スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SC430 CM 1'00"

トップページLEXUSカテゴリーSC430 CM sc430.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
初代(1991年-2001年)
1989年にアメリカで開業したレクサスブランドで初めてのクーペとして開発され、1991年に「SC400」、1992年に「SC300」が、それぞれアメリカで発売された。デザインは、カリフォルニア州のデザインセンター「CALTY」による。日本では、同型車が「トヨタ・ソアラ」の3代目モデルとして1991年から販売されていた。

アメリカでの評価は極めて高く、1992年にモータトレンド(Motor Trend)誌主催の「インポートカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞、カーアンドドライバー(Car and Driver)誌の「テン・ベストカー」に1992年から4年連続で選出された。

2代目(2001年- )
自動開閉式のハードトップを持つ「クーペカブリオレ」として、2000年のパリサロンで公開され、2001年に発売された。エンジンは、レクサスLSにも搭載されていた4.3L V8エンジン(3UZ-FE)。初代とは異なり、デザインは欧州と日本で行われている。乗車定員は4名であるが、多くの高級オープンカー同様に後部座席は狭小であり着座には適さない。4シーターの設定であることは、アメリカでの保険料対策(2シーターのスポーツカーの保険料が高額)でもあると言われる。屋根の自動開閉という複雑な機構を持つにも関わらず、極めて信頼性の高い乗用車である。市場調査会社JDパワーによる初期品質調査では、2004年と2005年に高級車部門の第1位を獲得している。

日本では、2001年からトヨタ・ソアラの4代目モデルとして販売されていた。2005年8月、レクサス開業に伴い、国外同様にレクサスSCとして再発売された。この際、デザインや装備などが若干の変更を受けている。レクサス店移籍後、価格が上昇したにもかかわらず、販売台数が倍増するという現象もあった。

国内発表のレクサスモデルで唯一「L-finess」コンセプトに沿わないエクステリアデザインであるが、初代ヴィッツをデザインしたギリシャ人デザイナー、ソティリス・コヴォス(ヨーロッパにあるトヨタのデザインスタジオ「ED4」(旧・EPOC)に所属していた。)による美しくプレミアム感のあるエクステリアは、「全車中、最もレクサスらしい」デザインであるとも言われている。また、他のレクサスモデルと異なり、ヘッドライト横に北米法規サイドマーカーを装着していない。(バンパーに装着)

北米で人気を獲得している一方、欧州での評価は芳しくない。顕著な例としては、イギリスの自動車評論番組TOPGEARに於いて、司会者3人が、「現在売られている車で最も欲しくない車」としてSCを選んでいる

モータースポーツ
2006年より、トヨタ・スープラの後継として、SUPER GTに参戦。日本でレクサスブランドの車種がモータースポーツで活躍するのは初めてとなる。鈴鹿サーキットでの開幕戦にてトムスの脇阪寿一/アンドレ・ロッテラー組(OPENINTERFACE TOM'S SC430)が優勝、デビューウィンとなった。また、この二人は、2006シーズンのシリーズチャンピオンの栄冠に輝き、SC430のSUPER GTデビューイヤーチャンピオンを飾った。 また、2007年も同じく鈴鹿サーキットの開幕戦で、セルモの立川祐路/高木虎之助組(ZENTセルモSC430)が優勝、SCに開幕2連覇(スープラ時代も含めると3連覇)をもたらした。

なお、2007年シーズンよりスープラは完全に撤退し、GT500のトヨタワークスのチームはすべてSC430を使用している。

スポンサーサイト
[ 2007/07/22 22:38 ] LEXUS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。