スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Mercedes-Benz World History Timeline Promotional Video

トップページMERCEDESカテゴリーMercedes-Benz World History Timeline Promotional Video Mercedes-Benz World History Timeline promotional video

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)は、ドイツの自動車会社、ダイムラー(2007年~)が所有する乗用車、バス、トラックのブランドである。

「メルセデス」は、命名された1899年当時、ダイムラー車のディーラーを経営していたオーストリア・ハンガリー帝国の領事、ユダヤ系ドイツ人エミール・イェリネック(Emil Jellinek )の娘の名前から採られた。「ダイムラー」という硬い響きを持つブランドネームを避け、当時流行していたスペイン風の響きを持つ名前をあえて選んだと言われており、スペイン語では『慈悲深い人』という意味である。

「メルセデス」ブランドは非常に有名になったこともあり、ダイムラー・モトーレンは1902年、「メルセデス」を商標登録した。なお、欧米では一般に「メルセデス」「メルセデス・ベンツ」と呼ばれるのに対して、日本ではメルセデス・ベンツ日本の広告(「メルセデス・ベンツ」と表記)やモータースポーツ記事の一部(チーム名に「メルセデス」が使われる関係上)を除き「ベンツ」と呼ばれることが多い。自動車評論家の徳大寺有恒や、作家・評論家の五木寛之の著書、一部の自動車雑誌においては、ドイツ語発音に沿った「メルツェデス」という表記が用いられることがある。


概要
1926年のほとんど同時期に設立された世界最古の自動車会社であるベンツ&シー・ライニッシェ・ガスモトーレン・ファブリーク(1883年 - 1926年)とダイムラー・モトーレン・ゲゼルシャフト(1890年 - 1926年)で1900年から使用されていた「メルセデス」を始まりとし、1926年の合併により正式に「メルセデス・ベンツ」がスタートした。以降社名はダイムラー・ベンツ(1926年 - 1998年)、ダイムラー・クライスラー(1998年 - 2007年)と変更されるがブランド名の変更はない。現在ドイツ、シュトゥットガルトを拠点に、乗用車と商用車の製造、販売を「メルセデス・ベンツ」で展開している。

路線バス用Conecto H
日本では、以前輸入元であったヤナセの高価格帯車種を中心に輸入するブランド戦略イメージもあって、しばしば高級車メーカーと紹介や誤認をされるが、実際はバン、タクシー、大型バス、トラック、ダンプカーなどの営業車、商用車、各種作業車、大衆車まで扱っており、欧米ではボルボ、ルノーなどと並ぶ自動車総合メーカーとして認知されている。

SクラスをはじめとするセダンやSUVは、日本では医師や弁護士、経営者、芸能関係者、スポーツ選手などが好む車の代名詞として知られている一方で、暴力団、マフィア、武器商人、犯罪収益者などの利用も多く、威圧的、成金趣味、怖い人が乗るクルマ、アフリカの外交官の公用車、ビバリーヒルズの歯医者の自家用車などマイナスイメージとして表象される面もある。 冷戦時代においては西側の自動車会社にもかかわらず東側諸国の外交官の利用も多く、「ペルソナ・ノン・グラータ向けの車」と揶揄されることもあった。

日本での新車販売価格は約280万円(Aクラス) から5,700万円台(SLRマクラーレン)で、全クラスで同じ排気量の日本車の1.5倍~2倍程度の価格設定になっており、ヤナセの手から離れた現在でも日本法人が高額設定路線を踏襲している。代表的なEクラス(634万円から)は日本では世帯年収の平均を超える価格設定だが、欧州ではタクシーとしての利用をはじめ廉価なグレードも数多く、多様な客層が利用する車種として知られている。北米では5万ドルからと割安でその他の車種でも日本の3分の2以下の価格設定になっている。この傾向はBMWをはじめとする他の欧州メーカーでも同様で、日本においては同様の高額品路線を取っている。

