スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Datsun B210 GX Commercial 1978 0'30"

トップページNISSANカテゴリーDatsun B210 GX Commercial 1978 1978 datsun b210 gx commercial
blogram投票ボタンにほんブログ村 動画紹介ブログへ人気ブログランキングへ
サニー (SUNNY) は、日産自動車が1966年から2004年まで製造・販売していた自動車(大衆車)。本項目ではサニーシリーズの基本型となるセダンを中心に記述し、クーペ、ハッチバック、バン等の派生モデルについても記述する。 なお、2010年より中国を皮切りに発売されている新型サニーは、マーチなどと同じVプラットフォームを使用した、主に新興国向けの海外専売4ドアセダンである。

仕向地によって名称が異なるが、形式がB17であることからB15以前からのサニーの正式な後継車と言える。(B15以前の時代も仕向地によって名称が異なっていた点は変わりない。)

1960年代初頭、日産自動車では「ダットサン・110/210型系」の堅調な人気を反映し、その後継となる1000cc - 1200cc級の小型乗用車、初代「ブルーバード」310型系が大成功を収め、続く2代目モデルの410型系はスタイリングが市場の不評を買ったものの、小型車市場での地歩を確実に固めつつあった。しかし、410型系ブルーバードが1200cc以上を主力とするモデルに移行したため、日産には、それより若干小型で700cc - 1000cc級のベーシックカーが空位となった。

当時最大のライバルであったトヨタ自動車は、700cc級の「パブリカ」をエントリーモデルとして市場に送り出し、一定の成果を収めつつあり、その他の中堅メーカー各社も、700cc - 1000cc級の小型車で市場参入を進めていた。日産社内ではこれを危惧し、ダットサンの小型モデルを開発しようとする動きがあったが、当時の日産自動車社長であった川又克二は、ブルーバードと同志討ちになりかねないエントリーモデルの開発には当初消極的で、「お金のない方はブルーバードの中古をお買いになればよろしい。」と評する始末であった。開発陣は商用車開発などの名目で川又社長を説き伏せ、ようやく小型ベーシックカーの開発にこぎ着けた。サニーが大成功したことで、川又も部下たちに対し「(サニーの開発を)やっておいて良かったな」と反省の弁を残している。

サニーは日産の最小排気量クラスを担う主力車種として、高度経済成長期からバブル経済期までのベストセラーカーとなった。日本の大衆車の中でもトヨタ・カローラと双璧をなす存在で、その最盛期には「CS戦争」ともいわれる、販売台数の熾烈な争いを繰り広げたことで知られる。 ボディタイプは2ドアセダンからスタートし、4ドアセダン、2ドアクーペ、ピックアップトラック、2ドアライトバン、3ドアクーペ、4ドアライトバン、ステーションワゴン(カリフォルニア)、3ドアハッチバックなどのバリエーションが存在した。

ライバルのカローラ同様に実用性と経済性、信頼性に優れた大衆車として市場の地位を長い間保っていた。しかし1990年代中期以降、日産車全体のシェア低迷とセダン離れ、ユーザー層の高齢化などから、市場での存在感も次第に希薄となり、2004年、日本国内での当ブランドの消滅を迎えた。以後そのポジションはティーダラティオが担う。

3代目 B210型系(1973年 - 1977年) 1973年5月 - B210型にモデルチェンジ。ひと回り大きくなり、同社のチェリーや610型系ブルーバードU、710型系バイオレットなどにも通じる、北米市場を意識した曲面要素の多い、アクの強いスタイルとなる。

ホイールベースは各型共通で、エクセレントシリーズのみフロントオーバーハングを若干延長している。ボディタイプは2ドア/4ドアセダンとクーペ、2ドア / 4ドアバンの5種類。この型からクーペは大型のハッチバックを持つ形状になった。エクセレントのクーペはテールランプを丸型3連としたことから、ユーザーからはロケットの噴射口になぞらえて「ロケット・クーペ」、「ロケット・サニー」と呼ばれた。

また、先代同様、1200ccのA12型エンジンとエクセレント用1400cc・L14型エンジンの2種の排気量を持ち、それぞれにシングルキャブ仕様(GXを除く全車)とツインキャブ仕様(GX)を設定。引き続きツインキャブのGXグレードには5速ミッション車も用意されていた。エクセレントにはサーボ付ディスクブレーキが全車に標準装備。ただし、サニー1200ではデラックス以下はドラムブレーキとなる。

1976年2月 - マイナーチェンジが行われ、エクセレント用のエンジンが1400cc・SOHCのL14型から1600cc・SOHCのL16型に変更された。また、1400ccエンジン車にはかわりにF10型チェリー用のOHV・A14型エンジンが搭載された。1200ccのA12型は引き続き搭載。

1976年7月にはA14 型エンジンにツインキャブレターを装備した1400GXツイン (GX-T) が登場した。

スポンサーサイト
[ 2010/03/17 01:34 ] NISSAN | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
ブログ内検索
コミュニティ・ツール
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。