スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Mazda RX-7 Commercial 1983 0'35"

トップページMAZDAカテゴリーMazda RX-7 Commercial 1983 20071105102517.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
当初、サバンナの後継として サバンナ RX-7(SAVANNA RX-7) の名で1978年3月に発表され、1991年に行われた2度目のフルモデルチェンジを機にマツダが当時展開していた「アンフィニ」ブランドによる発売となり、「サバンナ」の名称が外され アンフィニ RX-7 となった。「アンフィニ」ブランドの廃止により1997年10月、 マツダ RX-7 となり、2002年8月に環境(排ガス)対策の行き詰まりにより生産が終了した。

RX-7の販売終了後に登場したRX-8はネーミングからは後継のように思えるが、マツダ自身がRX-8を後継車とよばず新規車種と紹介している。なお、車名の由来は「R」が「ロータリーエンジン」、「X」が「未来を象徴する記号」である。「7」は「開発コードを示す番号」で他には2・3・4・5(輸出仕様のみ)・8がある。 RX-7は、2007年現在においても、日本だけでなく日本国外にも熱狂的な支持者が存在する。自動車愛好家の間では、モデルを区別するために初代から3代目まで、それぞれ「SA」「FC」「FD」という呼び方が通用している。

初代・SA22C型(1978-1985年)
1978年3月、サバンナ(輸出名RX-3)の後継として、初代RX-7、SA22C型 サバンナ RX-7 が登場した。開発コードはX605。 プラットフォームは、マツダ・SA2プラットフォーム(のちFBプラットフォームに改称)が用いられた。エンジンは水冷2ローターエンジン2ANA(自然吸気)仕様を搭載。オイルショックの影響を受け、REAPSと呼ばれる排ガスを再燃焼させるサーマルリアクター方式を採用し従来の40%の燃費アップを達成した。1983年のマイナーチェンジの際に日本仕様のみ12Aターボに変更される。ロータリーターボエンジンの搭載は世界初搭載のルーチェ/コスモから1年後だった。日本以外では、1984年 - 1985年に、13BEGI自然吸気エンジン搭載仕様車が販売されている(こちらは日本では未発売)。

口の悪い者たちからは、スタイルがポルシェ・924に似ていたため、発売当時「広島ポルシェ」「プアマンズポルシェ」などと揶揄されたこともあったというが、価格帯が異なる中でのこの評価は賞賛ともとれる。しかも、現在ではスポーツカーの雄と比較され、実質面でもポルシェ等と比較され名前を併記される車として評価されている(スポーツカーとしての評価を参照)。

なお、海外では、VINコードにあわせるため、1980年モデルより、FB3Sという型番号が導入されている。そのため、海外では、FBと呼ばれることがある。日本では、FB3Sという型番号は導入されなかった。

基本は単室容積573cc×2の12A型ロータリーエンジン。小変更後の自然吸気仕様の形式名は12A-6PIで、RX-8タイプSと同じ6PI(詳細は3代目・コスモを参照)が採用されたが、後に追加されたターボ仕様(12A-T)にはあまりメリットがないため、採用されなかった。自然吸気仕様130ps、ターボ仕様165ps。

2004年、辛口の批評で有名な米国のスポーツカー専門誌、スポーツカー・インターナショナルが選出したベスト・スポーツカー1990年代部門で3代目FD型が第10位に、また同1970年代部門で初代SA22C型が第7位にリストされている。

ビデオオプション企画、筑波スーパーラップにてRE雨宮チューンのFDが3部門(FR、N/A、ブーストアップ)のレコードホルダーになっている。コーナーの多い筑波サーキットでは、軽量、コンパクト、ハイパワー、良バランスの4拍子がそろっており、タイム的にライバルとなる日産・シルビア(S15型)を0.5秒程度引き離す結果になっている。特にブーストアップ部門ではライバルがランサーエボリューションという絶対レコードホルダーのベースモデルであるにもかかわらず、エアコンオーディオフル装備(=重量増)というハンデを抱えながらも0.2秒程度上回っている。

そのほか0-400加速でもKSPチューンのFD3SがFR車ストリート部門(ナンバー取得前提車)でトップタイムを叩き出すなど、素材の良さが各方面で生きている。

RE雨宮の雨宮勇美によると「FDは250 - 260Km/hのスラローム勝負ならどんな車にも負けない。でも300Km/hオーバーになるとパワーの差で負けちゃうけどね」と、最高速の場でもコーナリングマシーンであることが判る。

またジムカーナにおいても、FD3Sは優秀なコーナリング性能を発揮し、ホンダ・NSX、S2000、トヨタ・MR2(SW20型)、ロータス・エキシージなどと並んで後輪駆動車クラスの上位を占める車種となっている。

スポンサーサイト
[ 2007/09/11 23:06 ] MAZDA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。