2006年の販売台数クラス別ランキング(世界)では、1位はEクラス(634~1530万円)、2位はSクラス(1065〜3040万円)、3位はCクラス(400〜1250万円)、4位はBクラス(300〜385万円)である。
カー・アンド・ドライバー誌が東京・青山通りで行なっている車種別の通行数ランキングでは、トヨタ・カローラなどの日本メーカーの大衆車を押さえ、社有車・社用車としての登録が多いEクラスが1位の常連になっており、登録、使用本拠の地域的偏在も大きい。

O405 CNGバス(タイ製車体架装車)
バンコク大量輸送公社(BMTA)
バスやバン、特殊車両なども含めた商用車の主な市場は、ヨーロッパのほか、中東、アジア、中南米諸国などである。商用バン・スプリンターや、ミニバンであるVクラスの商用バージョンVitoは様々な仕様が存在しヨーロッパ各地で使用されているほか、北米では、スプリンターがバッジエンジニアリングを受け、クライスラーから「ダッジ・スプリンター」として販売されている例がある。

また、フランスのルノーからはカングーをベースとした小型商用車を「シタン」の名でOEM供給を受けている。 韓国の雙龍自動車へは技術供与を行い、商用バンMB100をベースにイスタナを生産、MB100と共に東南アジア圏などで広く利用されている。日本ではダイムラー子会社のバスなどを三菱ふそうトラック・バスが販売、多目的商用自動車であるウニモグをワイ・エンジニアリング株式会社が販売している。

その他
エンジンやトランスミッションを他社に供給するサプライヤーとしての一面も持っており、かつてポルシェやジャガーに自社製のATを供給していた。現在日本でも日立建機や加藤製作所といった重機メーカーが、メルセデス製のディーゼルエンジンを搭載した製品をラインナップしている。

成り立ち
1886年にドイツの技術者、カール・ベンツによって創設された世界最古の自動車メーカーの一つ。1886年に世界初の自動車として初の特許を取得している。当時は自動車の有用性に気が付く者はなく、交通の主役であった「馬を怖がらせる邪魔者」であった。
そうした中、妻のベルタ・ベンツは、夫の発明を世間に認めてもらいたいと考え1888年8月5日、夫が寝ている間に二人の息子と車に乗りマンハイムの町を出発した。当時の道は舗装されておらず、空気タイヤもまだ自転車用が発明されたばかりでその過酷さは余りあるものだった。ガソリンスタンドもなく、薬局でシミ抜き用のベンジンを購入してそれを給油しながら旅を続けた。やがて陽の暮れる頃106km離れたプフォルツハイムの町に到着する。車の回りには人々が集まり、ベルタたちに賞賛の声を送った。この時の速度(距離と時間)は当時の馬車で、10頭以上の馬を乗り換えなければならないほどのもので、この成功により夫の発明は知られるようになり、妻は世界初の女性ドライバーとして自動車長距離旅行の歴史に名を残すことになる。
1920年代より当時ヨーロッパで盛んになっていたモータースポーツに積極的に参戦し、数々の好成績を収めその名声を確固たるものにした。
1926年にベンツとほとんど同時期にゴットリープ・ダイムラーが創設したダイムラーと合併する。

