スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

A Good Day To Die Hard Car Car Chase 11'59"

トップページMOVIEカテゴリーA Good Day To Die Hard Car Car Chase

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
『ダイ・ハード/ラスト・デイ』のカーチェイスシーン

『ダイ・ハード/ラスト・デイ』(北米題:A Good Day to Die Hard)は、ジョン・ムーア監督、ブルース・ウィリス主演による2013年のアメリカ映画。

初作から25年目、前作から6年ぶりに制作された、シリーズ5作目である。原題は、インディアンの言葉である「死ぬにはいい日だ(="It's a good day to die.")」をもじったもの。 2013年2月7日には香港・シンガポール、そして2013年2月14日には全米・日本などで公開された。

なお、日本ではPG-12指定を受けている。

前作に引き続き、マクレーンの妻ホリーは登場しないものの、その子供が登場する。今回は、ロシアで刑務所に収監された息子・ジャックを救いにマクレーンがロシアへ赴き、父子で活躍する、というストーリーである。前作で娘のルーシー役で出演したメアリー・エリザベス・ウィンステッドは、当初は「自分は出演しないと思う」と語っていたものの、のちに出演する事が発表された。また、当初はコール・ハウザー演じるコリンズが悪役であるという報道もされていたが、実際はジャックの相棒役である。

キャッチコピーは、「運の悪さは、遺伝する。」

ニューヨーク市警察のジョン・マクレーンは、音信不通だった息子のジャックが、ロシアで警察沙汰を起こして身柄を拘束されたことを知る。マクレーンは娘ルーシーに見送られながらロシアへと渡る。ところが、ジャックが出廷するはずだった裁判所は突如爆破され、2人は大混乱の中で再会を果たす。

だが、ジャックはマクレーンを突き離してその場から車で去り、謎の武装集団がジャックを追う。状況を理解できていなかったがマクレーンは、ジャックらを追跡する。壮絶なカーチェイスの末、マクレーンは武装集団の車を大破させて、ジャックと合流する。その後、ジャックが隠れ家と称する建物に到着。そこで、ジャックがCIAの人間であることを知る。安全かと思われたが、再び謎の武装集団に襲撃される。それを何とか退けて隠れ家から脱出する。

かくして、マクレーンはいつものように愚痴りながらも、ジャックと共に何らかの目的のために行動を開始する。

日米共に2013年の2月14日の公開を予定していた中、撮影に使用する予定だったセットが火災で全焼したことなどから、製作に遅れが発生。公開前月の1月まで撮影が行われていた。そのためアジア圏におけるプロモーションが全てキャンセルとなった。カーチェイスの撮影で使われた車の総額は1100万ドル(約10億円)。使った車は650台。その内132台は廃車処分となり、残り518台も廃車こそ免れたものの相当な修理が必要となった。 撮影に使われたメルセデス・ベンツはメルセデス社から撮影用に無償で提供されたものである。

邦題はラスト・デイではあるがシリーズ最終作ではない。脚本家ベン・トレビルクックはすでに6作目の脚本の構想があることを発表している。

9200万ドルの制作費に対し、アメリカ国内での興行収入は6700万ドルとなり、全米記録としてはシリーズ最低となった。しかし海外では成功し、最終的に3億ドルを越える興行収入となり、これはシリーズ第3位の記録である。

全体的に評価はあまり高くなく、RottenTomatoesでは199のレビューの中でわずか16%という評価であり、RottenTomatoesの数値としてはシリーズ最低の記録である。

日本の映画雑誌『映画秘宝』が発表した2013年度の映画に対するワーストランキング「HIHOはくさいアワード」では3位と評価された。

スポンサーサイト
[ 2010/07/23 21:56 ] MOVIE | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。