スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Crown S6 1973 CM 0'30"

トップページTOYOTAカテゴリーCrown S6 1973 CM 20071105171250.jpg

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
4代目(S60、70系:1971年-1974年)
1971年2月に登場。この代から正式名称が「トヨペット・クラウン」から「トヨタ・クラウン」に改称されている。

その滑らかなスタイリングから一般に「クジラ」「ナマズ」とも呼ばれる。ボディバリエーションはピックアップが廃止され、4ドアセダン、2ドアハードトップ、カスタム(ワゴン)/バンの3本立てとなった。

登場初期のキャッチコピーは「エレガンツ・クラウン―世界が見つめる」。3代目は「白いクラウン」キャンペーンやハードトップの追加で個人ユーザー層を開拓し大成功を収めたが、この4代目は顧客の要望に応え、車種バリエーションを大幅に拡充、性能・装備のグレードアップや新技術の採用が図られた。 グレードは、4ドアセダン・2ドアハードトップ両方に最上級グレードとして新たに設定された「スーパーサルーン」を筆頭に、セダンが「スーパーデラックス」「デラックス」「オーナーデラックス」「クラウン」、ハードトップは「SL」「スーパーデラックス」「ハードトップ」とセダンに準じた構成となった。またバンにも「デラックス」が設定された。また装備面ではESC(電子制御式スキッドコントロール装置:後輪のみのABSのはしり)・EAT(電子制御式自動変速機)をSLに、オートドライブをSL、スーパーサルーン、オーナーデラックスにオプション設定したことなどが挙げられる。

1971年4月には、2600ccエンジン(4M型)を搭載したモデル(3ナンバー登録)が登場し、高級車化に拍車がかかった。

初代セリカを髣髴とさせる(特にハードトップ)時代を先取りしたスピンドル・シェイプ(紡錘形)と呼ばれる丸みを帯びたスタイルが最大の特徴であったが、あまりにデザイン先行であったスタイリングがユーザー層(当時のユーザー層は現在と違い大変保守的な思想のユーザー層が殆どだったといわれている)に敬遠されたうえ、特徴的なフロントグリルは通風性が悪くオーバーヒートを起こしてしまうなど実用性の問題もあり、同時期にモデルチェンジして姉妹車となったセドリック/グロリアの後塵を拝した(ちなみに後にも先にもセドグロの後塵を拝したのはこの代だけである)。1973年2月のマイナーチェンジではボデー同色一体型だったバンパーをクロームの大型にしたりするなど「高級車クラウンらしく」するリデザインが施されたが、人気の回復には至らなかった。そのためか「クラウン史上最大の失敗作」と言われている。

マイナーチェンジ時のキャッチコピーは「あなたにとって大事な人は…」「大事な人を大事にはこぶ こんどのクラウン」。またこの時に、3代目から同車のCMに出演していた山村聡と共に吉永小百合がイメージキャラクターとして起用され、CMには6代目最終モデルまで出演していた。

なお、CMや新聞広告・パーツカタログ用として使われていた『クラウン』のロゴ(カタカナ表記)はこの代から書体が一新され、8代目まで使われる息の長いものとなった。

スポンサーサイト
[ 2007/08/03 13:16 ] TOYOTA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。