ヒトラー専用車だったメルセデス・ベンツ770K
ナチスへの協力
ナチスの党首にしてドイツの指導者であったアドルフ・ヒトラーは、政権獲得後の1933年2月11日、国際ベルリンモーターショーにおける開会宣言で新時代の交通機関である自動車と自動車道路の建設に注目し、モータリゼーションを加速することが国家の防衛力を高めることになると説いた。これ以降政府は自動車税の撤廃、アウトバーン建設、国有鉄道にトラック輸送部門の新設等の政策を打ち出した。
ナチスは、党内に国家社会主義自動車隊(NSKK)を設け、運転技能者育成を始める。ベンツは運転教官の派遣、教習車の無償提供、国家社会主義ドイツ労働者党機関への役員の派遣等で積極的に対応し、国家社会主義ドイツ労働者党の強力なバックアップにより、グランプリ・レース、ル・マン24時間やミッレミリアなどのレースで同じくバックアップを受けるアウトウニオンなどとともに活躍した。
1935年ドイツ再軍備宣言以降のドイツの軍備拡張を支える企業として、戦闘機のエンジンや軍用車両などの生産を行なった。1939年9月に勃発した第二次世界大戦中は軍需生産に集中して、連合軍の爆撃の標的になるなどして、ドイツの敗戦までの約6年間に壊滅的な損害を受ける。大戦中にユダヤ人や連合軍の捕虜を大量に強制労働者として使用した事から、戦後多額の賠償を行うことになった。

名車
Mクラスを改造したパパモビル(謁見用教皇車)に乗るベネディクト16世
1950年代以降のドイツ経済の回復に合わせるように、ミッレ・ミリアやル・マン24時間レースで大活躍した300SLRや、石原裕次郎や力道山の愛車として有名な300SLなどの数々の名車を送り出す。
1960年代後半に発売されたミディアム・クラス(現在のEクラス)や、1971年にデビューした3代目のSLクラス(R107/C107)、「サッコプレート」で有名なブルーノ・サッコの手によるW124(このときからコンパクトクラスが「E」クラスと呼ばれる)、ドイツのヘルムート・コール首相の専用車であったW126(クーペの「SEC」は「C126」)、そしてアメリカのCAFE対策で生まれたW201(通称190E/現行CクラスのW204につながる)、などのヒット作を市場に送り出し、高級車市場での存在感を持ち続けている。
これらのモデルのシートは、世界でも唯一の高品質で凝った構造と評されており、非常に快適なことで知られる。下からコイルスプリング、網状のスプリング(Sばね)、ウレタン製ダンパー、シュロ毛と馬毛で作られた通気性の良いクッション、ウール製の表皮(ベロア、ファブリック)で構成され、十分なサイズと調整機能(電動調整式が多い)があり、滑らず疲れにくく、耐久性も著しく高かった[3]。最近の車種では後述のようにコストダウンの影響で、品質の低下が見られる。

安全性
1980年以降、オプション装備としてのエアバッグ設定で先行するなど、自動車の安全向上に関わる実績がある。ジグザグ形状のゲート式ATシフトレバー(現在特許が切れて、多くの自動車メーカーにより模倣されている)、衝撃吸収三叉式構造ボディ、シートベルトテンショナー、レインランネル(雨水を窓に流さないボディ構造)、凹凸のあるテールランプ、衝突時に体を守るステアリングコラムとブレーキペダル、横滑り防止装置、グリップ式ドアハンドル、本体強度、取り付け強度共に高い独自のシート、伸縮しながら窓を拭くワイパー、2速発進および2速後退機能つきAT、安全性を徹底追求したシャシ、アウトバーンにおける高速度での事故に対応した車体剛性など枚挙にいとまがないほどである。
2010年以降に発売される車種から順次、ライトスイッチのオフスイッチは廃止される。オフスイッチが廃止されることによって点け忘れは確実になくせるというメルセデスの安全思想によるものである。

