スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Vios CM (Un)Lucky Man 0'32"

トップページTOYOTAカテゴリーVios CM (Un)Lucky Man
20071105171659.jpg

blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ

初代(CP40系、2002年-2007年)
中国および東南アジア市場向けの戦略車種(いわゆるアジアカー)であり、1997年から東南アジアで販売されていたソルーナ(Soluna)の後継となるエントリーセダンである。2002年10月より中国で販売を開始。翌11月にはタイでもソルーナ・ヴィオスの名称で発売され、その後、台湾や他の東南アジア各国でも順次販売が開始された。

ベースは初代ヴィッツ。前身のソルーナとは異なり、当時のトヨタの最新技術を反映させて作られている。一方で価格はソルーナ並みに抑えられた。

外寸は全長4285mm×全幅1690mm×全高1450mm、ホイールベース2500mm。同じくヴィッツ派生セダンのプラッツがいかにもトランクを後付けしたようなデザインなのに対し、ヴィッツよりも全高を50mm下げ、ホイールベースを130mm伸ばすことで自然なスタイルを実現している。この手法は後のベルタにも生かされることになる。

エンジンは台湾・東南アジア仕様が1NZ-FE型直列4気筒1500cc。フィリピンのみ2NZ-FE型直列4気筒1300ccも設定される。また、タイではTRDの手によるターボ付きのモデルも用意されている。一方、中国仕様は一世代前の5A-FE型直列4気筒1500ccと8A-FE型直列4気筒1300ccが搭載されていたが、2006年にそれぞれ3SZ型(1500cc)と2SZ型(1300cc)に換装された。シフトは5速MTと4速ATが設定される。
2005年暮れにフェイスリフトが行われた。

2代目(CP90系、2007年-)
2007年3月からタイで発売開始され、間もなくシンガポールやインドネシアでも新型が投入された。アジア専用に開発された初代とは異なり、2代目はベルタのアジア仕様車であり、外観や内装なども基本的に同じである(インドネシア仕様車のみフロントグリルのデザインが異なる)。ただし、エンジンは日本仕様とは異なり1NZ-FE型直列4気筒1500ccが設定される。

スポンサーサイト
[ 2010/04/09 17:05 ] TOYOTA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。