スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Civic SL/SS/SR/ST/VC/WD型 0'30"

トップページHONDAカテゴリーCivic SL/SS/SR/ST/VC/WD型 CIVIC SL SS SR ST VC WD
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
1972年に販売が開始され、世界各国で販売されるホンダの世界戦略を担う基幹車であり、現在販売されている乗用車の中でも長く同一の名称で販売されている1台である。

初代から7代目までは小型乗用車の分類に属しており、3ドアおよび5ドアハッチバックと4ドアセダンの幅広い展開だった。8代目から3ナンバーサイズの中型乗用車にボディサイズが拡大され、日本仕様に関しては、4ドアセダンのみとなったが、日本以外の国ではハッチバックや2ドアクーペなども展開されている。

エンジンは、初代より現在にいたるまで直列4気筒エンジンを搭載しているが、排気量は1.2Lから徐々に拡大され、現在は2.0Lガソリンエンジンのほか、2.2Lディーゼルエンジンやガソリン電気ハイブリッドなどが搭載されている。なお、欧州向けには現時点でも初代と同様の1.4Lもラインナップされている。 それらのエンジンは横置きに搭載され、7代目の一部グレードからエンジンの回転方向が時計回りから逆方向に変更され、合わせて搭載方向が左右逆になった。

駆動方式は初代より前輪駆動を基本としており、3代目から7代目までには四輪駆動も存在した。

なお、日本国内向けのものは2010年8月31日にガソリンエンジン搭載車の、同年12月中にハイブリッドの生産を終了したことから、初代から38年の日本での歴史に幕を閉じることとなった。なお、輸出用の生産は鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)にて継続されている。

1979年7月18日、通称「スーパーシビック」にモデルチェンジがおこなわれた。ボディは当初3ドアハッチバックのみであった。搭載するエンジンは、EJ型1.3L(68PS/10.0Kg·m)とEM型1.5L(80PS/12.3Kgf·m、「CX」のみ85PS/12.3Kgf·m)をラインナップした。

外観は先代から引き継ぐ台形プロポーションであるが、インパネ付近には過去にない新たな試みがいくつか見られ、特に、初代プレリュードから引き継がれた、速度計と回転計を同軸に統合し、メーターの回転軸部分の上に各種警告灯を並べた「集中ターゲットメーター」を、3/5ドア「SE」と4ドア「CL」以外に採用し話題となった。

またメーターの他にも、メーターサイドにコンパクトにまとめられた、特徴的なダイヤル選局式AMラジオ(ロータリー・チャンネル式ラジオと呼ばれ、スーパーシビック専用形状となる)など、他の車には余り見られないような意匠が存在する。またこの型から、ダッシュボード吊り下げ式クーラーではなくビルトイン式エアコンがオプションで用意され、車体備え付けの空調パネルでコントロールできるようになった。他にも通常モデルより5PSハイチューン(85PS/12.3Kgf·m)なエンジンを搭載したホットモデル「CX」も登場。オーバーライダー付きバンパーとオレンジ色の専用外装色も相まって人気となった。

1979年9月28日、3ドアモデルのリヤセクションを延長し5ドア化と荷室の拡大をした商用モデル「シビックバン」J-VC型を発売した。

1.3L(70PS/10.7Kgf·m)のエンジンと4速MTを搭載し、2つのグレードを用意。国内月販1,000台を予定していた。 1980年1月22日には、「シビックバン」をベースとしたホンダ初のステーションワゴンとなる「シビックカントリー」E-WD型を追加した。

発売当初に用意されたボディカラーはソリッドの白、赤、黄色のみで、テールゲートに木目調ステッカーが張られ、バンモデルとの識別点の一つとなっている。ボディサイドの幅広い範囲を飾る木目調サイドパネルは、発売記念として1,500台は標準装備、以降はディーラーオプションで用意されていた。エンジンはEM型(CVCC)SOHC 8バルブ1.5Lで最高出力80PS、トランスミッションは5速MT/スターレンジ付ホンダマチック(Lレンジ付手動変速)が選べ、サスペンションメカニズムは、前/マクファーソンストラット、後/半楕円リーフリジッドとバンモデルそのもので、乗り心地等の改善のため、セッティングが変更されたのみである。

装備面では、背もたれの折りたたみと4段階のリクライニングが出来る専用リヤシート、運転席横のボタンを軽く押すだけでテールゲートのロックが解除できる電磁式テールゲートオープナー、有名な集中ターゲットメーターも装備される。 計画では国内月販1,000台を予定していたが、発表当初はステーションワゴンの市場も成熟しておらず、装備内容もグレード展開も限られたものであり、販売も振るわなかった。

1980年6月10日には、1.3Lモデルに72PSのCVCC-IIエンジンとホンダマチック車にO.D付を採用。チャイルドプルーフロック付リヤドア、ELR付3点式フロントシートベルトなど、安全装置を中心に装備が強化された。

1980年7月31日には、1.5Lモデルも1.3Lモデルと同様の変更を受ける。グレード「CX」は運転席フットレスト装備した。

1980年9月10日には、3ボックス・ノッチバックスタイルの4ドアセダンが追加され、若干ではあるが3ドアモデルより高級志向であった。サンルーフ装備の3ドア「CX-S」追加した。

1981年10月には、マイナーチェンジで全モデル共フロントライトが丸から四角に変更され、フロント部を中心に若干のボディデザインの変更を行った。グレード「CX-S」はタイヤサイズが165/70SR-13になり、サンルーフが標準装備された。シビックカントリーでは、サンルーフはオプション装備であった。インパネは新クリフカットからフルトレイ型、ラジオがインパネ下部取付の電子チューナーになるなど内装/装備面でも変更が加えられる。翌年再びマイナーチェンジされ、リヤコンビネーションランプも変更された。

このモデルからワンメイクレース「シビックレース」が開催されるようになった。

なお、オーバーライダー付きのモデルは全長が4.0mを僅かに超え、フェリー料金に差を生じた。また、初代より若干のサイズアップをしたところ、輸出先のアメリカでは「狭い」という逆の評価を受けてしまった。これは初代の後席は狭過ぎるゆえに人が乗る場所ではなく荷物置き場とみなされたが、サイズアップした事からかえって人が乗る場所と認知されてしまったからである。エッジの効いたシャープなスタイルが流行となる中、どこか垢抜けないずんぐりした形が受け入れられず、少なくとも日本国内での販売は振るわなかった。他車種の不振と相まって、業績に影響を与えることになった。

車名の由来
Civicは英語で「市民の」などを意味する。

スポンサーサイト
[ 2010/07/16 08:17 ] HONDA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。