コストダウンと品質の改善
かつては「Das Beste oder nichts(最善か、無か)」の企業スローガンの元、「全ての形に理由がある」と言われるほど質実剛健[要出典]であり良い意味で過剰性能・品質であったのだが1990年代中盤以降の利益率向上を目指したコストダウンによって、市場に迎合し単なる高額ブランド商品的な製品が多く見られるようになった。
特に1997年に発売されたメルセデス・ベンツとして初のアメリカ工場(アラバマ州)で生産されたMクラスは、設計の悪さと低品質で「アラバマ・メルセデス」と酷評され、全世界におけるブランドイメージを大きく落とす結果になった。先代Sクラス(W220)及び先代Eクラス(W210)が登場した際、古くからのメルセデス・ユーザーが代替した直後、乗り味や質感の違いに、先々代の新車(Sクラス:W140、Eクラス:W124)への交換を要求するなどの事態が発生した。これらにより、1990年代後半では「Das Beste oder nichts(最善か、無か)」時代に発売された車種が、一時的に中古車市場で品薄となり、装備や程度の良い中古車が新車よりも高値となる事例も発生した。
これらの問題に対してメルセデス・ベンツは、各車種のイヤーモデルごとに品質の改善を進め、1998年デビューの後期型Cクラス(W202)や、1999年デビューの後期型Eクラス(W210)の品質改善、2000年代以降のモデルであるEクラスやSLクラス、SLKクラスなどでの初期設計からの品質改善などをすすめた。
補器類やゴム部品などの交換耐用年数も大幅に伸びて、高年式になるとメンテナンスに手間と金額がかかる車ではなくなった。特に2005年以降のイヤーモデルでは、新Sクラス(W221)の発売や最販車種であるEクラスの各種リコールによる問題部分の変更がすすみ、品質の安定と故障率の低下を実現している。
近年のコストダウンの最たる物はシート構造である。従前の椰子(シュロ)のクッション+金属ばね(以前のコイルばね、その後のSばね)を発泡ウレタンに変更してから、長年のユーザーから、明らかに快適性が劣るとの評価が強い。しかし旧来のシートはバウンシングの際の座面の上下動が大きく、ドライビングポジション(特に各ペダルとの位置関係)が一定しない短所もあり、高エネルギー時のホールディング能力や、プリテンショナー付きシートベルトとの親和性が高い点など、衝突を含めた安全性では新世代シートが勝っている。
2010年7月からは、「最善か、無か」のキャッチコピーを再び前面に押し出した広告戦略を世界的に展開していたが[4]、2012年からは「The best or nothing.」という名称による広告戦略を行っている。

リコール
1997年に登場したAクラスを使い、スウェーデンの自動車雑誌「テクニッケンワールト」がエルクテスト(ヘラジカが突然進路上に現れたときそれを素早く回避するという設定で行う運転操作)を実施したところ、横転してしまい「メルセデス・ベンツにあるまじき失態」と世界中のメディアで報じられることになった。その後、メルセデス・ベンツは発売した全てのAクラスをリコールし、サスペンションの再調整やESPを装着するなどの改修を実施したものの、この事件が世界中で取り上げられたことと、同時期に発売されたMクラスが、設計の悪さと低品質で酷評されたことで著しく評価を下げることになった。
2004年から2005年にかけて発生した、ボッシュ製SBC(センソトロニック・ブレーキ・コントロール)の2度に渡るリコールは、主力車種であるEクラスと、看板車種のSLクラスで発生し、ベンツにとっては大きな痛手となり、経営を極度に悪化させる原因になった。このSBCは雨天時などの走行でブレーキディスクが濡れ、通常であれば制動力を損じてしまうようなケースでも意図的にブレーキバットをブレーキローターに僅かに接触させ、摩擦熱でディスクを乾かしたり(鉄道車両では、「耐雪ブレーキ」などで以前から使われている制御)、アクセルペダルを放した瞬間、ブレーキングにそなえてブレーキバッドをブレーキローターに接触寸前まで近づけ、タイムラグを短縮するなど、ブレーキの応答性と能力を高めるものであるが、そのセイフティープロセスの要であるセンサ類の不具合によりSBCが作動せず、通常の約5倍の踏力を必要とする「バックアップモード」に入るというものであった。
2005年8月以降に発売されたEクラス、SLクラスでは、各種リコール対応により充分な信頼性の確保が行われたが、マイナーチェンジ後はこの装備がなくなっている。この年のアメリカでの信頼性調査でメルセデス・ベンツは37ブランド中29位、ジャーマン・オートモービル・グラブの顧客満足度調査では、33ブランドのなかで最下位になった。

