スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Suzuki Alto 1982 前期型 CM 0'30”

トップページSUZUKIカテゴリーSuzuki Alto 1982 前期型 CM
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
初代(1979年-1984年)
アルト (Alto) はスズキのハッチバック型軽自動車。かつては同社の看板車種だった。

1979年5月にフロンテのライトバンとして発売(厳密にはフロンテハッチのフルモデルチェンジである)。型式は『H-SS30V』。市場でのリサーチから「軽自動車の基本乗車人数は1~2人」というデータを元にし、また当時軽ボンネットバン(商用車)は物品税が無税だったこともあり、それを逆手にとって「乗用車としての商用車」という位置付けにし、ターゲットも従来の商業関係者では無く、セカンドカーとして買い物や子どもの送り迎えなどに使う主婦層を狙っていた。フロアマットはゴム製にし、バンパーもグレーの樹脂製、助手席側ドアの鍵穴を省く、ウィンドウウォッシャーも手動式にするなど、徹底したコストダウンを実施したことで、全国統一車両本体価格は47万円という驚異的な低価格を打ち出した。当時としては近代的な外観であった反面、機構的には2ストロークエンジン、リアリーフサスペンションを採用するなど前時代的なものであった。

1979年10月、2シーター車を設定。これまで商用車には物品税が無税であったが、軽ボンネットバンの急速な普及に対して商用車にも2%の物品税が課せられる事になる。但し2シーター車は対象外とされていた為、2シーター車を他メーカーも合わせて一斉に設定した。これにより価格設定を変え、2シーター車は従来の47万円になり、4シーター車は49万円に2万円上乗せされた。

1980年5月、AT発売。2段型の、トルコン式セミATであった。

1981年1月、3気筒SOHC4ストロークエンジン(F5A)搭載車発売。

1982年10月、マイナーチェンジ。

1983年10月、4WD「スノーライナー」シリーズ発売。12インチホイール&同12インチタイヤ[3]を採用しリアデフには手動式のフリーホイールハブが装備されている。ブレーキシステムはFF車同様、4輪ドラムブレーキを用いる。

スポンサーサイト
[ 2008/02/17 10:50 ] SUZUKI | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。