スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GS / IS Series CM 0'31"

トップページLEXUSカテゴリーGS/IS Series CM lexus.gs_is.jpg
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
Eセグメントに属し、ラインナップではLSとISの中間に位置している。ESも同様にLSとISの中間に位置している。

市場調査会社J.D.パワー・アンド・アソシエイツが実施した、100台あたりの不具合件数を集計する米国自動車耐久品質調査SM(VDS)では、2005年に引き続き2006年もミッド・ラグジュアリー部門での不具合件数報告が最も少なかったという極めて優秀な耐久性を示している。一方、米国道路安全保険協会(IIHS)のおいて実施された2006年度調査において、後方からの追突時の安全性が「MARGINAL」(不十分)という評価がなされた。

Eセグメントの車種としては唯一ハイブリッド車がラインナップに用意されている。ステーションワゴンは販売されていない。基本的なコンポーネントを、トヨタブランドのクラウンやクラウンマジェスタと共有している。

北米では2006年の販売台数ではライバルとしているBMW・5シリーズやメルセデス・ベンツ Eクラスの半数程度にとどまっている。2005年の販売台数の差を考慮すれば、シェアを拡大している。

初代(1993年-1997年)
1991年から製造が始まったアリストのレクサスブランド版として、1993年2月22日からトヨタ自動車田原工場にて生産を開始した。アリストにはターボエンジンの設定があったが、北米向けの「GS300」のエンジンは3.0L直列6気筒自然吸気エンジンだった。

2代目(1998年-2005年)
1997年にアリストがモデルチェンジした翌年、GSもモデルチェンジした。エンジンは直列6気筒エンジン(2JZ-GE)とV8エンジン(1UZ-FE)の2本立て。アメリカの雑誌『モータトレンド』が選定する1998年のインポートカー・オブ・ザ・イヤーに輝いている。また、同じくアメリカの雑誌『カーアンドドライバー』が選定するテン・ベストカーに、1998年から2000年の間選ばれ続けた。

2001年マイナーチェンジ。「GS400」に搭載されていた4.0L V8エンジン(1UZ-FE)の排気量が4.3Lに拡大され、3UZ-FEとなり、「GS430」がラインナップ。同時にGS400はラインナップから消滅した。

3代目(2005年-)
2005年1月北米国際自動車ショーで展示。
2005年8月30日より、日本国内におけるレクサスブランドの立ち上げと同時に「GS430」「GS350」を発売開始。アリストの後継車である。日本国内での価格は520~770万円。

「GS350」のV型6気筒3.5Lエンジン(2GR-FSE)の出力は315psで、トヨタの乗用車としては初めて280psを超えた。また、地域によって商品展開に違いがあり、「GS350」は日本・北米・韓国で、「GS300」はその他の地域で販売されている。

2006年3月、ハイブリッド仕様の「GS450h」を追加。

2007年3月、日本車として初めて、ドイツ・iFデザイン賞金賞を受賞 (レクサスISと同時授賞)

2007年10月、GS各モデルを改良。GS430(1UZ-FEエンジン搭載車)がグレードから消滅し、代わりにGS460(1UR-FSEエンジン搭載)がシリーズにラインナップされた。外観ではトヨタ車のマイナーチェンジの例に漏れずメッキ部分が増し、サイドウィンカーがドアミラー内蔵のタイプに変更となった。

LEXUS IS SERIES
初代(1999-2005年)
日本でアルテッツァがデビューした翌年の1999年、同車のレクサスブランド版としてヨーロッパで販売開始。北米においても同様に展開された。

IS200:直列6気筒2000ccエンジン(1G-FE)ヨーロッパのみでの販売。日本国内におけるアルテッツァAS200に相当。

IS300:直列6気筒3000ccエンジン(2JZ-GE)を搭載。北米、ヨーロッパで展開。

IS sports cross:ステーションワゴンモデル(本来のステーションワゴンに比較すると実用性に乏しい為、実質的には5ドアハッチバック扱い)。日本国内におけるアルテッツァ・ジータ(Gita)に相当。

2代目(2005年~)
2005年9月生産・販売開始。2代目からは日本国内においても、販売チャネルがレクサスブランドに移行したためアルテッツァの名称は消滅し、すべてレクサス・ISとして販売されている。展開車種はセダンのみとなり、初代アルテッツァに存在したアルテッツァ・ジータ(gita)に相当するステーションワゴンモデルは、ラインナップされていない。

車両デザインには「流鏑馬(やぶさめ)」をイメージともしており、躍動感あるデザインとなっている。

日本国内においては、排気量3456ccのIS350と排気量2499ccのIS250の2グレードがラインナップされている。 IS350・IS250ともに、標準のベースグレード・Version L・Version Sの3モデルから選択可能である。IS250のみAWDモデルも存在する。(IS250AWDには、Version Sのモデルは設定されていない) Version Sは、専用サスペンションと18インチアルミホイールを装着し、なかでも走りに重きをおいたモデルである。 IS350に搭載されている3456ccの(2GR-FSE)は、IS専用のチューニングを施した結果メーカー公表値318psを発生している。これは同エンジンが搭載されているクラウンやGS350の315psより大きい数値である。

2006年11月には商品性改善のため年次改良が行われた。主なところでは、Version Sのサスペンション設定値の変更・トランク・フェールリッドオープナースイッチ形状の変更が行われている。と同時にVersion IがIS350・IS250に追加モデルとして設定された。

2007年9月には、商品性改善のため年次改良が行われた。主なところでは、標準装着アルミホイールの色変更(薄色→濃色)・運転席コインホルダーの新規設置・運転席および助手席のシートバックの形状変更・薄型化(後席足下容量の増大目的)などである。

2007年12月には、特別仕様として"Elegant white Interior"が発表された。700台限定で日本国内で販売される。これはVersion Lを車両ベースに用い、内装色にメローホワイト・ライトグレーのセミアニリン本革を使用し、パネルにはバーズアイメイプル本木目(ボルドー)を使用したモデルである。IS350・IS250・IS250(AWD)に設定されている。

同時にVersion Iのパネルに標準設定されているバーズアイメイプル本木目に、ボルドーが追加選択(オプション)可能となった、これはVersion LおよびElegant white Interiorの本木目色と同一である。

製造は、当初トヨタ自動車九州・宮田工場およびトヨタ自動車・田原工場第3製造部のレクサス車両専用の製造ラインで製造されていたが、2007年8月からはトヨタ自動車九州・宮田工場に生産が一本化されている。

同時に発売されたレクサス・GSと同様、メーカーの隅々に渡る品質管理でカスタマイズは困難を極めたが、BLITZをはじめとするメーカーがカスタマイズに成功している。

グレード詳細(海外販売分も含む)
  • IS250:V型6気筒2499ccエンジン(4GR-FSE)を搭載。四輪駆動モデルもラインナップ。欧米向けは6速MTの設定もある。
  • IS300:V型6気筒2994ccエンジン(3GR-FE)を搭載。中国・ブルネイ・中東での販売。
  • IS350:V型6気筒3456ccエンジン(2GR-FSE)を搭載。VDIMを標準装備。
  • IS220d:直列4気筒2200ccディーゼルエンジン(2AD-FHV)を搭載。ヨーロッパのみでの販売で6速MTのみ設定。

スポンサーサイト
[ 2007/07/20 22:09 ] LEXUS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。