ハイブリッド車
2007年11月、ダイムラーは子会社である三菱ふそうトラック・バスが持つハイブリッド技術を流用したディーゼル・トラックを、2008年中を目処に同社のメルセデス・ベンツブランドから発売するとの計画を発表した(『産経新聞』2007年11月12日)。 2009年2月、10月をめどに、Sクラスへのハイブリッド車両の導入を行うことが発表された。

エンブレム
メルセデス・ベンツの車体に輝くエンブレムは、合併前のダイムラー社が使用していたスリーポインテッド・スターとベンツ社の円形月桂冠とを併せデザインされたもので、3点にはそれぞれ「陸・海・空」の各分野でダイムラーベンツ社の繁栄が込められている。

シルバー・アロー
メルセデスのセダン、クーペ、オープンカーでは、銀色のボティがもっとも人気高い。理由のひとつとしてあげられるのが、「シルバー・アロー」の逸話である。

1934年 - 1937年のグラン・エプルーブ(現在のF1世界選手権に相当)、グランプリ・レースは、後に「750kgフォーミュラ」と呼ばれることとなる、車重を750kg以下とするレギュレーションで実施されていた。
1934年のニュルブルクリンクにおけるアイフェル・レンネン(アイフェルレース)前夜、車両重量規定をわずか1キログラムオーバーしてしまったメルセデス・チーム(監督はアルフレート・ノイバウア)は、苦肉の策としてボディーの純白の塗装をすべて剥がすことを決断する。
一晩かかって塗装を落としたアルミむき出しの銀色のボディーに、直接ゼッケンを貼り付けてレースに参戦、そしてこの車を駆るマンフレート・フォン・ブラウヒッチュが優勝する。
以降メルセデスのレーシングカーは銀色がトレードマークとなり、「シルバー・アロー」の愛称で呼ばれるようになり、モータースポーツにおけるドイツのナショナルカラーも、それまでの白色から銀色とされた。
同時期に活躍した、アウトウニオンも同様に銀の塗装で「シルバー・フィッシュ」と呼ばれ、第二次世界大戦の勃発する1939年まで、シルバー・アローとシルバー・フィッシュのドイツ勢が、グランプリを席巻するのである。

日本における販売
メルセデス・ベンツ日本が入居する六本木・ファーストビル(東京・六本木)

日本における販売台数は、4万9,713台(2006年、日本自動車販売協会連合会)である。内訳は、1位:Eクラス 9,639台、2位:Sクラス 8,078台、3位:Cクラス 8,042台、4位:Bクラス 7,189台、5位:Aクラス 5,157台(2006年、日本自動車輸入組合)など。
ブランドの知名度を上げるため、日本国内限定のアンテナショップ「メルセデス・ベンツ コネクション」の運営も行っている。

乗用車
正規ディーラーとして長年取り扱ってきたヤナセと、1990年代以降にスタートしたシュテルン(現メルセデス・ベンツ店)での取り扱いが行われている。
バブル景気末期の1980年代後半から1990年代前半にかけて、一部の三菱ギャラン店で販売されていたことがあった。現在も三菱系ディーラーがメルセデス・ベンツ店を運営する場合もある。シュテルン店の母体の一部にはトヨタや日産などの国産車ディーラーの子会社が運営しているところもある。このほか、並行輸入がいくつかの輸入業者によって行われており、正規輸入ディーラーでは取り扱っていない車種やオプションの組み合わせでも購入できる。
メルセデスオーナーのプライドとブランド忠誠心を増す方法として、またメルセデス車の耐久性を示す方策の一環として、走行距離が10万キロ、20万キロ、30万キロ、50万キロを超えた時にはオーナーの申告により、それぞれ赤、青、ゴールドの記念エンブレムと証明書がメルセデス本社より公布されるシステムが存在する。2000年ころを機に一度消滅したが、近年復活している。

