルブエンジン(シリウスDASH3×2ではない)を積む2600GSR-VRが加わった。

コルディアに引き続き、発売当初のカタログやポスターには長岡秀星氏によるイラストレーションが多用され、同氏による馬頭をあしらったスタリオンマークがデザインされた。

アメリカ市場を意識していたため、低~中回転域を重視したトルク重視のエンジンのセッティングとなっているのが特徴である(2600ccエンジンの最高出力は175psであったが、最大トルクは32.0kg-mを発揮していた)。クライスラーにもOEM供給され、ダッジとプリムスからコンクエスト(Conquest)の名称で販売されていた。

  • GX - 1982–1983 (非ターボ)
  • GSR-I,GSR-II,GSR-III, GSR-X, - 1982–1984
  • GSR-II, GSR-III,GSR-X,GSR-V - 1985–1986 - * GSR-V - 1986–1987 - * GSR-VR - 1987–1988 (ワイドボディ)
  • GSR-I - ベースモデル
  • GSR-II - パワーステアリング、電動式ウインドウ
  • GSR-III - 改良されたオーディオシステム、コンピュータ式走行距離表示、 デジタルパネル、デジタルエアコン
  • GSR-X - レザーシート、クルーズコントロール標準装備
1983年10月、東京モーターショーにてスタリオン4WDラリーが展示された。当時グループB規定車両で競われていたWRCに、翌年からの参戦とホモロゲーション用車両の市販を視野に入れたこのマシンは、最高出力360ps、最大トルク32.0kg-mを発生するSOHC2091cc・インタークーラーターボ付きシリウスDASH3×2エンジンを搭載し、ビスカスカップリング式4WDを介して路面に伝える、開発中のラリー競技専用車両だった。

スタリオン4WDラリーはフロントのオーバーハングが切り詰められ、丸型ヘッドランプと大型フォグランプを装着。FRP製のボンネットフードにはエアインテークが設けられていた。リアにオーバーフェンダーを装着。リアスポイラーに内蔵されたオイルクーラーなどが外観上の特徴だった。

実際の開発マシンには、ランサーEX2000ターボに搭載されていた2バルブのG63Bをベースに2140ccまで排気量をアップし、更なるチューニングが施されたG63B'が搭載されていた。1983年2月に試作1号車のT1が、4月に2 号車のT2が完成し精力的なテストが行われ、仮想敵とされた当時のWRC最強マシンのアウディ・クワトロを上回るコーナーリングスピードを比較実験でマークするなどポテンシャルの一角を見せた。マシンの開発ドライバーは、のちのグループAランサーでトミ・マキネンの活躍を支えたラッセ・ランピだった。

1984年、開発コストの高騰など三菱内部でのさまざまな事情により、ホモロゲーション取得のための市販車生産計画中止が決定。但しその後も開発は続行され、同年8月のミルピステ・ラリーのホモロゲーション無しでも参戦できるエクスペリメンタルクラスに出場し、クラス優勝を飾った。11月のRACラリーには特別枠のプロトタイプクラスに参戦し、完走した。

1985年はマレーシア・ラリーのプロトタイプクラスに出場。1986年と1987年には香港-北京ラリーにイエローの555カラーを纏ったスタリオン4WDラリーが参戦したが、いずれもマシントラブルでリタイアしている。

生産台数は4台といわれている。スタリオン4WDラリーで培われたハイスピード4WDマシンの技術は、後に登場するギャランVR-4やGTO、ランサーエボリューションに活かされた。

また、それとは別にオーナーにより市販版のスタリオンを4WDラリーの外観にしているものも存在する。

スポンサーサイト
[ 2007/10/01 00:09 ] MITSUBISHI | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。