メルセデス・ケア
1998年4月以降(AMG、Gクラスは6月以降)に、正規販売店で新車を購入した場合、3年間の無料保障と故障や事故時に「24時間ツーリングサポート」を受けることができるサービス。
特徴的なのは、一般的な故障などのほか、ワイパーブレード、オイル、ブレーキパッド、ブレーキディスクなど一部ではあるが消耗品も無料交換の対象となることである。車検整備にかかる費用及び車検取得に必要な諸費用は含まれない。
なお、メルセデスの輸入販売の老舗であるヤナセにおいては、この制度によりアフターサービスのレベルが向上したというわけではなく、同レベルのケアが昔から行われていた。

欧米出荷モデルと日本モデルとの違い
欧米の正規代理店で購入できる車種と、日本国内の正規代理店から購入できる車種で、装備や内装などに違いがあることがある。販売戦略によるケースが大部分である。
他の高級車に装備されたり、欧米での購入時には対応できるもので、国内購入のメルセデス・ベンツに装備されないものの一例
SOSシステム:事故時などに、自動的に事故情報と生存者の状況を問い合わせるための音声回路が接続されるシステム。北米で運用されている。

中古車市場
他の自動車ブランド同様に、中古車が広く販売されており、かなり安価に購入することができる。しかし日本車と比べ既出にあるような高級車イメージが保持されており、現行モデルに限っては値段の下落は比較的少ない。但しモデルチェンジの間隔が長いこともあり、旧モデルや旧々モデル、不人気のグレードやボディカラーによってはかなり安くなる。新車登録から10年を超えるような低年式車では安価な(Sクラスですら100万円以下)ものも珍しくない。

商用車
正規輸入ディーラーとしてコマツ、シュテルン及びその他ディーラーでの取り扱いが行われていたが、ダイムラー・クライスラーと三菱ふそうトラック・バスとの関係の強化に伴い、2006年までに日本における輸入販売事業から撤退した。

バス
STS北燈(青森県上北郡野辺地町)が導入したO303RHD
神奈川中央交通が導入したO530(シターロG)
STS北燈(青森県上北郡野辺地町)が導入したO303RHD
神奈川中央交通が導入したO530(シターロG)
ウェスタン自動車(メルセデス・ベンツ日本総代理店)によって1985年に輸入され、1986年に宮城野観光バスに導入されたものが最初である。その後、日の丸自動車興業や岐阜バスなどで導入された。
当初はほとんどが貸切バスとしての導入であるが、日本急行バス(当時)では、名神ハイウェイバス名古屋~神戸線を中心に「ベンツ特急」と銘打って昼行高速バスへ投入した。
1993年に西日本鉄道などへ導入された2台を最後に、新車での輸入は途絶えていたが、2006年になって、東京都内の新規貸切バス事業者亜希プロによって、イギリスで使用されていたスーパーハイデッカー「トゥーロ」が中古車で2台輸入されており、その後1台が日の丸自動車グループに売却されている。
路線バス車両については、大阪市交通局の小型コミュニティバス(通称「赤バス」)にメルセデス・ベンツ・スプリンター(T1N)が13台導入されたのが最初である。2007年末には神奈川中央交通に連節バス(メルセデス・ベンツ・シターロ)が導入されている。

AMG
メルセデス・ベンツのチューニング部門であり、メルセデス・ベンツの上級高性能モデルやスポーティーなパーツに冠されるブランドでもある。近年は大排気量のマッスルカー的なモデルが多くなっている。本社工場はドイツのアファルターパッハ(Affalterbach)にある。

第二次世界大戦前・大戦中の車種
S/SS/SSK/SSKL 通称Sシリーズ。1927年、前身のKシリーズをいっそうスポーティにしたモデル「S」(SはSport(シュポルト)の略)が登場。設計はフェルディナント・ポルシェである。前身のKシリーズのフレームにキックダウンをつけることで低重心化し、エンジン位置も調整したもので、市販車であるがそのままレース出場すら可能な、文字通りのスーパースポーツカーである。Sシリーズはエンジン排気量・ホイールベースの改良により、SS/SSKへと進化。SSKに至っては、1920年代の市販車でありながら、最高速192km/hを出すことが可能であったという。究極的には、エンジンを当時としては例のない300馬力まで強化し、大幅にストリップダウンされて軽量化したSSKLとなり、最高速は235km/hに達したが、レース専用であり、わずか数台が製造されただけであるとされる。SSKLは、1931年には、伝統のミッレ・ミリアを制したことでも名高い。Sシリーズは、名手ルドルフ・カラツィオラの活躍や、その生産台数の少なさもあり、現在まで伝説のマシーンとして記憶されている。
170H
540K - ホルヒ・853と互角に競った、最高のパーソナルカーである。当時、どの自動車会社もスペシャリティモデルはすべてコーチワークをコーチビルダーに任せていたが先代の500K同様、自社でコーチワークを行っている。その完成度はコーチビルダーに勝るとも劣らないほどであった。映画サウンド・オブ・ミュージックでもこれのカブリオレBが使用されている。 260D - 世界で初めてディーゼルエンジンを搭載・市販された乗用車である。
770(770K) - 通称「グローサー・メルセデス」と呼ばれている直列8気筒のこのモデルはダイムラー・ベンツのフラッグシップモデルである。主な顧客は世界の王侯貴族や富豪層、そしてヒトラーを始めとする国家社会主義ドイツ労働者党の高官達である。モデルは初代と2代目がある。国家社会主義ドイツ労働者党では戦勝地でのパレードで国力を見せつけるために使用された。グローサーの初代モデルはかつて大日本帝國の皇室で昭和天皇の御料車として15年以上使用され、シュトゥットガルトのメルセデスベンツミュージアムで展示されている。770でもヒトラーら国家社会主義ドイツ労働者党の高官達のものは、当時のダイムラーベンツの技術部長であったフェルディナント・ポルシェ開発によるスーパーチャージャー(Kompressor )を追加したものであり、ヒトラーのものはレーサーのルドルフ・カラツィオラにより納車された。

大戦後
300SL - スポーツクーペ/ロードスター。世界初のガソリン直噴エンジン搭載車。クーペはガルウイングドアが特徴。
190E(W201) - 長らく小型車を持たなかったメルセデスが1982年に発表、業界を驚かせた。アメリカのCAFE対策で生まれた車。名称も本来メルセデスは排気量を示す「190」がそのまま車名になってしまい、2.3リットルモデルは、190E2.3などとCクラス出現までは変則的な名称となってしまった。デザインは、社内デザイナーのブルーノ・サッコの手による。ブレーメン工場で初めて生産された。小型化するために世界初のマルチリンク(ポルシェ・928のバイザッハアクスルが先とする説もある)。本来の目的はラリー参戦とも、アメリカ合衆国で販売する際のメーカーの総排気量規制の結果とも言われる(ラリー参戦については実現しなかったがツーリングカーレースには参戦)。コスワースが開発に協力した高性能版『2.3-16』後の『2.5-16』は特に有名で4ドアセダンの高性能モデルの魁となった。オリジナルの2リットル版の他に2.3/2.6リットルの直6や2.5リットルのディーゼルを搭載した車両もあったが、ボディタイプは上級車であるミディアムクラス(後のEクラス)と異なり4ドアセダンのみだった。バブル経済時代の日本では5ナンバーサイズに収まることから「小ベンツ」と呼ばれもっとも街中で見かけるメルセデスということで揶揄された。しかしサスペンションなど、上級車であるミディアムクラス(後のEクラス)との共通部品が多く、いわゆるダイムラー・ベンツとクライスラーの合併以前の「Das Besten order Nicht(最善か、無か)」時代のモデルである。

スポンサーサイト
[ 2014/06/03 16:24 ] MERCEDES BENZ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。